火のないところに煙は (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.62
  • (203)
  • (438)
  • (389)
  • (87)
  • (25)
本棚登録 : 4998
感想 : 389
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101014326

作品紹介・あらすじ

「神楽坂を舞台に怪談を書きませんか」突然の依頼に、作家の〈私〉は驚愕する。心に封印し続けた悲劇は、まさにその地で起こったのだ。私は迷いつつも、真実を求めて執筆するが……。評判の占い師、悪夢が憑く家、鏡に映る見知らぬ子。怪異が怪異を呼びながら、謎と恐怖が絡み合い、直視できない真相へとひた走る。読み終えたとき、それ(それに傍点)はもはや他人事ではない。ミステリと実話怪談の奇跡的融合。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 著者自身が実際に体験したことをベースに作られた連作短編ホラーミステリ。

    久々の芦沢央。本作で通読6作品目。
    しかも本作は私が小説読書デビューして間もなく、ずっと気になって読みたかった作品。

    単行本を好まないが故にずっと我慢していたが、ついに文庫化され、待ってましたと早速手に取った。

    いざ期待マシマシで読み耽るも、個々の短編エピソード自体のオチが唐突であり、ホラー特有の不明瞭さを残す手法に、徐々に期待値は下がっていった。

    しかし芦沢央の巧みなところは、各短編の不明瞭さを追ってピックアップし、謎解きをはじめ、ミステリらしく伏線化して回収していく秀逸さだ。
    他作でも度々垣間見る文脈は、私が著者を好む1番の理由なのかもしれない。

    下降気味だった期待値は緩やかながら上昇しなおし、結果的に最終話ですべて繋がった時にはゾッとした。
    総じて完成度が高い作品だったと思う。

    だがしかし、読了した率直な感想としては物足りなかった。

    何が物足りなかったのか。
    何故、完成度の高さと論理的な構成と秀逸さを認めているのにも関わらず、満足感が得られないのか。

    私の疑問は未だ解明されていない。

    • moboyokohamaさん
      了解です!
      了解です!
      2021/11/23
    • moboyokohamaさん
      「罪の余白」読みました。
      今まで読んだ芦沢さんの3作品とは雰囲気が変わっていましたが、こちらも面白かったです。
      ファンになりそうです。
      「罪の余白」読みました。
      今まで読んだ芦沢さんの3作品とは雰囲気が変わっていましたが、こちらも面白かったです。
      ファンになりそうです。
      2021/11/27
    • akodamさん
      moboyokohamaさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます!
      【罪の余白】のレビュー拝読しました。

      moboyokohama...
      moboyokohamaさん、こんにちは。
      コメントありがとうございます!
      【罪の余白】のレビュー拝読しました。

      moboyokohamaさん仰せの通り、私も本作は負の集合作だと感じました。

      芦沢央、クセになりますよね^ ^
      2021/11/27
  • なんだろう、、、この怖さは、、、
    読んでいると、現実の世界に怪異が染み出てくる。さらに読み進めると、謎が明らかになる度に怪異が現実に染み込んで、染み付いて、頭から離れなくなってしまうような、、、そして、怪談だからか、なんだか真実がスッキリ分かった気がしない。だから考えてしまって、気持ち悪い。でも、それが楽しい。

    裏表紙は、もう逆におしゃれ!

  • ミステリーと怪異の融合
    この組み合わせは綾辻先生作は大好きだが、
    本作は口に合わず… 

    怪異は理屈を超えるものだが、この配合割合が大きいとどうしても「なぜ?」が先行し、いまいち腹落ちができない

    各話が連鎖するのは面白いが、浅い 
    前評判で期待しすぎた分は回収できなかった

  • あ~~~、怖かった^^
    カリスマレビュアー(自称)のひまわりめろんさん。お気を付けください。

    作家の私は、「許されようとは思いません」の再校ゲラを終えたときに「怪談」をテーマにした短編小説の依頼を受けるのだが……。

    そこから始まる6篇の連作短編集。

    思ったよりも正統派ホラーでした。
    まるで本当にあったできごとのように。いや、本当にあったのかも。
    占いが好きな人は読まない方がいいかも。占い師のとこに行きたくなくなりますよ。

