禁色 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.61
  • (123)
  • (175)
  • (335)
  • (20)
  • (2)
本棚登録 : 1934
レビュー : 175
  • Amazon.co.jp ・本 (704ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101050058

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 老作家・檜俊輔が、かつて自分を袖にした3人の女に復讐するために、同性愛の美青年・南悠一を傀儡にして3人の女を悠一の虜にしてしまう。
    スリリングなストーリー展開に、当時のゲイ社会に取材したリアルな描写、三島特有の文体、これでもかとばかりに浴びせられる豊かな語彙があいまって、最後まで読み飽かなかった。
    やはり日本最高の小説家は三島由紀夫だ、間違いない。

    随所随所で三島の美意識が爆発していておもしろい。
    以下は特に気に入った箇所の引用。

    「芸術というやつはどうしてこうも醜さに口実を与えるのだろう、それも天下御免の口実を」(p106)

    「何の責任も義務も負わないことが美しいものの道徳なんだ。美は自分の不測の力の影響についていちいち責任を負っている暇がないんだ。美は幸福なんかについて考えている暇がないのだ。まして他人の幸福なんぞについて。……しかしそれだからこそ美は、そのために苦しんで死ぬ人をさえ幸福にする力をもっているんだ」(p193)


    三島本人のその後の人生を予見するような言葉に遭遇して何度も「おや」と思わされた。たとえば次のような文。

    「彼らは社会を向うにまわして(中略)挫折に終わることのわかっている感傷的なクウ・デタや、さまざまの悲劇的な青春を夢見たのであった」(p485)

    「しかし、死において、自殺という行為と、生の全的な表現との同時性が可能であることは疑いを容れない。最高の瞬間の表現は死に俟(ま)たねばならない」(p568)

    三島がこの本を書き上げたのは28歳のとき。
    そのときすでに自らの死のシナリオを頭の中に描き始めていたんだろうか。

  • 三島由紀夫の文章は絢爛過ぎてあんま長いこと読んでると疲れちゃう(笑)嫌いじゃないし、すごい、って圧倒されるんだけど、覚悟がいります。後半は飛ばし気味に読んでましたー先生ごめんなさい。
    性欲を感じるのが少年だけ、という美青年の男色家っていう主人公?だけど、性欲を感じるだけで拘泥がないのって、女から見るとそれ愛を知らないんでは、と思ってしまう。まあ、愛ってテーマの作品でもないのだろうが。最終的に檜俊輔に死ぬほど愛されて終わるから、そこがパラドックスというか。でも23歳って愛を語れるほどの年齢でもないだろうに。それくらいで結婚しちゃう親孝行さが悲劇だったのかな。妻へ向かうべき性欲が他に向いてしまうことについて罪悪感を覚える繊細さも彼の悲劇だ。どんなに美貌でも、幸せになるって難しい、てことか

  • 三島由紀夫が26歳の時に書いた「仮面の告白」と並ぶ男色小説。

    老いた小説家は自らの醜さと、そのことによって(と本人が考えている)自分を捨てた女たちへの復讐のために、男性しか愛せない美青年を利用する。
    しかし従順だった美青年は男たち、女たちとの関わりの中で、小説家の手を離れ、彫像から「人間」になっていく。

    発表当時、男色を社会に対するプロテストと解釈した批評家が多いようだが、三島にとって敗戦後の日本は醜く変貌していくばかりであった。だからこそ益々強くなる「美しきもの」への憧れがこうした形になったのだろう。

    さらに、青年は自らの美しさを愛されれば愛されるほど醒めて行き、一人の人間になっていく。三島にとってそれは幻滅だろうが、それをあえて描いたところに、どうにもならない戦後日本に対するニヒリズムが見て取れるような気がする。

    青年は妻との間に子どもをもうけるが、その行為は当然欺瞞である。だが、彼は多くの男たちと交わるものの、そこに精神的な恋愛感情がまったく見えない。逆に、青年は難産に苦しむ妻や、自分をストイックに愛し続ける元伯爵夫人に愛情を感じたりする。

