獣の戯れ (新潮文庫)

  • 449人登録
  • 3.35評価
    • (21)
    • (32)
    • (105)
    • (10)
    • (2)
  • 46レビュー
著者 : 三島由紀夫
  • 新潮社 (1966年7月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (181ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101050126

獣の戯れ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 三島由紀夫だな、と感じられる美しい文章。まるで、モノクロ映画を見ているような感覚にさせられる作品でした。それなのに、不思議に思ったのは、優子の顔がイメージできなかったことです。

    「この人のためなら何でもしてあげたい」と思える相手と出会えるのは幸せなことだろうか、それとも不幸なことだろうか。
    自己犠牲といえば聞こえがいいが、幸二は、逸平と優子に選ばれた道具でしかなかったように思える。
    私が幸二なら、数奇な三角関係から逃れようと、必死で藻掻いていたと思う。

  • あらすじは分かりやすい。作品内にも「ここにまず不幸な絶望的な女がいる。気儘な冷酷な良人がいる。血気さかんな同情者の青年がいる。それでもう物語は出来上ようなものだった。」とあり、他人の妻に恋する話である。結末は冒頭に悲劇として出ちゃってる。
    なんの変哲もない道具を不幸な要素として描いている部分もあり、さまざまな仕掛けがあるようだ。自分に読み取れてるのかな……

  • 映画を観ようと思ってその前に原作をという動機で手にとった。おそらく、映画は映画で面白く、原作は小説ならではのよさに満ちているのだろうと思った。文章の一つ一つが三島由紀夫らしく、流麗というか美しい文章だと想います。今の生活のテンポとは離れた印象を持ちますが、こういう文章を落ち着いて読むことは幸せなのだと思います。

  • 2003年 読了

  • 妻に嫉妬をさせたくて情事を重ねる肩書きと資産を持ったおじさんとその気位は高くても頭は弱そうな妻。
    大学の後輩としておじさんの会社にアルバイトとして入り、妻への同情から出会う前から妻に恋してしまった血気盛んな若者。

    情事の現場に妻を伴って乗り込んだ若者は、おじさんを偶然手に入れたスパナで殴り、半身不随と言語障害にさせてしまう。
    刑期を終えて西伊豆に移住したおじさん夫婦の元へ住み込みの手伝いをするようになった若者は、最終的に妻とともにおじさんを絞殺してしまい、死刑となる。
    短い小説だけど、いろいろみんなで感想を話し合ったり
    すると面白そうなお話でした。

    結局は、おとなしそうに見えて自分だけが大好きだった狭い世界で生きている妻に2人の男が翻弄されて殺されたお話って感じでした。

  • 嫉妬することのない妻・優子を嫉妬させたいがために他の女と関係をもつ逸平。そんな優子に同情をする学生・幸二。あるとき優子と幸二は逸平の他の女との情事の現場に居合わせる。話し合いも実を結ばず泣き崩れる優子を逸平が打ったのをきっかけに幸二はたまたま拾ってあったスパナで逸平を滅多打ちにする。出所後、優子の元に引き取られた幸二は、不随を抱え、失語症になった逸平に再会するが常に朗らかな微笑を湛えた彼は昔の逸平とは違っていた。逸平という失語症の「穴」を中心に回り出す新しい生活。幸せに感じられるその生活になぜか幸二は不信感を抱いていた・・・。逸平が本当に考えていたことは「死にたい」ということだけだったのか。それとも幸二が言ったように自分という存在を中心に優子と幸二にエロスを立ち回らせ楽しんでいたのか。それとも両方か。逸平を絞殺し逮捕された後、3人の墓を並べてくれと頼む優子と幸二。最後に優子が言う「わたしたち本当に仲がよかったんです。信じてください」という言葉がせつなかった。

  • 好きだ

  • 青年どもには解りえない大人の純愛物語である。尋常とアブノーマル。あなたはどちらですかと読者に問うている。

  • 今まで読んできた三島由紀夫作品の中では一番「それでどうなったの?」と思うことなく本を閉じることができた作品。

  • 奇妙で幸福な三角関係の果ての「愛」、そして「死」。決して有名ではない作品にも、三島由紀夫の魂はくっきりと描かれています。

全46件中 1 - 10件を表示

三島由紀夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
安部 公房
梶井 基次郎
安部 公房
谷崎 潤一郎
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

獣の戯れ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする