♂♀(オスメス) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.03
  • (6)
  • (13)
  • (60)
  • (6)
  • (8)
本棚登録 : 198
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (370ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101013237

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 才能を感じる。
    このタイトルでこの内容…。
    言葉の重ね方がすごい。

    イメージを間違えると「東京大学物語」「殺し屋1」とかそんな感じ。

    人それぞれだと思いますが…。

  • とにかくエロイ。とにかく文章がうまい。

    性行為の緻密な(?)表現が印象的。かなり過激な内容であるので結構読むのに体力がいるかも。小気味よい会話やしっかりとした地の文の心理描写もあり、いいと思う。

    作家である主人公が受けた啓示は納得できないが。

  • マンゲツの最高傑作でしょう

著者プロフィール

花村萬月(はなむら まんげつ)
1955年、東京生まれ。1989年、『ゴッド・ブレイス物語』で第2回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。1998年、『皆月』で第19回吉川英治文学新人賞、同年『ゲルマニウムの夜』で第119回芥川賞、2017年、『日蝕えつきる』で第30回柴田錬三郎賞をそれぞれ受賞している。

花村萬月の作品

ツイートする