文鳥・夢十夜 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.70
  • (354)
  • (391)
  • (715)
  • (33)
  • (7)
本棚登録 : 4099
レビュー : 417
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101010182

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夢十夜の第一夜が大好き。こんなに綺麗な文章を書く人が他にいたでしょうか。百合を見るたびにこのお話を思い出します。

    • 藤首 亮さん
      綺麗な文章と表現されていますので何処を指しているのかと、思い浮かべてみました。【百年待ってください】女の切ない気持ちが込められていると思った...
      綺麗な文章と表現されていますので何処を指しているのかと、思い浮かべてみました。【百年待ってください】女の切ない気持ちが込められていると思った。
      2019/05/20
    • 藤首 亮さん
      もう一度ゆっくり読むと、やっぱり墓石の下からのびて来た百合のつぼみが開き天から女の涙が落ちてきて見上げると暁に星が一つ
      「もう百年が来てい...
      もう一度ゆっくり読むと、やっぱり墓石の下からのびて来た百合のつぼみが開き天から女の涙が落ちてきて見上げると暁に星が一つ
      「もう百年が来ていたんだなあ」終わりが素晴らしい。
      2019/05/22
  • 夢十夜の「第四夜」について書く。

     この話には、「臍の奥」に住み、「あっち」へ行こうとしているほろ酔い加減の幾年か分からない御爺さんが登場する。御爺さんは手拭を出し、「今になる、蛇になる、きっとなる、笛が鳴る」などと唄いながら河に入って行き、「深くなる、夜になる、真直になる」と言いながら見えなくなるまで歩き続ける。よくよく考えると手拭が蛇になるはずはないのだが、〈自分〉は酔っぱらいの御爺さんの言うことを信じてじっと待っている。けれども御爺さんは、子どもの〈自分〉に期待を持たせたまま河から上がってくることはなかった。
     一見、御爺さんが〈自分〉を騙したように見えるのだが、その様子にはなぜか物悲しさを感じる。御爺さんは笛を吹いたり輪の上を何遍も廻ったりと様々なパフォーマンスを披露するが、浅黄色の手拭は何も変化しないままである。御爺さんのこの行動からは、何かを成し遂げようとして様々なことを試みるものの結局それが叶うことはない、という人生の儚さのようなものを感じた。しかし、子どもたちに自分の生き様を見せつけ、御爺さんはいなくなったのだ。それは無謀な挑戦だったかもしれないが、御爺さんは最後まで唄いながら真直ぐ歩いていった。御爺さんは、蛇は人に見せてもらうものではなく自分自身で見つけるしかないものであり、蛇という理想へ辿り着くためには細い道を歩かねばならない、ということを〈自分〉に示してくれているのだろうと思う。
     一方、〈自分〉は最後の最後まで御爺さんが手拭を蛇に変えるものだと信じて疑っていないし、河の中に入って見えなくなってからもたった一人で何時までも待っている。ただ待っているだけで、自分から河の中に入って御爺さんを探して見ようとは微塵も思っていない。人を心から信じられる純粋さは尊いものだと思うが、いくらか行動力に欠けているように思う。見ているだけでは何にもならないし、待っているだけでは何も始まらない。自分から河の中に飛び込んでみなければ、何時まで経っても何も分からないままなのではないだろうか。
     また、河の中に入って行ったのは御爺さんだけで、〈自分〉は河の傍でそれを眺めているだけであった。河の中で何が起こっているのか。それを知っているのは河の中に入った御爺さんだけである。もしかしたら、〈自分〉はまだ河の中に入れないのかもしれない。それを眺めることはできても、実際に河の中に入ることはできない。河の中の様子は実際に入ったことのある人間にしか分からず、しかも、一旦その中に入るともう二度と出てくることができないのではないだろうか。河の中に入るという行為は、死そのものを表現しているのではないだろうか。

