黒い雨 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.62
  • (186)
  • (218)
  • (421)
  • (36)
  • (8)
本棚登録 : 2535
レビュー : 254
  • Amazon.co.jp ・本 (416ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101034065

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 広島の原爆投下前後の状況を一般の夫婦とその姪を通じて描いている。自分が見たこと、人から聞いた話等を交えており、リアリティがあり、その悲惨さがよくわかる。

    直接被爆していなくても、救助に向かった人、避難時に通り抜けた人が後々後遺症に苦しんだこともよくわかる。淡々とした記述だが、だからこそ引き込まれるものがある。

    若い世代にも読み継がれるべき戦争作品の傑作と思う。

  • 原子爆弾で破壊され尽くした広島。
    終戦間際から終戦、そして数年後。
    日記、記録の形で綴られる、その時。その後。
    歴史の教科書では見えない市井の人たちの戦争。
    今までぼんやりとしていた戦争が、視界に、胸に、迫ってくる。
    とは言え、とにかく読みやすい。
    夢中で読んだ。

  • 「志村〜後ろ後ろ」の世界である。
    よかれと思っての記述が、被爆のしるしという悲劇を
    柔らかく描く

  • 言葉はあれだが、「被害者面」をしないところにこの作品の魅力があるように思う。原爆投下を扱った作品にありがちな「書きすぎ」がしばしば読み手を白けさせるのに対して、本作はあくまで中立的な眼を通してこの大事件を写実する。といって無味乾燥な事実の羅列とも違う。爆撃で大やけどを負った岩竹博が白桃を食べて命を長らえさせるエピソードの熱っぽい瑞々しさが今も頭から離れない。

  • [private]石垣りんの「挨拶」を思い出した。
    あ、

    この焼けただれた顔は
    一九四五年八月六日
    その時広島にいた人
    二五万の焼けただれのひとつ
    すでに此の世にないもの

    とはいえ
    友よ
    向き合った互いの顔を
    もう一度見直そう
    戦火の跡もとどめぬ
    すこやかな今日の顔
    すがすがしい朝の顔を

    その顔の中に明日の表情をさがすとき
    私はりつぜんとするのだ

    地球が原爆を数百個所持して
    生と死のきわどい淵を歩くとき
    なぜそんなにも安らかに
    あなたは美しいのか

    しずかに耳を澄ませ
    何かが近づいてきはしないか
    見きわめなければならないものは目の前に
    えり分けなければならないものは
    手の中にある
    午前八時一五分は
    毎朝やってくる
      
    一九四五年八月六日の朝
    一瞬にして死んだ二五万人の人すべて
    いま在る
    あなたの如く 私の如く
    やすらかに 美しく 油断していた。[/private]

  • 日常に突然原爆が降ってきたら…こういうものなのかもしれない。とても淡々としていて、悲しい!怖い!とならないところが、ある意味リアル。この正常性バイアスが人の心を麻痺させるのだろうな。良くも悪くも。
    人間て簡単に死んじゃうんだな、とか、人間て案外簡単に死ねないんだな、とか、どちらも真実だなとしみじみ思う。

  • タイトル*黒い雨
    著者*井伏鱒二
    出版社*新潮社

    一瞬の閃光に街は焼けくずれ、放射能の雨のなかを人々はさまよい歩く。原爆の広島--罪なき市民が負わねばならなかった未曾有の惨事を直視し、一被爆者と”黒い雨”にうたれただけで原爆病に蝕まれてゆく姪との忍苦と不安の日常を、無言のいたわりで包みながら、悲劇の実相を人間性の問題として鮮やかに描く。被曝という世紀の体験を日常性の中に文学として定着させた記念碑的名作。
    (あらすじより)

  • 戦時体制ではあるが、市井の人々の日常が、原爆投下という非日常の極致に曝され傷つけられていく様子を小説の形で描いた精緻なルポルタージュ。この作品の優れている所は、原爆投下(8/6)から終戦迄の十日弱の記録の中に、後で解った常識や感覚を織り込まず、何が起きたのかこれからどうなるかの大局を掴めない異常事態における一市民及び家庭人の原爆記録を綴っているところにあると思う。哀しみや怒りの感情、思想や政治的な主張が簡潔なだけに描写は生々しく再現される。悲劇を客観として捉えて、判断は読者に委ねられる。読者は受け止め判断しなければならない。日本人としての義務がある。
    作品は重松氏の日誌の他に、岩竹軍医の手記に依っているが、極限状態から夫を救い出し蘇生させた妻の献身に感動させられる。
    あと作品への要求としては、被爆状況と重松達の移動状況が分かる地図が欲しい。

  • 読むのがつらかった。人間の尊厳がこうも蹂躙されていいのか…。途中の、『いわゆる正義の戦争よりも不正義の平和の方がいい。』という言葉が印象に残った。

  • 2018.03.16

全254件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

本名・満寿二。一八九八年(明治三十一)、広島県に生まれる。早稲田大学、日本美術学校を中退。一九二九年(昭和四)「山椒魚」「屋根の上のサワン」で文壇に認められる。三八年(昭和十三)、「ジョン万次郎漂流記」により直木賞を受賞。「鯉」「さざなみ軍記」「多甚古村」「丹下氏邸」「本日休診」(読売文学賞)「遙拝隊長」「集金旅行」「漂民宇三郎」(芸術院賞)「武州鉢形城」「黒い雨」(野間文芸賞)などの小説の他、詩集や随筆・紀行も数多い。六六年(昭和四十一)、文化勲章受章。九三年(平成五)没。

「2018年 『太宰治』 で使われていた紹介文から引用しています。」

黒い雨 (新潮文庫)のその他の作品

黒い雨(新潮文庫) Kindle版 黒い雨(新潮文庫) 井伏鱒二
黒い雨 単行本 黒い雨 井伏鱒二
黒い雨 単行本 黒い雨 井伏鱒二

井伏鱒二の作品

黒い雨 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする