放課後の音符(キイノート) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.66
  • (799)
  • (669)
  • (1521)
  • (120)
  • (31)
本棚登録 : 6323
レビュー : 823
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101036151

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 幼馴染の恋愛の話はくっつかないまま終わった方が切なく綺麗だったような気がする。
    あの、なあなあな感じが高校生らしくてリアルといえばそうかもしれないけど。
    あとの話はどれも同じような話で微妙。
    中学生くらいの時に読んでいれば憧れたかもしれないが、今読んでもこんな素敵な恋愛したかったとは特に思わなかった。

  • 現役高校生だった時に読みました。
    山田詠美氏の作品の中で唯一好きになれなかった作品。
    登場する少女たちがみんなして脳内ピンク色で個人的に受け付けなかった。そして同じような話がダラダラ続いて疲れる。
    こんな偏った高校生活やだなぁ。
    歳をとってから青春を振り返る感じで読むと良いのかもしれない。(人間って思い出は美化すると言うし)
    ミュージカルのマンマ・ミーア!観た時と同じような感想を持った。
    「これは歳をとって、過去を振り返り、過去の自分と重ね合わせながら楽しむものだ。」

  • 帯に「主人公はあなたです」とかかれてた。
    それだけにしっかり頷いた。

  • どの主人公もどの話も、とにかく恋。
    少女だからこそ女に憧れる気持ちと、女をまだ否定する気持ち。

  • すきじゃない。恋愛とかはやりものとかのおはなししてるふつうのおんなのこ=つまらないこたち。てかんじがいや。

  • 10代の恋をテーマにした短編集みたいなやつだったと思う。読んだのだいぶ前なので、もっかい改めて読んでみようかな・・・

  • pay day!!が好きで、そのつながりで読んでみたけど、微妙。ひたすら微妙。その一言に尽きる。同じ人が書いたなんて思いたくない。

  • あんまり記憶に残ってない。。

著者プロフィール

山田 詠美(やまだ えいみ)
1959年、東京生まれ。明治大学文学部中退。85年『ベッドタイムアイズ』で文藝賞受賞。同作品は芥川賞候補にもなり、衝撃的なデビューを飾る。87年には『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』で直木賞受賞。89年『風葬の教室』で平林たい子文学賞、91年 『トラッシュ』で女流文学賞、96年『アニマル・ロジック』で泉鏡花文学賞、2000年『A2Z』で読売文学賞、05年『風味絶佳』で谷崎賞、12年『ジェントルマン』で野間文芸賞、16「生鮮てるてる坊主」で川端賞を受賞している。その他の著書に『無銭優雅』『学問』『タイニー・ストーリーズ』『明日死ぬかもしれない自分、そしてあなたたち』などがある。

放課後の音符(キイノート) (新潮文庫)のその他の作品

山田詠美の作品

ツイートする