読書と人生 (新潮文庫 み 5-3)

著者 :
  • 新潮社
3.72
  • (5)
  • (4)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101019031

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分にとつて現實的に問題になつてゐないことを、それが流行であるからといつて、或ひはそれについてひとが論じてゐるからといふので、問題にしたのでは、わからないものになるのは當然であらう。

  • 本によって自分をいかに成長させるか、そのようなことを考えるときにお勧めです。三木さんの哲学へのアクセスの歴史が本を通して分かるのと同時に、どのように、読者一般への本への姿勢が書かれています。良い本にアクセスしていく技術を身につけられたら、と読み終わったあと、改めて感じました

著者プロフィール

1897年、兵庫県生まれ。京都帝国大学哲学科卒。ドイツ留学を経て法政大学教授等を務めるが、1930年に法政大学を辞してからはジャーナリズムで活躍。1945年3月に検挙・拘留され、敗戦40日後の9月に獄死。享年48歳。著作は『三木清全集』全二十巻(岩波書店)にまとめられているほか、『人生論ノート』(新潮文庫)、『読書と人生』(講談社文芸文庫)などは文庫化されている。

「2017年 『三木清遺稿「親鸞」 死と伝統について』 で使われていた紹介文から引用しています。」

読書と人生 (新潮文庫 み 5-3)のその他の作品

三木清の作品

ツイートする