    できればこの本は図書館で借りるよりもブックオフ等でもいいので購入をお勧めします。
    というのは、【初回限定特典】としてカバー裏に特別掌編が付いております。さらにQRコードを読むと追加でもう2編の掌編が読めます。
    え?
    図書館の本のカバーを無理矢理剥がして読むからいいですって?
    そんなことをしたら、うんと「あやまる」ことのなりますよ!
    あ・や・ま・れ

    • 1Q84O1さん
      きっと、みんな単に夏だからって思ってはいるけど…
      カリスマに気を遣って口には出さないだけかもw
      カリスマがカリスマであるために!
      きっと、みんな単に夏だからって思ってはいるけど…
      カリスマに気を遣って口には出さないだけかもw
      カリスマがカリスマであるために!
      2023/06/23
    • 土瓶さん
      ゆーき本さん!!!!!
      裏表紙の赤いシミなんて知らなかった!
      いや、シミがあるのは知ってたんですよ。
      でもでも、当方最近目がしょぼしょ...
      ゆーき本さん!!!!!
      裏表紙の赤いシミなんて知らなかった!
      いや、シミがあるのは知ってたんですよ。
      でもでも、当方最近目がしょぼしょぼで……。
      あっ! っと思って探しましたよ。虫眼鏡。どっかにあったはずって思って。
      いや~、気づかなかったな。
      たくさん「あやまら」ないとm(__)m
      2023/06/23
    • ゆーき本さん
      土瓶さん
      あ、みつけました?
      やっぱりこわい
      また何か見つけたら
      れんらくしますね(‘v’*)フフッ♥
      土瓶さん
      あ、みつけました?
      やっぱりこわい
      また何か見つけたら
      れんらくしますね(‘v’*)フフッ♥
      2023/06/23
  • 芦沢央 著

    そんなに怖いの?『ミステリーの女王』読者であるNORAxxさんの(全力)怖がってるレビューに吹き出しつつも、構えて本作読みましたよ(^^;;
    私も相当のビビりですが…。
    いつも、面白くもグロいほどの怖いミステリー本を読まれてるNORAxxさんらしくもないほどの怖がりように、かえって興味を注がれてしまいました。
    私もオカルトの世界は得意ではないのですが…耐性もないですし^^;
    それでも…
    本作を読みながら、私は何回も水回りをウロウロしましたよ、お茶を飲んだりトイレに行ったり…笑 オカルトミステリー?だから、
    内容は言えないけれど…呪い死にはゾッとしますよね。これはフィクションですよね〜?
    ですよね〜?(念押し)だから、特別に怖くはなかったけれど…1話が終わってラストの方は怖っ!(◎_◎;)と思いながらも背筋が冷たくなる感じもなく、2話〜5話へとスッと読み進めていけました。
    だけど、1話が完結したところで、やれやれ、不気味だなぁと思いつつも、その後は違う話なのに、
    この呪い続いてるの〜⁉︎
    関連ないような怪異が連鎖しているような感じが恐ろしく、まだ怪異に追われ呪いから逃げ続けてるような感覚が怖いし、怖さを倍増してゆく描き方が巧みだなぁと思いました。

