不連続殺人事件 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.63
  • (8)
  • (15)
  • (16)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 244
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101024035

作品紹介・あらすじ

探偵小説を愛し、戦争中は仲間と犯人当てゲームに興じた安吾。本作は著者初の本格探偵小説にして、日本ミステリ史に輝く名作である。その独創的なトリックは、江戸川乱歩ら専門作家をも驚嘆せしめた。山奥の洋館で起こる殺人事件。乱倫と狂態の中に残された「心理の足跡」を見抜き、あなたは犯人を推理できるか? 自らの原稿料を賭けた「読者への挑戦状」を網羅。感涙の短篇「アンゴウ」特別収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • たまさか図書館に置いてあるのを見つけて、すぐさま手に取った。だから私の読んだ角川文庫版では、今は巻末に収録されているという短篇などはなかった。
    坂口安吾は探偵小説の神髄は「犯人当て」にあると言い切ったとおり、本作もいったい真犯人は誰か、ということが小説の主題である。物語の最後で、探偵の役どころである巨勢博士が犯人とその動機、そして八人もの殺人が行われた事件の全貌を語るのだが、その件を読むと、本作が「犯人当て」をモチーフとした探偵小説として実にフェアな書き方をしていることがわかる。その中に坂口安吾が潜ませた小さな違和感を捉えられるか? おそらく坂口安吾は相当に自信があったに違いない。ゆえに真犯人を当てた読者に懸賞金を出す、という企画も発表当時には行われたという。
    本作は登場人物の多さが特徴的だ。さらに、登場人物の一人ひとりが、とにかく個性的で一癖も二癖もある。個性ある人たちが一堂に会した洋館で起こる殺人事件だけに、誰もが怪しく思えてくる。しかも登場する人物は三十人を超えるため、八人もの殺人が行われる事件ではあるものの、容疑者の数もまた少なくないのである。物語は語り手である矢代の視点で進んでゆくが、当然ながらこの語り手もまた「信頼できない語り手」に思えてくる。
    読み始める前に、本作の「真犯人当て」の趣向を知ったために、なおさら疑心暗鬼になりながら読み進めてしまったかもしれない。ミステリー史に輝く名作とすでに名高い本作だが、読んでみて「名作」の冠も決して大げさではなかった。
    本作においては、モルヒネやら青酸カリといった毒物による殺人も行われるが、この作品が書かれた昭和二十二年頃の日本では、これらの毒物は容易に入手可能だったのであろうか。そう思われるほどに、これらの毒薬がいわば「自然に」使われている。一部を除いて、それらの薬物の入手先も明かされない。事件の解決には入手先が決め手になることはないので、あえて話中でそれらを語っていないのかもしれない。しかし、そうした毒物が自然に登場する戦後間もない日本社会の「闇」も合わせて見たような気がする。

  • 角川からも文庫が出ていたけれど去年新潮文庫から出た新しいほうを。こちら昭和22年からの連載当時に、安吾自身が真犯人を当てた読者に懸賞金を出すという豪華企画があったそうで、太っ腹だなあ。連載当時の「読者への挑戦状」も各話ごとに収録されている。楽しそう。

    それにしても登場人物がとにかく多い。しかも人間関係が複雑で、情報量の多さをどう処理するかが読者としては大変。できるだけ一気読みしないと、誰が誰のなんだったか関係をすぐ忘れてしまう(それは私がおばちゃんだから)

    語り手は作家の矢代。探偵役は、矢代の弟子である巨勢博士。矢代は友人で詩人の歌川一馬の邸宅に招待され妻の京子と訪問するが、この京子は、一馬の父親で大金持ちの歌川多門の元・愛人。一馬の現在の妻・あやかは、画家の土居光一の元妻、一馬の妹・珠緒は奔放で、嫌われ者で下品な作家の望月王仁ともデキている。一馬の元妻で女流作家の宇津木秋子は現在は作家の三宅木兵衛と再婚。

    さらに屋敷には、歌川多門の妹夫妻とその娘でブサイクな千草、多門が使用人に手をつけて産ませた美貌の娘・加代子も同居、この加代子は腹違いの兄・一馬に恋している。さらに屋敷には弁護士の神山夫妻、お抱え医者の海老塚、愛想のない看護婦・諸井琴路らがが我が物顔で出入り、料理人や使用人も数人。そこへ一馬らの友人である他の作家や女優やら大勢がやってきて、三十数人が集まったところで殺人事件勃発。

    登場人物を覚えるだけでせいいっぱいだった私は誰が犯人かはほとんどわからなかった。というか、犯人と動機の目星はついても、実行手順について整理して説明するのはちょっと面倒という感じ。しかし読者に謎解き懸賞をかけてるだけあって、ちゃんと書かれている内容から推理すれば正解にたどりつけるようになっているので、突然読者の知らない登場人物や情報が後だしで出てくるようなことがなく、とても良心的。おかげで自分で犯人を当てるまでの熱意はなくともゲーム感覚で楽しめて気持ち良く読み終えられました。