    徴兵検査で丙だった程ひよわだった三島が、たくましい男性の肉体に憧れたことは容易に理解できる。その証拠に、三島は30代で肉体改造に打ち込むことになる。おそらく三島は男性を愛するというよりも、その肉体を愛したわけで、これを男色というのか、男色に精神的な恋愛感情があるのかどうか私にはよくわからない。ただ、結局誰も愛さない青年の姿が、三島の中に棲んでいたことは否めない。

    ところで、三島の作品を読む度に不思議な感覚にとらわれる。三島の空虚さだ。美しい色を創り出すがそれ自体は無色透明なプリズムのような。。。それが何なのかに触れるためにも、彼の作品は読み続けたい。

  • あらすじだけでもとんでもなく面白そうなのに、文章の素晴らしさがたまりません!
    こういうのを読むと、純文学の作家さんの、一般人がどうしても言語化できない矛盾やいびつな感情をきちんと言葉にする能力に感嘆せざるをえません。

    康子って、結婚した途端にどうしてあんな大人しくなってしまったのでしょう?冒頭の登場シーンとはかけ離れ過ぎていて、そこだけしっくりこなかったなぁ。

    醜さってまず自身から破壊していきますけど、美しさは周囲から破壊していくんですね。

    三島由紀夫は自決さえしていなければ、サリンジャーは作品を発表し続けてさえいれば、二人ともノーベル文学賞獲れたんだろうなぁ、と思います。

    11.10.10

  • 愛することの葛藤、そして愛は同性・異性関係なく、難しいものだとも。三島の文体は、苦手な人もいるだろうけれども、私は大好き。綺麗で深い。

  • ああ、もっとギリシャ哲学が理解できていれば
    登場人物の役割がわかるのになぁ

    主人公を中心に回る星座みたいな物語...
    つまり誰も心も体も近付くことはできない。

  • 私自身、初の三島作品。

    「美しさ」の捉え方、認識、意味。
    本作を読み進めるにつれ、これまでそれほど意識せずに過ごしてきた「美」に対する感度が強烈に高まったように感じます。
    男色を素材にしているからこそ、登場人物の美醜がより際立ったのかもしれませんね。

    今の時代からすれば少々難しい文字や熟語や言い回し。
    そして、これによって表現される抽象的な概念たち。
    文章の難易度の高さ(素人にとっての読みにくさ)に丁寧に寄り添おうとすることで、素人読者である私自身の思考もより深まっていくのを感じました。

  • 『男色の景色』(https://booklog.jp/item/1/4044004609)という本に色々三島のそっち系情報(本書登場人物のモデル等)があったので、改めて読み直したくなり再読。久しぶりに手に取ったらめっちゃ分厚い。

    還暦をとうに過ぎた作家・檜俊輔は、三度の結婚を経て最後の妻が若い男と心中してから今は独身。女好きだが女にモテず、三度の結婚のみならず恋愛は悉く失敗に終わり、結果、女性全般を激しく憎悪するにいたる。にもかかわらず、性懲りもなく、康子という19才の若い女に夢中になっている。

    康子の浮気を疑ってストーカーしたところ、びっくりするくらいの美青年・悠一が登場。親の代からの許婚で、康子は彼に夢中。悠一のあまりのイケメンぶりにさすがに潔く手を引こうとした俊輔に、しかしなんと悠一からの仰天告白。悠一は実は同性愛者で女性を愛せないので康子との結婚を躊躇しているが、病気の母への親孝行&経済的な理由で結婚せざるをえないだけだという。これを聞いた俊輔は、金銭的援助と引き換えに、悠一の美貌を利用して憎むべき女性たちに復讐しようと企て・・・。

    それにしても檜俊輔という老人の醜悪さよ。ろくでもない男に引っかかりがちな女性が「男運がない」と言うのは実は「男を見る目がない」だけなのと同じで、檜俊輔が女性全般を憎むのは、女や女運が悪いのではなく、ひとえに彼自身に女を見る目がない=内面ではなく若さや美貌を重視する彼の好み(ただのメンクイ)に問題があるだけ。美人局だった鏑木夫人を恨むのはまだわかるが、康子や恭子に関してはそもそも若く美しい娘が本気でおじいちゃん相手に恋心を抱く可能性は限りなく低かろうにその客観的判断ができない。それを逆恨みとは恐ろしい。なぜかウェルベックの『闘争領域の拡大』に出てくる非モテ男子たちの姿が重なった・・・。

    自分を愛してくれる理想の女がいないがために女全部を呪詛するにいたる俊輔おじいちゃんですが、理想の男はみつけました、それが悠ちゃんです。俊輔が欲しかった若さと美貌、女に心動かされない精神。そうして俊輔は、悠一という理想の容器に自分の精神を注ぎ込む。純真だった悠一が俊輔の影響でどんどん悪徳に染まっていくさまはさながらヘンリー卿に感化されていくドリアン・グレイのよう。しかし悠ちゃんは、どれほど悪徳を重ねても本質的に汚れない得な性分、破滅するのは結局俊輔おじいちゃんのほうだったという皮肉。ラストシーンはヴェニスに死すを彷彿とさせられたけれど、悠一をドリアン・グレイになぞらえるなら俊輔はヘンリー卿ではなく肖像画よろしく悠一を美しく保つためにその内面の醜悪さを我が身に引き受けてしまったのかもしれない。

    復讐のターゲットにされる女性たちでは鏑木夫人が圧倒的に魅力的。恭子も好きだけれど出番自体が少なく、康子は序盤の俊輔に対する小悪魔ぶりからしたら結婚後のキャラ変がちょっと謎だった。

  • 美=破滅思想が強い、絶世の美青年を愛した人は男も女も誰一人幸福にならない。主人公のおじいさんの文学論が長いし、結局おじいさんはなにを成し遂げたいのか、成し遂げられたのかわからないまま自殺して終わってしまった。美青年に懸想した美少年も全員振られる。文学論や思想論が沢山あって読みにくいけど全体的に花王愛の劇場みたいな、ゲイの美青年まわりの痴状のもつれ話が主なので読んでいて喜劇に思える。(鏑木伯爵と自宅セッが夫人にバレたあたりが最高に笑える)春の雪の聡子が出家したように、美青年の夫がゲイだと知った嫁が喜びもしないし悲しくもないマインドフルネス?の世界に行ってしまったけど、仏教徒とサイコパスの脳が近いって言われてる感覚が分かった。

  • 三島由紀夫は初めて。こんなにも色恋と情欲の様を生々しく描けるものかと驚いた。恋の鞘当の描写が素晴らしく、また登場人物全員の恋の仕方がそれぞれ全く異なっており、よくここまで書き分けられるものだと関心した。
    ラノベに慣れた目には「誰から見ても気持ちがダダ漏れ」というパターン以外が出てくるというだけで大分驚いた。小説の表現能力の凄さを久しぶりに思い出された。
    人物がみな人間臭いのも良い。特に老作家のルサンチマンは素晴らしい実在感がある。
    ゲイ界隈の描写も真に迫っている。深夜の発展場公園、ルッキズムが支配するヒエラルキー、ことが終わったあとのドライな関係、どれも絶妙ならしさがあってすばらしい。
    女性たちが復讐されるだけの相手で終わらないところなど、話運びも最後まで気を抜かせず、本当に面白い作品。

全175件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

三島由紀夫(1925.1.14~1970.11.25) 小説家、劇作家。
東京生まれ。学習院時代から文才を注目され、1944年、東大入学と同時に『花ざかりの森』を刊行。47年、東大卒業後、大蔵省に勤務するも、翌年辞職。49年、『仮面の告白』で新進作家として地位を確立。『金閣寺』『鏡子の家』『近代能楽集』など、強固な美意識で彫たくされた作品を発表。海外での評価も高い。68年、楯の会結成。『豊饒の海』の最終回を書き上げ、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地東部方面総監室に立てこもり、割腹自決。

「2017年 『告白 三島由紀夫未公開インタビュー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三島由紀夫の作品

禁色 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする