仮面の告白 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.55
  • (434)
  • (632)
  • (1324)
  • (96)
  • (19)
本棚登録 : 6555
レビュー : 581
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101050010

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今迄読んだ三島作品の中で1番難解と感じました。
    同性に対する情欲に苦しむ自叙伝的小説と言われていますが、
    男が女を愛することが普通であり男が男を愛することは普通ではないと感じながらも、一般的な「普通」を装うことは彼にとっては普通であり女を全く愛していないという訳でもない。
    私個人、同性愛者などに特に批判的ではないのですが
    受け入れることなく彷徨い続ける精神状態というのは物凄く辛いのではと感じました。
    また、戦時中を生きた人間ならではと思いますがどこか頽廃的で人の死や爆撃などの恐怖が日常当然として描かれていますが、現代を生きる人間にとっては有り得ない事で、感情の麻痺からも「仮面」を被ることが皮肉にも得意となってしまう時代背景だったのかなと思いました。
    結局のところ、多面的な人間性のどの部分が仮面なのかという謎と、執筆した三島由紀夫自身が少しでも素面を曝け出して生きる辛さを軽減できていたらいいなと願ってしまいました。

  • 「俺って、オトコを見て性的に興奮してる?ヤバイんじゃないか?俺、ホモなんじゃないか?」という思いに苛まれる男子の、もだえ苦しむ七転八倒の物語なんですね。もう、コメディマンガにしたら、抱腹絶倒ものです。

    人生初の三島由紀夫さんの本です。
    結構長い長い間、「読んでみようかなあ」と思いつつも「多分、好きになれないのではないか」という偏見があって読んでいませんでした。
    上手く言えませんが、なんだかマッチョな感じと言うか右翼な感じと言うか(笑)。いや、マッチョで右翼なことが、もちろん悪いことではないんですが。趣味、好みの問題で、好きになれないんじゃないかなあ、と。
    ただ、色んな本を読んでいると、やっぱり三島由紀夫さんの小説、というのを評価する人も多いので。「一度とにかく読んでみないとなあ」というぼんやりした思いも。
    そんなときに、割と好きな作家である橋本治さんの本で、「三島由紀夫とはなんだったのか」という評論本があることを知りました。
    「その本は読んでみたいなあ」と思い。そのためには肝心の三島由紀夫を読まなくてはならない。どうやら、「仮面の告白」「金閣寺」「潮騒」「豊饒の海1」「豊饒の海2」あたりを読めば、「三島由紀夫とはなんだったのか」は、読めるらしい。

    と、いう訳で、「仮面の告白」。1949年、昭和24年、三島由紀夫さん24歳のときの小説です。この人は、昭和の年号と年齢が同じなんですね。

    文庫本238ページ。短い、自伝的な一人称の小説です。これがまた、なんともスゴイ小説でした。面白かったかどうか、と言われると、まあ、面白かったです。好きか嫌いか、と言われると、微妙です(笑)。

    ホモの、ゲイの?若い男性の話です。
    と、まあ、そう言っちゃうと真面目なヒトからは怒られそうですが。でもまあ、そうなんです。
    ホモ、と言っても、実際に男性同士で性行為をしている訳じゃないんですが。精神的なホモ、とでも言いますか。
    主人公は(恐らくは三島さん自身が)、高級役人さんの家に生まれたお坊ちゃんなんです。
    蝶よ花よで女中がついて育てられ、生まれついて、病弱なというか、体が弱い人でした。学習院の小学校~高校に通ったみたいですね。とっても学業優秀、東大に進みます。

