眠り猫 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.30
  • (12)
  • (32)
  • (92)
  • (5)
  • (4)
本棚登録 : 265
レビュー : 40
  • Amazon.co.jp ・本 (364ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101013220

作品紹介・あらすじ

私立探偵、なのだという。だが村上冴子の眼の前にいるのは、かなり変わった二人組だ。元刑事の"眠り猫"こと仁賀丈太、相棒で元ヤクザの長田勲。人生の裏を見られるかもしれない-。猫のたったひとつの殺し文句で、女優の道を捨てた冴子は探偵助手となった。やがて、暴力団の激しい抗争に飲みこまれる事も知らずに。作家花村万月の名を世に轟かせた、超一級のエンタテインメント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とにかく、面白い。

  • あらすじ
    私立探偵、なのだという。だが村上冴子の眼の前にいるのは、かなり変わった二人組だ。元刑事の"眠り猫"こと仁賀丈太、相棒で元ヤクザの長田勲。人生の裏を見られるかもしれない-。猫のたったひとつの殺し文句で、女優の道を捨てた冴子は探偵助手となった。やがて、暴力団の激しい抗争に飲みこまれる事も知らずに。作家花村万月の名を世に轟かせた、超一級のエンタテインメント。

  • 初めての花村満月さん。

    よかったです。

    読了後にあと書きを読んで知ったのですが、この本は初期の作品なのですね。

    芥川賞をとった作品なども読んでみようと思います。

    ああ、また作者買いの作家が増えてしまった・・・

  • タケが可愛い

  • 面白い

    この人の世界観好きです!

  • 結構面白かった。

  • 話が掴みにくかったというのは個人的な読解力の問題なので本自体は悪くない…

    人間味溢れる登場人物にグッときました。

  • この人の描くちょっと悪いけれど純粋な登場人物が大好きです。

    ハードボイルド風の探偵を主人公にしたこの小説は、普通に良い話でこの人の小説のなかではかなり異色だと思います。

    一気に読んでまった。

  • 元刑事で探偵の眠り猫。相棒の元ヤクザの長田。長田が自殺に見せかけて殺され、女優の道を捨てて猫の助手になった冴子も猫と共に、長田の敵を取る決心をする。猫の息子のタケも協力。
    なんか馴染めない。

  • 初めての花村萬月作品。好きになりそうです。五感の描写がとても好みでした。
    三時間くらいで一気に読めました、面白かったです

全40件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

花村萬月(はなむら まんげつ)
1955年、東京生まれ。1989年、『ゴッド・ブレイス物語』で第2回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。1998年、『皆月』で第19回吉川英治文学新人賞、同年『ゲルマニウムの夜』で第119回芥川賞、2017年、『日蝕えつきる』で第30回柴田錬三郎賞をそれぞれ受賞している。

眠り猫 (新潮文庫)のその他の作品

眠り猫 単行本 眠り猫 花村萬月
眠り猫 (徳間文庫) 文庫 眠り猫 (徳間文庫) 花村萬月

花村萬月の作品

ツイートする