猫の息子―眠り猫〈2〉 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.23
  • (7)
  • (7)
  • (57)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 138
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101013244

作品紹介・あらすじ

新宿で最も有名な探偵"眠り猫"。俺はその息子だ。金にだらしない親父のせいで、俺はオカマのやってる呑み屋でバイトする羽目に。ある日、店に鷲尾という総会屋が現れた。舎弟・富士丸を引き連れて。そして富士丸は、おもむろに店をぶっ壊し始めたのだった。-確かに俺は奴らの匂いに惹かれた。友情も感じた。だが、俺たちは出会ってはいけなかったんだ。『眠り猫』の興奮再び。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • かなり、面白かった。

  • 前作より面白い。

    愛情と憎しみ。

    紙一重な感情のあいだをゆらゆら揺れながら成長していく主人公がたまりません。

  • 「眠り猫」の続編。前作では冴子視点で描かれていたが、今回は猫の息子のタケ視点で。猫とタケの微妙な家族関係が何ともいじらしい。

  • 格闘シーンがリアル。11.5.17

  • 「あー、そこまで言う? 息子だよ、息子。俺は猫の息子だよ」<br>
    「そうだ。おまえは猫の息子だ」<br>
    顔をぐしゃぐしゃにして、目を湿らせて笑う感じ。

  • これも続き物。眠り猫というあだ名の元警察官である探偵の息子、タケを主人公にした物語。「眠り猫」を読んだのがかなり前で、正直内容を忘れているので、もう1度読みたくなった。いつもの花村さんより、ちょっとだけ大人し目かも(エログロ度が低いかもしれない。全くない訳ではないが)。

  • 久しぶりにはらはらしたものを
    読みました。ただ、最後はやっぱり
    そうなるのねと…。

  • いいねぇ。高級な人たち。抜くとこと締めるとこのアンバランス感がいい。

  • 冴子さんかっこよすぎる!

  • 続編だったけど、一気に読めた。満足の読後。ああ面白かった。

全14件中 1 - 10件を表示

猫の息子―眠り猫〈2〉 (新潮文庫)のその他の作品

花村萬月の作品

ツイートする