    で、この主人公が、中学生時分くらいからですね。
    若干、性的に倒錯趣味を持つと言いますか。要は、ちょっとグロイこと。血とか。死とか。それから、何よりも、同級生の男子の逞しい肉体とかに、性的興奮を覚えるんですね。
    ただ、だからと言って、実際に具体的に倒錯的行動をしてしまったり、犯罪したりはしないんです。
    あくまで、内面の話。つまりは、そういうことの妄想で、自慰行為したりする訳ですよ。
    いやあ、これぁ、凄い小説だなー、と(笑)。
    でまあ、もちろん、いくら戦前だってナンだって、そりゃ、マズいことだし、恥ずかしいことだし、ヤバいことな訳です。
    まして主人公さんは金持ちのお坊ちゃん、健全な市民家族ってやつの一員ですから。色々いっぱい本も読んでますし。
    主人公は自分で、「こりゃマズい。こりゃ、隠さないとマズい」って自覚する訳です。
    勿論、あくまで本人の内面の話なので、まあ何も行動に起こさずに、黙っていれば隠せるわけです。
    なんだけど、本人の中では、凄く葛藤する訳ですよ。「なんで俺はこうなんだろうか」って。

    …と、言うようなことが、執拗にして華麗な比喩と言い回しに満ちた、美しい日本語で、綴られるわけです。
    ねちっこく描かれます。

    「中学生くらいの頃に、筋骨たくましい同級生の男子が、体育の時間に鉄棒をする。その肉体と、その腋の下の腋毛のありように、如何に己が恍惚としてしまったか」

    というようなことが、もう呆れ返って爆笑するしかないくらいに、描写されるわけです。
    その状況と心理の、ぬめったヒダを舐めるような、スーパースローモーションのハイビジョン映像のような。
    きらめく光の中に、濡れそぼつ黄金の像の、輝く光芒の一瞬が、獲れたてのトマトの如き瑞々しさのような。なんだか良く判りませんが。
    もうとにかく、ジダンやロナウジーニョやバッジォの美しい足技のように、超絶なまでの技巧でもって、コトバにされるわけです。
    それがまた、しつこいんです。もう、帰宅したら留守番電話いっぱいにストーカーの男からの伝言が…みたいな勢いです(笑)。

    つまり、みっともないんです。惨めなんです。罪悪感で、後ろめたくて、嘘に嘘を重ねて、恰好をつけて、虚勢を張って生きる少年/青年な訳です。
    仮面をつけて生きている訳ですね。
    で、そのみっともなさと惨めさと醜さが、目も眩むような華麗な日本語で装飾されまくって描かれるんです。
    これ、確信犯だと思いますね。小説家としての。
    「ホモ的性的倒錯に悩む少年/青年の物語」。ある種、実に王道の青春物語なんじゃないかと思います。
    ホモ疑惑、ということじゃなくても、何かしら、劣等感、自意識、競争意識、世間体、そんなようなもののなかで、狭い世界で、もだえ苦しむ七転八倒ですからねえ。10代なんて。
    だから別に、ブンガクがどうとかじゃなくて、
    「ああ、これは、俺はホモじゃないかという悩みを抱えて、フツーのふりをして生きる青年の七転八倒を愉しむ本なんだな」
    という目線で読めば、実に面白いし、爆笑ものだし、そうやって主人公をどこか見下しているうちに、不意にグっと感動させられたりします。

    主人公はそういう意識と悩みのままで、大学生にまでなります。
    「うわー、なんか俺、全然相変わらず、おんなのからだに興奮しないんだよなあ…。相変わらず美男子とかに興奮しちゃうんだよなあ…。まずいよなあ…。でも友達はぼちぼち、おんなの話で盛り上がってるし、こりゃ調子合わせておかないとな」
    みたいな感じでいじましくがんばって生きている訳です。もう、ほんと、コメディです。

    そうなんですけど、そんな主人公も、色々出会いがあって、女性と知り合う訳です。

    (これ、戦時中の話なんですね。家柄とお父さんと、カラダが弱いお陰で、徴兵されないんですね。
    同じ頃に、軍隊で血のいじめに会って、戦場で人を殺したり殺されたりしてる人もいっぱいいる訳で、凄い差です(笑)。
    それでまた、主人公は、その「差」を頭では分かっているんですね。分かって、後ろめたかったり罪悪感だったりする訳です。
    でも、やっぱり、ホモじゃないか疑惑に煩悶する毎日な訳です(笑)。)

    で、女性と知り合うんですけど、どうも、今一つ、恋、というのもピンと来ない訳です。
    そうなんだけど、園子、という名前のお嬢さんと、忽然として恋に落ちる訳です。
    これがまた、唐突に不意打ちに、雷鳴が轟き眠れる龍が目覚めるかのように、恋に落ちる訳です。
    もちろん、要は相変わらず主人公の内面の話なんで。写実的に言うと、「待ち合わせしてたら彼女がやって来た」くらいの出来事なんですけどね(笑)。
    でも三島由紀夫さん、やっぱり言葉の描写力が、凄いんですね。
    もうそこで、主人公が唐突に恋に落ちる。
    相手を愛おしく思う。相手に幸せになって欲しいと思う。
    自分が彼女にふさわしくない人間だと思う。でも、手を握りたい、一緒にいたい、しゃべりたい、と思う。

    もう、そこンところで、なんていうか読んでいると、世界中の扉が開くわけです。
    アフリカの地平線に陽が昇り、悪魔の支配する闇が光に溶かされて行くわけです。
    奴隷は解放され、繋がれた象は鎖を引きちぎり平原へと還る訳です。
    彷徨えるユダヤの民の前で海が裂け、約束の地へと続く道が現れるんです。
    まあ、そういうような、不意打ちな感動が押し寄せちゃうんです。
    諦めていた試合終盤に、意外な選手がモノスゴいロングシュートを決めた感じです。
    すごいんです。
    でも、所詮は「待ってたら彼女が来た」というくらいの出来事なんですけど(笑)。
    コトバって凄い。うーん。

    で、また、その内、その女の子といよいよ、接吻だとか婚約だとか、という段になって、今度は逆に潮が引くように逃げ出す主人公が居たりする訳ですが(笑)。

    という訳で、もう、ほんっとに立派な変態さんです。
    なんていうか、ぐっちょぐちょのどろどろのネトネトの自意識と美学と屈折に満ちた、ヘンタイです。
    色んなヘンタイがあるんですけど(笑)、上手く言えませんが、谷崎潤一郎さんのヘンタイさは、僕はケッコウ味わいが好きなんですけど。
    この「三島由紀夫汁」とでも言うべき、この汁物の味の濃さ…えぐさ…うーん。
    美味しいですよ。美味しいと思うんですけどね。個性あります。それは、ほんとにすごいと思います。
    いやあ、何度も食べたいかって言われると、ちょっと微妙…。

    あと、戦前戦中戦後直後の、ある東京の上流階級の若者の精神史、という意味でもとても興味深いものでした。
    別段何も狂信的な右でも左でもなく、とっても理性的に、世相を観ていたんだなあ、と。
    戦時下の気持ちって、こういうことでもあるんだなあ、という。

    さあ、この先「潮騒」「金閣寺」「豊饒の海」と読み進むことが出来るのか…。
    数年がかりで、橋本治さんの「三島由紀夫とはなんだったのか」へと至るプロジェクトとして、慌てず進行していこうと思います。。。

  •  ものすごく簡潔に言うと、同性愛者である主人公の青年が、女性との恋愛を試みる話。女性に対する不能を自覚し、社会に適応しようと孤軍奮闘する苦悩は、計り知れないと思う。

     今やLGBTという言葉が世界的に認知されているが、この小説が書かれた昭和25年には無論そんな概念は存在しない。男に生まれたからには、20を過ぎれば女と結婚し、子をもうける以外に選択肢もない時代。当時どんなふうにこの小説が世間に認知されていったのか、すごく気になるところである。
     なぜこの小説が三島の代表作となり、長く読まれ続けるのか。その理由は、誰しも身に覚えがあるだろう「自己欺瞞」にあるのではないかと思う。世の中、本当はやりたくないけどやる、社会が許さないから、なんてことばかり。人間は社会的な生き物だなあと、つくづく思わされる作品でした。

  • 何というか、読む前の三島由紀夫のイメージは、生真面目で優等生で、カチカチに硬く重厚感があり、大胆で大味な、そんなイメージだった。
    けれど開いてみれば、緻密で繊細な文章と、儚くも一種物悲しくなる際物の感性とがあり、彼が生涯を通して自らのマイノリティに苦しんだだろうことがうかがえる。
    彼をずっと身近に感じた。

  • なんて華麗な臆病な仮面。自分の心を覗くのを恐れるあまりに自己の意識さえ注意深く、厳重に蓋をしてしまって、主観で考える自分と客観的に批評する自分、未来への期待と心の幾層も深める自分とでぐちゃぐちゃになっている性の苦悩をこんなに繊細に書いているのをただ感服するしかない。

  • 時間がとれたら一気に読み切りたいと思っていた作品をやっと読むことができた。
    24歳、今の自分と三つしか違わない歳でこの重厚感ある文章を生み出していることに、ただただ感銘を受けた。
    文章は言葉の使い方が美しいだけでなく、たった1行に三島の思想や感情がいっぱいに詰め込まれているようで、多くの読者は私と同じくページ数よりも文字数よりも、ずっと多くの物を受け取ることができたのではないだろうか。
    三島の作品を読むに当たってまずは三島を知る必要がある。この作品は三島の入門書とも言えるのではないだろうか。

  • 最初はどんだけ性的嗜好を熱く語ってるんだこいつは、と若干引くレベルだった。
    しかし、青年期を迎えて現代よりも同性愛に寛容でない時代に、周りに健常者と見られる為に偽りの自分を振る舞うことと、本来の自分との葛藤を描いており非常に読み応えがあった。
    普通の男に対する羨望と、どう頑張ってもそうなることの出来ない絶望感が伝わってくる文章だった。
    最初の性的嗜好の語りも、後半部への布石と考えると、必要な行だったのかと納得がいった。

  • 好みの男の子を傷つけ、その苦悶する姿を想像し、
    それをオカズに…とか変態告白しすぎだろ
    自己分析が面倒くさい

  • 三島由紀夫は難しいなぁ。もう少し歳を重ねたら再読したい。
    今でこそ同性愛がある程度許容されつつあるが、戦後のこの時期、どれほど生きづらいことだろう。選択肢は自分を隠し、世間に合わせる他ない。その辺りの葛藤は人の持つ普遍的なもので、これが三島文学なのだろうか。

  • 「どうして私たち結婚できなかったのかしら。あたくし兄に御返事をいただいた時から、世の中のことがわからなくなってしまったの。毎日考えて考えて暮らしたの。それでもわからなかったの。今でも、あたくし、どうしてあなたと結婚できなかったのか、わからなくてよ。……」
    園子は今の主人を愛しながらも、「私」とのプラトニックな逢瀬を続ける。園子は揺れている。二人は間違いなく惹かれあっているが、その心はすれ違っている。なぜなら「私」は異性に性の高まりを感じることができないから。戦争、死への憧れ、同性愛、テーマとしてはもっと凄惨になり得るものばかりだが、なぜか全体を通してそう暗い印象は持たなかった。
    三島由紀夫の中ではわかりやすい作品で初心者むけとの評価が多いようだ。今後同氏のほかの作品も読んでいきたいと思う。

全581件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

三島由紀夫(1925.1.14~1970.11.25) 小説家、劇作家。
東京生まれ。学習院時代から文才を注目され、1944年、東大入学と同時に『花ざかりの森』を刊行。47年、東大卒業後、大蔵省に勤務するも、翌年辞職。49年、『仮面の告白』で新進作家として地位を確立。『金閣寺』『鏡子の家』『近代能楽集』など、強固な美意識で彫たくされた作品を発表。海外での評価も高い。68年、楯の会結成。『豊饒の海』の最終回を書き上げ、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地東部方面総監室に立てこもり、割腹自決。

「2017年 『告白 三島由紀夫未公開インタビュー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

仮面の告白 (新潮文庫)のその他の作品

仮面の告白 単行本 仮面の告白 三島由紀夫

三島由紀夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘルマン ヘッセ
三島 由紀夫
遠藤 周作
フランツ・カフカ
梶井 基次郎
三島 由紀夫
谷崎 潤一郎
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

仮面の告白 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

仮面の告白 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする