小僧の神様・城の崎にて (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.55
  • (130)
  • (173)
  • (355)
  • (31)
  • (9)
本棚登録 : 2018
レビュー : 197
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101030050

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 女中を雇っている家がある。可愛い一人娘がいる主の父親。巷では風邪が流行っている。娘に感染してほしくない。だから女中には外に出るなと厳命する。が、主人の命に背いて女中は近所の婦人に誘われて芝居を観に行ってしまう。
    主は言う。なぜ芝居に行った?風邪を拾ってきたらどうする!と。
    しかし女中は芝居に行っていないと言い張る。
    行った、いや行っていない、の口論の末、女中の嘘(ホントは独りで芝居に行った)がバレる。もうお前は田舎に帰れ!と主は怒る。
    そんなことをしているうちに、主が風邪に罹る。それが妻にうつる。仕舞いには娘にまで伝染ってしまう。
    健康なのは女中だけになり、田舎に帰そうとした女中が甲斐甲斐しく家族のために働く。娘を看病するその姿をみて主は、’なんか気の毒なことをしたな‘と思う話。(流行感冒)


    浮気を繰り返して妻にバレる。もうしませんね?と妻に泣かれ言われても、「さあ、それは分からない・・。」と平然と答える厚かましさ。(瑣事)(山科の記憶)(痴情)(晩秋)。
    女中が妊娠すれば、妻に「今度のは俺じゃないぞ」と言ってのける図々しさ。(好人物の夫婦)
    いまの世や女性には受け入れがたい男が描かれる。
    どの短篇みても、お前なんだ?としか思えないような、厚かましく、女性には上から目線で、エゴイズム丸出しのクズ野郎が出てくる。
    自分の不始末を恥じ入る気配さえない。むしろ聞きいれない周囲に対して開き直りの逆ギレ。自我の全肯定と勝手気ままな奔放さは、読んでいて逆に清々しい。
    さすが志賀直哉だよ!

  • 久しぶりに本棚から取り出して読んでみると、新たな発見があったりする。高校時代に教科書で読んだ志賀直哉であったが、年齢を経てから何度も読み直してみると、若い頃には見落としていた描写があったりすることに気づく。年代とともに読み方は変わるし、受け取る側のチャンネルが増えている事もあるのだろう。
    これからも名作と呼ばれる作品は時折読んでみたいと思うのであった。

  • 2011 8/15読了。WonderGooで購入。
    最近、西の方に引っ越した先輩が「城崎の近く」と繰り返すので「城崎って『城の崎にて』しか知らないけどそういやそれも読んだこと無い」と思い、そもそも志賀直哉を読んだことがないことにさらに気が付き、買ってみた本。
    白樺派の小説読んだの下手すると初めてではなかろうか。
    小説なのか随筆なのかすらわからないこともある私小説、というのを、友人の同人活動以外ではあまり読んだ覚えがなく、新鮮だった。
    少し行ってみたくなった、城崎。

  • (小僧の神様)善いことをしたはずなのに、後味が悪い・・・自分の豊かな生活が、「小僧」のような底辺にいる人間によって成り立っていることを、感覚として感じても理解はしない。最後の一言は、著者がこのまま終わらせて、ただのよいお話と誤解されたくなかったのかな?皮肉が込められていると読めた。

  • 城の崎にて。
    久しぶりに読み返しましたが、文章が美しいです。
    静かに横たわる蜂の死骸、死ぬまいともがき苦しむ川に落ちた鼠、筆者が投げた石にあたって偶然死んでしまったイモリ。
    そして、電車にはねられるも生きながらえた筆者。療養中の筆者の暗い気持ちが、蜂と鼠とイモリを通じて、生々しく描かれています。

    大学生のときにこの本を読んで感動して、一人で城崎旅行した思い出がよみがえりました。懐かしい大切な一冊。

  • 城崎温泉に行ってきたので、そこが舞台の小説を読んでみた。国語の教科書に載ってそうな
    綺麗な文章やった

  • 城の崎にて

    高校の時、現代文で習いました。
    なぜかこの時のことは鮮明に覚えています。
    とても暑い夏で、城崎温泉街の美しい風景があったことを覚えています。

    高校当時は冒頭の今だったらあり得ないような出来事にビックリするだけでしたが、年を重ね、様々な文章を読む経験を積むことに、志賀直哉の無駄のない文章と感性にはいつも感心させられます。

    思い出した時に、何度でも読みたくなります。

  • 表題の「城ノ崎にて」は本当に短い短編だった事にビックリした。(10頁ぐらいしかない。)
    そんな短く簡潔な言葉使いの文章なのに印象に残る。代表作と言われるのはやっぱり凄いんだな。と単純に思った。
    18編からなる短編集で私が好きなのは「小僧の神様」と「赤西蠣太」の2編。
    この2つとも最終的にこうなりました。という明確な事は描かれてなく自分で想像してね。という余韻に包まれてる様に思った。
    「赤西蠣太」はハッピーエンドを迎えて欲しい。
    それに対して「佐々木の場合」「瑣事」「山科の記憶」「痴情」「晩秋」は私が女性だからか?
    主人公の男性がずるいと思う。
    男性から見たらどうなんだろう?
    この男主人公。
    「佐々木~」なんてあれは逃げでしょう。
    短い中でも憤ってみたり、こうであって欲しいなと想像をかき立てたりいろいろ忙しい短編集だった。

  • 城崎に旅行に行ったあと読んだ「城崎にて」伊豆の踊り子のような話かと思っていたが全然違った。そして、「小僧の神様」は有名な話だが、小説って素晴らしいな!こういうのを小説というのだ、と思った。

  • 「濠端の住まい」
    『人と人と人との交渉で疲れ切った都会の生活から来ると、大変心が安まった。虫と鳥と魚と水と草と空と、それから最後に人間との交渉ある暮らしだった。』
    この文を読んだだけで、胸にくるものがある。内容も命についての考えさせられるものでとてもいいのだけど、なにより、この「虫と鳥と魚と水と草と空…。」ってところがいい。

全197件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

志賀 直哉(しが なおや)
1883年2月20日 - 1971年10月21日
宮城県石巻生まれ、東京府育ち。白樺派を代表する小説家。「小説の神様」と称されて、多くの日本人作家に影響を与えた。代表作に「暗夜行路」「和解」「小僧の神様」「城の崎にて」など。

志賀直哉の作品

小僧の神様・城の崎にて (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする