マイマイ新子 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.52
  • (8)
  • (34)
  • (27)
  • (6)
  • (2)
本棚登録 : 211
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101024226

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本の「赤毛のアン」云々さえ書かなかったら、もっとあっさり読了出来たのだが、その一言が余計なばかりに、あれこれと比較されてしまうはめになっている。
    ジブリなどが人気の出ないアニメ映画に作り上げそうな感じだね。

  • 昭和30年で9歳。偶然にもうちの亡くなった父と同じ歳の新子ちゃん。
    同時に、私の娘も今9歳。

    うちの父も、こんな風景を見ながら子ども時代を過ごしたんだろうか。どんな子どもだったんだろうと、そんな感傷を抱きながら、また、うちの娘もお友達とこんな会話してるんだろうかとか思いながら読んだ。

    私とは全然育っている時代・環境が違って、でも子どもたちの関係性とか空気感というのは意外と普遍的だったりするのかもしれない、なぜか懐かしい気持ちになる作品。

    私が特に好きだったのは、友達がケンカしてお互いのお父さんを罵った時、新子は父親に言われた「自分の目で見たほうがいい」という言葉を信じて、友達の父親が本当に噂通りの人なのか確かめに行く話だ。
    結果的に大人に嘘をつくことになり、親にこっぴどく怒られる新子だけど、理由をうまく説明できなくて家出することになる。
    この辺りの新子の気持ちが切なくて、でも親である身として私が新子の母でもついこんな風に叱ってしまうかもと反省させられたり。

    最後、誰もが通る「近しい人の死」を9歳なりの感性で受け止める新子に涙が出た。

  • 田舎でのびのび暮らす少女の生活をいきいきと描き出した本なのだろうけど、なぜだろう、いまいち好きになれずに終わってしまった。

  • 山口の片田舎を舞台にオテンバな主人公、新子が思い感じて考えたり悩んだり…
    和製「赤毛のアン」をめざして書いたとのことですがまったくそのとおりな作品。
    麦畑や川のせせらぎなど自然の描写が美しいこともモンゴメリの作品に通じます。
    おとなの誰もが子供のころ感じたことのある日常が描かれています。
    もちろん今のこども達にも新子の暮らしを感じてもらいたい作品です。

  • 作者の高樹さんはあとがきでこの物語を書くにあたって、日本版"赤毛のアン"を目指したと語っています。なるほど主人公の新子は9歳、つむじが二つあり、その片方が額の真上にありピンと立つ厄介なクセがあり家族から"マイマイ"と呼ばれていることやおてんばで空想好きな性格など"アン"と似通っています。
    そしておじいちゃんの小太郎との秘密のやり取りはアンとマシュウを連想させました。
    時代は昭和30年。山口県の自然が豊かな土地柄。今ではお目にかかれない品物や暮らしが蘇ります。私たちの年代にとってはああそう言えば‥と遠い記憶を辿る回想物語のようです。
    考えてみれば、子供時代には誰でも心に暖めている物語があります。その意味ではみんなマイマイ新子の世界の住人です。でも、残念なことに大抵の方は忘れてしまっています。

  • 7/21/11図書館

  • 2011/10/28

  • 時は昭和30年、9歳の新子は、きもちがざわざわすると、額の真上のつむじ(まいまい)が立ち上がる。おてんばで空想好きな新子は毎日がきらめいていて…。
    「となりのトトロ」を思い出しました。
    その年代を生きていたわけではないけれど、なぜだか懐かしく感じます。

  • 防府、山口などを舞台とした作品です。

  • 「すごくはまって一気に読んだ!」という本ではないけれど、一つ一つのお話が心に響くやさしいものでした。
    そして、子どもの頃の言葉にはあらわせない疑問や切なさがたくさんつまっています。
    寝る前に、2〜3話読むペースで読み終えました。
    昭和30年、私は生まれていないどころか、その年代の日常生活を容易に想像できる程の年齢でもありませんが、それでも新子ちゃんと新子ちゃんをとりまく世界が大好きになりました。
    時代は違くとも共感する部分も、「そういえば似た様なことあったな」と思う事もありました。
    昭和30年代はまさに古き良き日本の姿なんでしょうね。
    人間は便利になればなるほどもっと上、
    さらに上を目指してしまうのを改めて感じてしまいます。

全37件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

高樹のぶ子(たかぎ のぶこ)
1946年山口県防府市生まれ。東京女子大学短期大学部教育学科卒業後、出版社勤務を経て、1980年「その細き道」を「文學界」に発表。1984年「光抱く友よ」で芥川賞、1994年『蔦燃』で島清恋愛文学賞、1995年『水脈』で女流文学賞、1999年『透光の樹』で谷崎潤一郎賞、2006年『HOKKAI』で芸術選奨文部科学大臣賞、2010年「トモスイ」で川端康成文学賞を受賞。2009年紫綬褒章、2018年文化勲章をそれぞれ受章。他の著書に『マイマイ新子』『甘苦上海』『飛水』『マルセル』『香夜』『少女霊異記』など多数。

マイマイ新子 (新潮文庫)のその他の作品

マイマイ新子 単行本 マイマイ新子 高樹のぶ子

高樹のぶ子の作品

ツイートする