潮騒 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.65
  • (532)
  • (802)
  • (1250)
  • (87)
  • (16)
本棚登録 : 6909
レビュー : 844
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101050072

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 見事なハッピーエンド。
    そうなるのはわかっていながら読むんだけど、それでも十分に楽しめる。
    ストーリーがどうこうじゃなくて、文章や表現の仕方や、人物の心理描写などが面白い。
    個人的には、蜂に拍手喝采。

  • 純朴な漁師と海女の若いふたりが互いを思い合う話。プラトニックな純情が息づく物語がうつくしく精緻な筆で綴られている。後書きにあるとおり、古代ギリシアの散文作品『ダフニスとクロエ』に着想を得て書かれた作品であるそうだが、確かに肉体についての描写はギリシアの逞しい彫像を思い起こさせた。

  • 三島由紀夫の作品で最も読みやすいとのことだったので読んでみることにした。

    本土から離れた小さな孤島で罪を知らない男女が困難を乗り越え結ばれる青春恋愛小説。読んでいてとても微笑ましい気持ちにさせられる。

    もちろん私はこの小説の舞台の島に行ったことはないが、島の空気や人々の人柄などをとてもリアルに感じることができる。

    物語全体を通して主人公たちの力では克服することが出来ないような困難は起こらないので安心して読み進められる。

    誰もが経験する青春時代の話だからここまで読みやすいのだろうか?

  • 三島由紀夫のイメージとは違い、王道の純愛モノ。可もなく不可もなしといったところか…?

    印象的だったのは「その火を飛び越えてこい!」といったところかな

  • 大学生のころ読んだ。
    ヒロインと、男主人公のお母さんが素潜り対決する場面だけすごく覚えてる。

  • 予想外のハッピーエンドの物語だった。
    DVDを見ようとTSUTAYAに行ってみたけれど、目当ての山口百恵版はなかった。吉永小百合版はあった。
    初めての三島由紀夫。でもこの作品は、三島由紀夫の作品の中では、異質らしい。
    次は、何を読もうか。

  • 三島由紀夫ということで腰が引けたけど、読みやすくて面白い。

  • 何年経ってもいい話です!

  • 昨年最後に読んだ本となった。
    初めての三島作品。映画などにもなっているようだけど一度も見たことがなく、真っさらな状態で読めたのは良かったが、イメージにある三島由紀夫とのギャップを感じ、少し拍子抜け。

  •  今までに何度か読んだ。それに映画化もされているので、それも何度となく見た。初めて読んだのは小学校の一人だけの図書室だった。たぶん「少年少女日本文学……何とか」というシリーズだったように思う。内容を全く知らずに開いたページが、たまたま観的哨で初江が新治に「その火を飛び越して来い」というシーンだった。初めてそんな場面をドキドキしながら読んでいた。そこへ突然一人のオマセ女子が入って来て、私の持っている本を見るなり「いまスケベなところ読んでたでしょ」と指摘したのだ。スケベかどうかは別にして、その指摘は図星だったので私は返事さえ出来なかった。良く考えてみると、どうして彼女はそれがわかったのか。彼女は既に読んで知っていたのだ。

     今回改めて読んでみて、三島文学の中では一味違う一作ではないのかという気がした。偶然にもCATV で吉永小百合主演の「潮騒」が放送され、こちらもあらためて鑑賞した。その後も山口百恵でリメイクされたりして、何度も観ている作品だが、それぞれ味わいがある。これまで5回制作されているそうだ。

     今回の文庫版で佐伯彰一氏が「三島由紀夫 人と文学」と題して解説している。これを読んで「潮騒」に対する違和感がほぐれた。佐伯によると「潮騒」はギリシャの小説「ダフニスとクロエ」という古典を日本に置き換え、自分の小説的世界を作り上げようとした。この時期に『卒塔婆小町』『綾の鼓』など、能の現代的翻案を試みている。確かに『近代能楽集』はそうだった。「潮騒」はその小説版といえるそうだ。

     この「潮騒」が発表されたのは昭和29年、私が生まれる2年前だ。性的描写が全くない、血の臭いのしない作品が、この時期に三島によって書かれていたことにある種の感動を覚える。これで私が感じた違和感が解消されたと思える。

全844件中 111 - 120件を表示

著者プロフィール

三島由紀夫(1925.1.14~1970.11.25) 小説家、劇作家。
東京生まれ。学習院時代から文才を注目され、1944年、東大入学と同時に『花ざかりの森』を刊行。47年、東大卒業後、大蔵省に勤務するも、翌年辞職。49年、『仮面の告白』で新進作家として地位を確立。『金閣寺』『鏡子の家』『近代能楽集』など、強固な美意識で彫たくされた作品を発表。海外での評価も高い。68年、楯の会結成。『豊饒の海』の最終回を書き上げ、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地東部方面総監室に立てこもり、割腹自決。

「2017年 『告白 三島由紀夫未公開インタビュー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

潮騒 (新潮文庫)のその他の作品

潮騒 (1955年) (新潮文庫) 文庫 潮騒 (1955年) (新潮文庫) 三島由紀夫
潮騒 単行本 潮騒 三島由紀夫

三島由紀夫の作品

ツイートする