漂流 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.72
  • (7)
  • (7)
  • (9)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 130
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (688ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101019512

作品紹介・あらすじ

1994年冬、沖縄のマグロ漁師・本村実はフィリピン人船員らとともに37日間海上を漂流した後、奇跡の生還を遂げた。だが 8 年後、本村は再び漁に出て、今度は二度と戻らなかった……。命を落としかけたにもかかわらず、なぜまた海へ向かったのか? 著者は本村の後姿を追って沖縄、グアム、フィリピンを彷徨い歩く。国境などないかのように生きる海民の声を聴くうちに見えてきたものとは──。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『極夜行』を読むか迷っている最中に、文庫コーナーで目に入った作品。

    オビには「37日間海上を漂流して生還したのち、再び海へと消え去った男を描く傑作ノンフィクション」とあった。

    この話で追われるのは、沖縄のマグロ漁師である本村実で、一度ならず二度までも「漂流」した結果、今も行方不明のようだ。

    私も読みながら、筆者のように「なんでまた海に出たのか」と思い、そこに海の男から連想する、豪傑というか、無鉄砲さが浮かんで、行かずにはいられなかったのかと早々に結論づけた。

    けれど、そんな見えやすい答えを退け、佐良浜の風土や漁の成り立ち(カツオやらマグロやらダイナマイトやらが出て来て面白い)、人柄、そして南洋への乗り出しを綴っていく中で、そういった単純な冒険譚とは違った側面を浮かび上がらせる。

    ……なんて書いていると、そう書かされているような気になって嫌なのだけど(笑)
    海によって栄華も衰退も知り、それでも生き方から自由になれなかったのかな、という思いに変わった。

    それほどまで海には力があるのか、はたまた人が縛られてしまうのかは分からないけれど。

    私は高野秀行のノンフィクションも好きで何冊か読んだのだけど、ノンフィクションは決して書き手が存在しないのではないのだと思った。
    追うべきテーマに対して、ドキュメンタリーにおける取材者は透明なものかと思っていたけれど、この作品には角幡唯介という人がちゃんと登場する。

    インタビューが聞き取りづらかったり、激しい船酔いに襲われたりと、こちらはこちらで忙しい。

    でも、書き手の姿が見えていることが、追う側の位置に合わせやすく、私はファインダーのこちら側にいるのだと感じられた。

  • 1994年に37日間の漂流ののちに生還した沖縄のマグロ漁師・本村実が、その8年後に再びマグロ漁に出漁し行方不明になっている。本書は、本村の漂流の足取りをたどった旅の記録。

    早大探検部出身の角幡唯介は、19世紀に129人が全員死亡した探検をたどって単身で北極を踏破するなど、常人とは異なる好奇心のスイッチを持つ人物。本書においても、彼の好奇心は本村の軌跡をたどるどころか、沖縄・日本・南太平洋の島嶼エリアの戦後近代史や、遠洋漁業の隆盛の歴史といったテーマも深く掘り下げるにいたっている。

    本村の出身地である伊良部島・佐良浜の漁民が、日本の遠洋漁業成立にいかに貢献したか、という視点は特に面白い。沖縄の方言とも異なる言語をしゃべり、広大な南太平洋をあたかも裏庭のように動き回る伊良部島出身の漁民たちを「佐良浜民族」という独特の人たちととらえて書いている。

    著者は、本村の最初の漂流と同じコースをたどって実際のマグロ漁船にものって航海している。さらにはフィリピンの片田舎のスラム街に住む本村を救助した船員たちも見つけ出しインタビューも実施。長編ドキュメンタリー映画を見ているかのような錯覚に陥る読後感だった。

  • Yusuke Kakuhata - Drifting

  • 漁船が沈没して救命ボートで1か月間漂流した男達の冒険譚
    …と単純なハナシではない。この船長はせっかく助かったのに、また海に出て、また行方不明になる!(そして今もなお帰ってこない)

    その「なんでまた?」を書いた、海と海の男達の壮大な物語

  • 文庫本あとがきが とっても良い

  • 凄い!読み進めるうちに、沖縄・宮古佐良浜の漁師になります。佐良浜のマグロ漁師・本村実は37日もの漂流の後、何故8年後に再び、海に・漁に戻ったのか?

  • 角幡氏の探検譚やエッセイをいくつか読んだことがあり面白かったので読み始めたが途中で断念
    漂流ノンフィクションと名うたれて想像する漂流の体験談、奇跡の生還劇みたいなのを想像していたけど、もっと深く考察されている
    漂流者の、漂流に至った原因を、その方のルーツや土地の歴史・風土などから分析していく…という作品なのかなと判明した時点で、そういう話に興味のない私には読み続けるモチベーションがなくなってしまいました。

  • 久しぶりのルポルタージュだけど、最後まで話しに入り込めなかった。出来事の詳しすぎる説明に戸惑った。

  • f.2021/08/11
    P.2020/4/5

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

角幡唯介(かくはた・ゆうすけ)
 1976(昭和51)年北海道生まれ。早稲田大学卒業。同大探検部OB。新聞記者を経て探検家・作家に。
 チベット奥地にあるツアンポー峡谷を探検した記録『空白の五マイル』で開高健ノンフィクション賞、大宅壮一ノンフィクション賞などを受賞。その後、北極で全滅した英国フランクリン探検隊の足跡を追った『アグルーカの行方』や、行方不明になった沖縄のマグロ漁船を追った『漂流』など、自身の冒険旅行と取材調査を融合した作品を発表する。2018年には、太陽が昇らない北極の極夜を探検した『極夜行』でYahoo!ニュース | 本屋大賞 ノンフィクション本大賞、大佛次郎賞を受賞し話題となった。翌年、『極夜行』の準備活動をつづった『極夜行前』を刊行。2019年1月からグリーンランド最北の村シオラパルクで犬橇を開始し、毎年二カ月近くの長期旅行を継続している。

「2021年 『狩りの思考法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

角幡唯介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
沢木耕太郎
凪良 ゆう
恩田 陸
宮部みゆき
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×