    『幽霊の正体見たり枯れ尾花』という言葉のその意味と感じは、とてもよく分かるなぁと思った。
    実際、自分もあるあると思った。
    私自身は音に敏感で音に恐怖心が反応してしまうほうだから、本に於いては特に音はなかったので、それほど怖がりはしなかった。
    それに、物件の怪異は、自分も少し経験したことがあるので(あんな恐ろしい事件性や不審死は皆無であったが…。)
    人にも相性が合う合わないがあるように、
    家(物件)にも相性がある!と実体験で感じた。
    私自身、奇妙な体験談は色々あるけれど、
    「自称霊感少女」ではない(^_^;)
    ここでは、書くのはやめようと思う。
    またの機会にレビューの中に織り込んでお伝えしようと思います(書くと書く方も怖くなるし)NORAxxさんが怖がるだろうし^^;笑
    (ミステリー読者の方がよっぽど、私が震えあがる本を読んでいると感じていますけれど…。)
    (NORAxxさん名前を勝手に何度も使わせてもらってごめんなさいm(_ _)m)

    私は霊は見えない!不穏な空気を感じたり、残念ながら、デジャブはある(~_~;)
    それでもそんなのは可愛いものです。
    この怪異の話の連鎖じゃないけど、
    世の中には、コレって本物じゃないʕʘ‿ʘʔ
    と思うほどの霊感の強い持ち主がいます。
    霊が見えるそうです!「まさか〜⁉︎」と言うのも呪われそうで憚られる。
    話を聞くだけで、きっと本作よりも怖くて、ゾッとするので、出来ればあまり関わりたくないと思うけれど、本作のように、かかわりたくないと思っても、聞いてしまった状況や既に読んでしまっただけでも、関わってるのかもしれない!と思うと…
       怖いですよね。
    因みに、私は、榊 桔平という人を本作を読んだ直後、即座にネットで検索してしまいましたよ。
    読まれた皆さんは?

    • hiromida2さん
      本ぶらさん、こんにちは。お久しぶりです。

      この作家さんの好みは興味あるかないか?分かれそうな気がしますけど…(^_^;)
      そんなに長くなく...
      本ぶらさん、こんにちは。お久しぶりです。

      この作家さんの好みは興味あるかないか?分かれそうな気がしますけど…(^_^;)
      そんなに長くなく…一応短編のスタイルなので…さっと読めますよ!
      怪談好きでしたか、笑
      また、怖そうな話、織り込んでおきます。
      2022/04/07
    • 本ぶらさん
      読みましたよ(^^ゞ
      正直、イマイチ合わない感じだったんですけど、たまたまどの本を読んでもつまらない時で。
      これは、スルーっと読めたのと...
      読みましたよ(^^ゞ
      正直、イマイチ合わない感じだったんですけど、たまたまどの本を読んでもつまらない時で。
      これは、スルーっと読めたのと、これが読めたことで他の本も読めるようになったんで助かりました。
      ありがとうございました。

      ちなみに、上記の感想で「本に於いては特に音はなかったので」とありますけど。
      私、前に「山怪」っていう本を読んでいたら、いきなり襖が「カチカチ、カチカチ…」鳴り出しちゃって(^^;
      カチカチと金属を叩くような音だったんで、たぶん取っ手のところで音がしているんだろうと思うんだけど、もちろん見てもなんにもなく。
      結局、5分くらい、ずーっと鳴ってました。
      2022/05/27
    • hiromida2さん
      本ぶらさん、
      怖い〜!怖いじゃないですか(" ̄д ̄)
      音系は…ホント駄目(>人<;)
      カチカチ、5分長いですね。
      『三怪』ってノンフィクショ...
      本ぶらさん、
      怖い〜!怖いじゃないですか(" ̄д ̄)
      音系は…ホント駄目(>人<;)
      カチカチ、5分長いですね。
      『三怪』ってノンフィクション系の
      あの怖い本ですよね〜
      私は音にすごく敏感で‼︎読書中に
      そんな音鳴りだしたら、本読んでる場合じゃないですよ(・・;)
      私は電気系~(・・?)バシッと光が突然…
      2022/05/29
  • ノンフィクションを装った怪談小説集。「2019年版このミステリーがすごい」の第10位だったので、期待して読んだが最後までだめだった。ありきたりの話、あざとい手法にげんなりする。このミス、当てにならんなあ。

