阿部一族・舞姫 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.41
  • (65)
  • (128)
  • (290)
  • (36)
  • (4)
本棚登録 : 1864
感想 : 111
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101020044

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • “尊くて泣ける”仁左衛門×玉三郎の 『ぢいさんばあさん』を今こそ観たい | 今こそ、歌舞伎にハマる!
    https://crea.bunshun.jp/articles/-/35919

    関川夏央「〈没後100年〉27歳で『舞姫』を書いた森鴎外が、53歳で紡いだ大人のための小さな物語『じいさんばあさん』」 連載:50歳からの読書案内|教養|婦人公論.jp
    https://fujinkoron.jp/articles/-/5649

    森鴎外 『阿部一族・舞姫』 | 新潮社
    https://www.shinchosha.co.jp/book/102004/

  • 昭和54年8月15日 24刷 再読
    そして、たぶん、これで読了なので覚書多め

    「舞姫」

    1890年 初期の代表作 ドイツ三部作
    前途有望な日本人青年がドイツの踊り子の美少女と恋に落ちる。恋に落ちると同時に彼の生活も荒んで行く。友人に手を差し伸べられ、妊娠中の彼女をドイツに残して帰郷し、自身の生活に決着をつける。

    今でもありそうな恋愛小説。若い頃は、女性を捨て生活を立て直すのも鴎外様だから仕方ないかなと思っていたけど、実際は、日本まで追いかけて来た彼女を、厳しいお母様に叱られて追い返したらしいというちょっとガッカリ感ありでした。

    「うたかたの記」

    1890年 ドイツ三部作一部

    これは読むのが難しくて現代語訳で。
    日本の画学生が、美しく成長した昔会った花売り娘に再会。愛を確かめるも、国王まで巻き込む湖の事故で彼女は没する。
    悲恋の短編ですが、国王絡みの設定が、思い切りがありすぎて、戸惑う。

    「鶏」

    1910年 自身の小倉での経験から
    軍人の小倉での、ご近所物語でいいのかしら。
    ひょうひょうとした主人公と、その回りを取り囲む小倉の人達。

    「かのように」

    神話と歴史 の分離について思考する青年(鴎外さんですよね)
    難解ですが、興味ある主題。文庫だと読みにくいので後日、読み直し。

    「阿部一族」

    1913年 『阿部茶事談』下敷 歴史小説
    乃木大将殉死の批判に対する鴎外の著述

    熊本藩主細川忠利の死去の殉死を認められなかった阿部一族の反旗、絶滅を描く。
    主従関係の重みだけでなく、殉死によるその後の一族の優遇措置、殉死への許可等、現在では理解し難い内容。

    「堺事件」

    1914年 幕末の堺事件を元とした歴史小説

    フランスの水兵の暴挙に対抗した土佐藩歩兵隊。撃ち合いとなりフランス人に死者を出し、その罪を問われる。理不尽な処分に異議を申し立て切腹の許可を得る。くじ引きでの処分者の決定、切腹後の家族への恩恵など、混乱期の日本人の悲哀であるが、日本人・武士としての生き様がある。
    鴎外の当時の西欧強国への批判なのかと思う。

    「余興」

    懇親会へ出向き、浪花節などの余興を楽しんでしんいるふりをする。盛大な拍手までする。そして、憂鬱になる。
    ちょっと、気持ちがわかる。

    「じいさんばあさん」

    1915年大田南畝の随筆「一話一言」より歴史小説

    年配の夫婦『じいさんばあさん』今は二人穏やかに隠居生活を送っている。
    しかし、過去37年間、夫は罪を犯し越前へ。妻は一人家族を守り、武家奉公を続けていた。親をおくり、息子を亡くし、信仰を続けた妻。その人生の最後は、夫と穏やかに暮らす。
    かくありたいという、ばあさんでした。

    「寒山拾得」

    1916年 寒山拾得縁起 

    これは高校現代国語の教科書で扱っていて、その縁起のラスト「パパアも文殊なのだが誰も拝みに来ないんだよ。」に、混乱した思い出がありますね。懐かしい。たぶん、この作品から森鴎外を、多少無理して読みましたね。年齢を重ねて、無理して読んでみるっていうのも若さの特権かと思います。

    • moboyokohamaさん
      舞姫

      いや〜、本当に酷い男だなぁって思ってしまいますよね。
      舞姫

      いや〜、本当に酷い男だなぁって思ってしまいますよね。
      2022/02/15
  • 【舞姫】
    高3の現代文の教科書に載っていた作品。もう覚えていないような気がする…と思いながら、1年後にまた読んでみた。すると、『「幾階か持ちて行くべき。」と鑼の如く叫びし馭丁』のところで、不意に先生の声が蘇り、一人で笑ってしまった。

    私は、舞姫のテーマは、①恋愛・②孤独・③自我の芽生え・④青春の苦さだと思う。

    ①始めは豊太郎のひどさにばかり目が行ったが、実際、彼は罪を犯したわけではない。エリスとは、結婚したのではなく付き合っていただけだ。一方の申し出で別れが生じて当然の関係だし、付き合うのも行為も同棲も双方の合意とすると、豊太郎を一方的に責められない。そもそも、2人の関係性は、始めから対等なものではなかった。エリスの立場の弱さが、豊太郎への不安と依存を生んだ。カップルに文化の違い、生活レベルの違い、学の違いがあると、大変そうだ。国際結婚や婚前の同棲など、現代でも、成就が困難な部類に入る恋愛だっただろう。