    【補足】
     この作品全体を通してみると、人間の一生を表現している作品ではないかと思った。「臍の奥」に住んでおり、「あっち」へ行こうとしている御爺さん。店の中にいる御爺さんは、「臍の奥」、つまり子宮の中に住んでおり、ほろ酔い加減で未だ存在が確定していないのではないか。そして、店を後にすることでこの世に生れ落ち、「あっち」へ向かって人生を歩み始める。そこで、「蛇になる、今になる、きっとなる」などと唄いながら子どもたちに様々なパフォーマンスを披露する。最後に、河に入って行き、〈自分〉の前からいなくなってしまい、二度と上がってくることはない。この一連の行動が、人間の生き様を描いているのだと思った。

  • 漱石の頭の中を少し覗けるような、そんな本。短編や随筆、小品がたくさん収録されてて、なんとも贅沢。ほんと多作だなぁ。

  • 『文鳥』からは、今で言うSNS疲れを感じさせられました。


    ■内容
    知人に勧められて金が掛からないならいいか程度の心持ちで文鳥を飼い始めた主人公。

    餌やりの為の早起きもままならず、お手伝いさんの助けを借りる飼育生活。少しずつ文鳥に興味を抱き始めるも仕事の忙しさから放置してしまい、ある日文鳥が死ぬ。

    主人公は責任をお手伝いさんに押し付ける一方、自分で後始末はしない。

    勧めてくれた知人に事情を綴った手紙を出すも、お手伝いさんに対する愚痴に関しては何の共感も得られなかった。




    ■SNS疲れ
    友人に勧められて登録し、最初は何が楽しいのかわからない。けれど段々と感覚的に楽しみを見出だせてくる。

    かといってドップリはまる訳でもなく、次第に飽きてしまう。友人の近況が気になった時に覗いてみると、知らない間に色々とあったみたいだ。なんだか出遅れた。

    日記を書いたり呟いたり、その反応が気になったり気になる自分が嫌だったり。妙な疲れが溜まっていく。

    嫌なら止めればいい。それだけのことなのに、いざ放置すると孤独を感じてどうすればいいのかわからない。


    『文鳥』には若者特有の他人のせいにしたがる傲慢さや言い訳が孤独とごちゃ混ぜになってるどうしようもなさが漂い、読み応えがありました。

  • 私は中二病的ミーハーさの持ち主なので、
    『思い出すことなど』で、危篤状態の主人公の枕元で主治医ふたりがドイツ語で「子供に会わしたらどうだろう」などと会話しているが
    主人公はドイツ語を解しているので目を開いて言い返すシーン(そして医師には素っ気なく「そうですか」と流されるシーン)が格好よくて好きです。

    解説には文鳥が「家人の不注意から死んでしまう」と書いてありますが、私には家人は頼まれてもない文鳥の世話を手伝っただけで、死んだ時のは八つ当たりされたんだと思ってました。文鳥が死んだのは主人公の不注意のせいと思うけど私の読み込みが甘いのか…?

  • 齋藤孝の本の中で紹介されていた『夢十夜』。たしかに不気味さや不思議さを感じる作品だった。

    今まで、漱石の代表的な小説を少し読んできたけど、色々な作品があったんだ。『文鳥』では、最後文鳥が死んで家の人にきつく当たってるけど自分は全然世話をしていない。鈴木三重吉にも見抜かれている。「著者の孤独な心持をにじませた名作」、なるほど。

    『思い出す事など』は療養中のエッセイという感じか。少し前にNHKのドラマで長谷川博己が演じていたのを見たけど、その時の映像が思い出された。好意の干からびた社会の話が印象に残った。大病をしたからこそ他者の好意について敏感になったんだろう。

  • 夏目漱石のエッセイ集だと思われる。なので起承転結はなく、日常の思ったこと、感じたことがつらつらと書かれている。
    夢十夜は、改めて夏目漱石の書く文章が美しいことを教えてくれた。

  • 『死んだら、埋めて下さい。大きな真珠貝で穴を掘って。そうして天から落ちて来る星の破片を墓標に置いて下さい。そうして墓の傍に待っていて下さい。また逢いに来ますから。…百年、私の墓の傍に坐って待っていて下さい。きっと逢いに来ますから。』

    起きている間、創作や空想に頭をうんと使っていると、眠りについてからもやたらリアルな悪夢にうなされる。そしてその夢日記を文学に昇華させるとこうなる。

  • 夢十夜、幻想的で昔話のような怖さもあり、やはり何度読んでも良い。映像的。
    永日小品の「行列」が一番面白かった。
    「思い出すことなど」夏目漱石の私生活、大病の様子や生死に関する不思議な心持ちが綴られていて、興味深かった。