    • 本ぶらさん
      怖い話が好きなんですけど。
      夏ということで、TVでやる怖い話を(どーせツマラナイとは思いつつ)見てみたら、想像以上につまらなくて(^^;
      ...
      怖い話が好きなんですけど。
      夏ということで、TVでやる怖い話を(どーせツマラナイとは思いつつ)見てみたら、想像以上につまらなくて(^^;
      goya626さんの感想を見て、口直しぐらいにはなるかもしれないと、本屋に行ったんですけど。
      本にあった著者の写真を見たら、「うん。絶対ツマラナイ!」って思ってやめました(^^ゞ
      2021/08/29
    • goya626さん
      本ぶらさん
      私としては、つまらなかったです。小野不由美さんの本などは怖いかも。小野不由美原作のアニメの「屍鬼」は凄く怖かったですよ。
      本ぶらさん
      私としては、つまらなかったです。小野不由美さんの本などは怖いかも。小野不由美原作のアニメの「屍鬼」は凄く怖かったですよ。
      2021/08/30
  • ホラーは苦手なのに、著者が気になり、つい手に取ってみた。
    夜は読まず、昼明るい時だけ読む事にした。
    それでもかなり、ゾクゾク怖かった。

    「榊桔平」と言うオカルトライターは、果たして実在するのか?
    つい、ネットで検索すると、新潮社のサイトには
    オカルトライターとして、居るのだ。
    これも仕掛けの一つなのか?
    それにしても、何と手の込んだ!

    苦手な分野だけど、もう一冊読んでみようかな。

  • 単純な怪談ではなくて、そこに隠れたミステリー要素の意外性が物語の深みを出していておもしろい。
    最後まで著者と出版社が演出する凝った設定に、実話と虚構の境を危うくさせられます。

  • そこまで怖くはないが、読み終えた時のモヤっとした感じがある。より深いところでの真相がわからないからか。

  • 『いきなり崖から突き落とされたような気分』

    怪談として残る不明瞭さと、話の展開の突然さがそんな気分にさせているのではないかと思う。
    怪談に分類される作品にはなるが、急病で突然状態が悪化した、そのような話の進み方をする。

    本作は、6つ話が詰み込まれた短編集であり、全てが怪談話となっている。
    (なので、怖い話が苦手な方には注意)
    また本作は全ての話が繋がる、いわゆる連作短編。
    連作短編の魅力は、最後の最後まで読み込むことで、物語の味が濃厚に出てくることである。

    しかも、本作の怪談にはミステリー的な要素もある。
    何となく読んでいた言葉の裏側には、深い関係性が隠されていたのだが、これを知った時、本当に震えが止まらなかった。
    本当に短編集で良かったと感じた程だ。

    私自身、芦沢央先生の作品は2作品の挑戦であるが、「本当に短編集か…?」と感じる程、一つ一つの話が濃く凝縮されている。
    本当に描写の仕方が上手く、読者が「つい読み込んでしまう」ような言葉選びに感動する。
    本作の話が事実なのかは不明であるが、何にせよ背筋が凍る話であることは間違いない。

全389件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1984年東京都生まれ。千葉大学文学部卒業。出版社勤務を経て、2012年『罪の余白』で、第3回「野性時代フロンティア文学賞」を受賞し、デビュー。16年刊行の『許されようとは思いません』が、「吉川英治文学新人賞」候補作に選出。18年『火のないところに煙は』で、「静岡書店大賞」を受賞、第16回「本屋大賞」にノミネートされる。20年刊行の『汚れた手をそこで拭かない』が、第164回「直木賞」、第42回「吉川英治文学新人賞」候補に選出された。その他著書に、『悪いものが、来ませんように』『今だけのあの子』『いつかの人質』『貘の耳たぶ』『僕の神さま』等がある。

芦沢央の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
凪良 ゆう
夕木 春央
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×