    ② 現実から逃避し続け、楽しいところだけ享受し、面倒なところは人に始末させ…って、豊太郎だけいいとこどりではないかと思っていたけれど、むしろ逆かもしれない。豊太郎は、孤独だ。当時の日本人の男性には、仕事と家があっただろう。しかし、豊太郎は出世街道を絶たれ、両親も失ってしまった。加えて、他責的な考え方のために、身の回りにいる人すべてを親しく感じられていない。留学生仲間に対しても、エリスに対しても、相沢健吉に対しても、彼は自分を開けなかった。

    ③豊太郎は、優柔不断だ。私は、それは彼に「自分の意志で選択する」という概念がなかったからだと考える。明治前期のこの時代、「あなたの人生なのだから、あなたがどうしたいかは自分で考えて。」などと言ってくれる人は、誰もいなかっただろう。日本にいれば、国のため・家のために生きる価値観しか知り得なかったはずだ。ところが、ヨーロッパに行き、「自分が」下す選択が「自分の」人生を決めるという経験をする。無数の場合がありながら、自分が選んだ道・タイミングが積み重なり、一つの人生になることを知る。つまり、自分という存在、「自我」に初めて目が開けたのだ。『舞姫』は、国と家によって敷かれたレールに選択の判断を依拠してきた豊太郎が、その両方を失って初めて、「自由」の中から「自立(自分で選択)」を迫られた物語なのだと思う。ただ、豊太郎が結局エリスを捨てて官途を選んだのは、自分の意志(実際に、自分で選択)だったのか、家と国の力から逃れられなかった結果だったのか。ここは気になる。

    ④「初めて」自立を迫られたのだから、今回は上手く対処できなかった。豊太郎は初めての挫折を自覚し、苦々しく思い返しているのだろう。しかし、彼の葛藤を生んだのは、単に若気の至りという側面もあった気がする。座学にばかり励んできた豊太郎が、異国の地で初めて解き放たれ、可愛い女の子に恋をし、上手くやりくりできず、黒歴史を作った。真面目で不器用な一青年からは、若さと青さが滲み出ている。言わば、遅めの青春だ。豊太郎には、未来が残されているから、これからも前に進まねばならない。この回顧は、そのための一つの転機となったのだと思う。


    『舞姫』の素晴らしさ

    この短さ、登場人物の少なさ、簡潔さで、これだけの要素を伝えられるのはすごい。

    豊太郎として、濁った心情さえも脚色せずに、ありのままを客観的に捉えて描写する力があったからこそ成立した作品だと思った。(人のせいにしたくなるのも、人間の弱さであり自然な感情!それを美談にすり変えず、素直に表現したのが良いと思う。)

    【うたかたの記】
    「うたかた」とは、注釈によると、「水の泡。はかなく、消えやすいもののたとえ。」らしい。もちろん、マリイのことだろう。ビールの泡も、さりげなく「うたかた」を表しているなんてお洒落。

    森鴎外のお嬢さんが「茉莉さん」だから、マリイと聞いた時点で「おっ」と思ったけれど、関係があるかはわからなかった。

    森鴎外自身のドイツ滞在期間が短かったからなのかな、マリイとの関係もエリスとの関係(『舞姫』)も、はかなく描かれていた。日本人の古典的な感覚「無常感」と、ドイツの風景・文化の融合だと思う。

  • 初めて森鴎外の作品に触れた。

    舞姫。途中はがんばれ青年、と応援したのも束の間、最後はなんとも愚かな結末であり、その時代背景もあるだろうが、なぜそっちにいってしまったんだ、ともどかしい気持ちを抑えられなかった。

    阿部一族は、ああ自分は絶対阿部側の人間だな、と思った。でも、子どもらに迷惑かけたくないから名誉なき自死はしないで自分だけ苦しもうとなるかもしれない。それで病むんだろうけど。自分だけ。

    そのほか、「かのように」の葛藤も、「鶏」の滑稽さもとてもおもしろかった。こんな作品を書いているんだと正直驚いた。歴史ものはちょっとよくわからんが、森鴎外といえばドイツ、または医学、みたいなイメージを勝手に持っていたので、沢山の歴史ものがあることにそもそも驚いた。

  • 森鴎外の代表作の1つだが、これまた難読。個人的には山椒大夫・高瀬舟の方が面白い。

  • 削ぎ落とされた文体、本当に美しいと感じます。
    実は昭和25年発行、32年印刷版(旧仮名、旧字体)を実家の棚から見つけて読みました。直ぐに頭の中で変換できないせいかゆっくり読むこととなり、却ってじっくり味わうこととなりました。作家が書いた筈の文字で読む体験、貴重かもしれないと実感。

  • 図書館より。

    『舞姫』『うたかたの記』は擬古文で書かれているので、とっつきにくいのですがリズムがよいのでその分では読みやすいかな?といっても現代語訳がないのがつらいところ…『舞姫』はエリスの存在がとてもかわいらしくいじらしいです。

    現代語で書かれた作品では始めのうちはセリフのない場面での一段落が長くて苦労したのですが、慣れてきてからはあまり気にならなくなりました。殉死を描いた歴史小説『阿部一族』『堺事件』が印象に残りました。

  • ダイヤモンド・オンラインに書評を書きました。→ https://diamond.jp/articles/-/275100

  • 2021.1.8

全111件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1862-1922年。小説家、評論家、翻訳家。本名は森林太郎。陸軍軍医として最高位を極める一方で、旺盛な文筆活動を展開し、晩年は歴史小説、さらに史伝に転じた。1917年から没するまで帝室博物館総長兼宮内省図書頭を務め、歴代天皇の諡号(おくりな)の出典を考証した『帝謚考』(1921年)を刊行。主な著作に『舞姫』(1890年)、『高瀬舟』(1916年)など。

「2019年 『元号通覧』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森鴎外の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘルマン ヘッセ
綿矢 りさ
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×