    余談ですが1977年に映画化されたとき、土居光一は内田裕也だったんですね。妙な説得力。見てみたい。

    ※収録
    不連続殺人事件/アンゴウ/対談:戸川安宣・北村薫

    • 淳水堂さん
      こんばんは!
      こら昔読みましたが、無茶苦茶で面白かったですよね。
      登場人物たちがワケアリ過ぎて、殺人が事件におもえないくらいというか(笑...
      こんばんは!
      こら昔読みましたが、無茶苦茶で面白かったですよね。
      登場人物たちがワケアリ過ぎて、殺人が事件におもえないくらいというか(笑)
      2019/04/08
    • yamaitsuさん
      淳水堂さん、こんにちは(^^)
      そうなんですよね、登場人物の多さと、そのキャラの濃さ、関係性の複雑さに気を取られて、事件が頭に入って来ない...
      淳水堂さん、こんにちは(^^)
      そうなんですよね、登場人物の多さと、そのキャラの濃さ、関係性の複雑さに気を取られて、事件が頭に入って来ないという…^_^;

      犯人分かってしまえば、いたってシンプルな事件なのに…
      2019/04/09
  • 何かの解説で出てきたので興味湧き読んでみました。時代の背景もわからず文体も難しく読みにくかったが、最後の推理は見事で、なるほどと納得。登場人物の奇妙な人ばかりというのトリックの1つ。参考にした人は多いんだろうな。この時代、こんな人ばかりじゃないよね。。

  • 登場人物が多いし、過去の人間関係が複雑すぎて
    何度も何度も最初のページに戻って読み返さないといけないので読んでいて疲れた。

  • 「日本文化私観」や「堕落論」で有名な、あの坂口安吾がはじめて書いた長編推理小説。かつて映画化もされました。秋の夜長、想像を巡らせて楽しんでください。安吾に興味が湧いた人は、是非とも「堕落論」も。

  • 犯人当てゲームに特化した話。
    派手なトリックとか探偵の大活躍とか期待してると、あれ?とか思うかもしれないけど、作者が『ミステリはヒントを読者にも見える形で正々堂々と書いてちゃんと犯人をあてられるようにしてある論理的なのが一番良い』みたいな考え方の人なのでそういうところを目指した作品としてはすごく面白いと思う。
    些細なこととかあれは何か関係してたのかな…みたいなとこが全部ちゃんと考えられて書かれてたってことが最後わかるのですごいなぁと。
    犯人を知ってる状態でもう一回読みたくなる。

    最初は登場人物の多さと、やたらと入り乱れた関係性についていけなくてなかなかノれなかったけど、それに慣れてきて事件が起き始めたあたりからはテンポもよくなって読みやすかった。

    この新潮社版には登場人物表がついてたのが本当にありがたかった。これがなければさらに覚えにくかったと思う。
    安吾から読者への挑戦状も載ってて面白かった。

    他に『アンゴウ』と、戸川さんと北村さんの対談が載ってるのも良い。

  • 不連続殺人事件は当然のこと、巻末掲載のアンゴウが良かった……
    仮に、不連続殺人事件で完全燃焼して気力がなくなってしまっても、アンゴウは読み飛ばさないでほしい……

  • 読了。
    坂口安吾が初めて書いた推理小説。江戸川乱歩などに絶賛された本書ではあるが、とにかく文章が読み辛い…。当時としては軽妙洒脱な語り口だったのかもしれないが、現代人からすると全くリアリティの無いやりとりであり、それ故に登場人物に感情移入することが全く出来ない。しかも、(トリックの要諦なので仕方ないけど)登場人物が多すぎて、登場人物一覧とかないと途中で訳が分からなくなる。個人的には犯人も「あー、やっぱり」って感じでイマサンでした。。。

  • 何ていうか…、登場人物のクセが強すぎて。
    この時代の人がみんなこんなわけじゃないよね?この時代の作家とかが、みんなこんなわけじゃないよね?
    ちょっとのことで、激怒しすぎで怖いわ。
    ちょっとケガするくらいの暴行は、傷害致死とかで捕まらないの?

  • ただただ読みにくかった…。文体が肌に合わなかったという感じ。登場人物のイメージが被る人が多くて誰が誰やら?

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1906年、新潟生まれ。評論家、小説家。おもな著作に『風博士』『堕落論』『白痴』など。1955年没。

「2019年 『復員殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂口安吾の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森見登美彦
宮部みゆき
伊坂 幸太郎
今村 昌弘
有効な右矢印 無効な右矢印

不連続殺人事件 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×