哲学ノート (新潮文庫 み 5-2)

著者 :
  • 新潮社
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101019024

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • (2000.08.17読了)(1999.08.24購入)
    *本の表紙より*
    『危機意識の哲学的解明』『世界観構成の理論』『倫理と人間』『歴史的意識と神話的意識』『道徳の理念』『指導者論』など13篇。わが国歴史哲学の開拓者であり、卓越した社会評論家でもあった著者は、現実の問題の中に探り入ってそこから哲学的概念を構成し、これによって現実を照射することを願い、1930年代の基本的問題であった危機と危機意識の問題に哲学的光をあてんとしている。

    【目次】

    新しき知性
    伝統論
    天才論
    指導者論
    道徳の理念
    倫理と人間
    時務の論理
    批評の生理と病理
    レトリックの精神
    イデオロギーとパトロギー
    歴史的意識と神話的意識
    危機意識の哲学的解明
    世界観構成の理論

著者プロフィール

1897年、兵庫県生まれ。京都帝国大学哲学科卒。ドイツ留学を経て法政大学教授等を務めるが、1930年に法政大学を辞してからはジャーナリズムで活躍。1945年3月に検挙・拘留され、敗戦40日後の9月に獄死。享年48歳。著作は『三木清全集』全二十巻(岩波書店)にまとめられているほか、『人生論ノート』(新潮文庫)、『読書と人生』(講談社文芸文庫)などは文庫化されている。

「2017年 『三木清遺稿「親鸞」 死と伝統について』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三木清の作品

ツイートする