読書と人生 (新潮文庫 み 5-3)

著者 :
  • 新潮社
3.72
  • (5)
  • (4)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 60
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101019031

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1990 読了

  • 自分にとつて現實的に問題になつてゐないことを、それが流行であるからといつて、或ひはそれについてひとが論じてゐるからといふので、問題にしたのでは、わからないものになるのは當然であらう。

  • 2014/09/29 読了

  • 三木清と読書。

  • 中学の課題図書で読んだ、読まされた「人生論ノート」
    なんだかむずかしいイメージが定着して、なかなか手の伸びない作者だったけれど、カバーにある「-日本ファシズムに抗し、無法な拘禁の下に獄死したー」に興味をそそられて。単純だね。

    相変わらずむずかしく、知らない専門用語があちこちに出てきたけれど内容ある1冊。
    「原典を原書で」
    この言葉はアメリカに来てから身にしみたもの。
    翻訳小説は退屈で嫌いだったのだけれど、英語で読んでみるとおもしろい。文章にかかれていないビートを感じることができる。

    あと、西田幾太郎の横顔を描いた『西田先生のことども』も好きだ。

    ありがとう。

  • 古典の重要性の実感。
    また、哲学への面白さを実感。
    生き方自体に、羨望と劣等感を抱く。
    さまざまな書物から学んでいこう。
    もちろん、人からも同じように。

  • 1984.11.21

  • 近代日本の歴史哲学の草分け・三木清。日本ファシズムに抗し、無法な拘禁の下に獄死した。

  • 本によって自分をいかに成長させるか、そのようなことを考えるときにお勧めです。三木さんの哲学へのアクセスの歴史が本を通して分かるのと同時に、どのように、読者一般への本への姿勢が書かれています。良い本にアクセスしていく技術を身につけられたら、と読み終わったあと、改めて感じました

全10件中 1 - 10件を表示

読書と人生 (新潮文庫 み 5-3)のその他の作品

三木清の作品

ツイートする