  • 朝日新聞での漱石作品「再連載」シリーズは、『門』が終了して今度は『夢十夜』であります。もつとも、短い作品なので、先日既に連載は終了しました。聞くところによると、四月からは何と『吾輩は猫である』の連載が開始するさうです。しかし、『猫』の掲載誌は「ホトトギス」ですよ。もはや朝日新聞の再連載シリーズではないですな。朝日新聞版「漱石全集」の完結を目論んでゐるのでせうか。

    さて『文鳥・夢十夜』には表題二作を含む全七篇の作品が収められてゐます。
    冒頭の「文鳥」は、「自分」が鈴木三重吉に勧められて文鳥を飼ふやうになつた話から始まります。この文鳥の描写が素晴らしいのですよ。確かな観察眼は、『猫』で「吾輩」の生態を活写した文章で、我我は既に知つてゐます。家人は文鳥の世話を忘れがちです。「自分」も忙しさにかまけて、文鳥を気にしながらも放置することが多い。何だか胸騒ぎがするではありませんか。
    「夢十夜」は、各章が「こんな夢を見た」で始まる連作集。幻想文学作家としての夏目漱石が十二分に楽しめます。女の墓前で100年待つた男の話や、背負つた子供が急に重くなる話など、玄妙かつ不気味な味はひを持つたエピソオドが印象に残るのであります。
    「永日小品」は、随筆なのか短篇小説なのか、俄かに分類し難い短文が集められてゐます。「元日」「モナリサ」「蛇」「泥棒」「過去の匂い」「猫の墓」「人間」などがわたくしの好みと申せませう。

    そして「思い出す事など」。忘れるから思ひ出す、まさにその通り。小林旭の渡り鳥シリーズで、アキラが亡くなつた恋人の事を、浅丘ルリ子に語る場面があります。ルリ子が、さうして彼女の事を思ひ出すわけね、などと言ふ。アキラは「思ひ出す事なんかない」と一見冷たい返事をしますが、その真意は「思ひ出すつてのは、忘れるからだらう。俺は彼女を忘れた事はない。だからわざわざ思ひ出す事もない」といふ事です。キザなのであります。
    まあそれはそれとして、本作では所謂「修善寺の大患」を語つてゐます。明治43年8月24日の大吐血の後、三十分間の「死」を体験した漱石。意識が恢復した後の、この旺盛な執筆意欲は何なのでせうか。やはり死期を意識して、これだけは書き記してから逝きたい、との願望なのか。
    かかる深刻な内容の作品でも、漱石の諧謔精神は活発であります。生死を彷徨ふ描写なのに、「うん? ここは笑つていいところか?」と読者を惑はすのです。

    更に、恩師を語る「ケーベル先生」、病室での不気味な音を訝しがる「変な音」、短篇小説の側面が強い「手紙」が収録されてゐます。
    三部作など長篇作品でお腹一杯になつた方も、本書は別腹で十分召し上がれます。美味。

    http://genjigawa.blog.fc2.com/blog-entry-621.html

全417件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

夏目漱石(なつめ そうせき)
1867年2月9日 - 1916年12月9日
江戸・牛込馬場下(新宿区)生まれの小説家、評論家。本名は「夏目金之助」(なつめ きんのすけ)。1890年、帝国大学文科大学英文科に入学。1895~96年には『坊っちゃん』の舞台となった松山中学校で教鞭を執る。1900年、イギリスに留学。1905年、『吾輩は猫である』を俳句雑誌「ホトトギス」に連載し始め、作家活動を本格的に開始。1907年、朝日新聞社に入社。以降、朝日新聞紙上に『三四郎』『それから』『こころ』などの代表作を連載。日本の文学史に多大な影響を与えており、作品は多くの人に親しまれている。学校教科書でも多数作品が採用されている。

文鳥・夢十夜 (新潮文庫)のその他の作品

夏目漱石の作品

文鳥・夢十夜 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

文鳥・夢十夜 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする