美しい星 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.56
  • (97)
  • (139)
  • (244)
  • (27)
  • (8)
本棚登録 : 1681
レビュー : 186
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101050133

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ある田舎の平凡な家族。彼らそれぞれがある時に円盤を目撃したことにより覚醒する。すなわち、自分らは実は宇宙人でそれぞれ違う惑星からやってきたのだと。そして、核兵器におびえる冷戦時代を背景に、人類に正体を隠しつつ彼らの人類救済事業がスタートする・・・。

    三島由紀夫にしては風変わりなシチュエーションの小説だが、SF小説を装いながら自分にはブラックコメディーの小説のように思え、エスプリの効いたユーモアには大いに楽しませてもらった。(笑)シチュエーションは奇想天外だが、きめが細やかで端正な文章表現から生み出される真面目な精神展開や情景描写にて、ここでもほとんど隙が無い完璧な美意識が展開されており、それがまた可笑しみをも誘っている。
    それぞれ別の惑星人だという家族それぞれの思惑の違いが物語の幅を大いに広げ、滑稽さも煽っているのだが、とりわけ、政治にうつつを抜かす長男と、宇宙人的(!)恋愛に浸る美少女の妹の様相は、一見風変わりではあっても、政治へ常に介在しようとする想いや、美少女の一途な破滅的な儚い精神と肉体といった三島節が炸裂していて、このあたりは三島ワールドテンコ盛りの楽しい世界でもあった。そして、彼らに横たわる精神の暗闇を乗り越えて、本性的には異なるはずの彼らの人間的な「家族の絆」の姿は、悲劇的な状況であったにもかかわらず、やはり喜劇のスパイスが充満していて、何とも微笑ましい限りであり、「家族」に対する挑発的な皮肉にも感じられた。
    中盤に登場してくる敵対勢力の異星人は人類を核兵器にて美しく滅亡せんと画策していて、これがまたぶっ飛んだ連中なので何とも可笑しい限りであったが、彼らとの終盤での人類救済か滅亡かの議論は、三島の人類論、人間論、近未来終末論が対比効果により縦横に展開される白眉なクライマックスであり、この小説の構成の力強さを示すとともに、三島の社会や政治やひいては人類全体への挑戦であり、こうした奇抜なシチュエーションの文学的成功であったともいえる。
    しかし、三島が一方で夢想した終末にはついに到らず、現在も漫然と進行している人間の歴史。本作に通底していた通り、三島も最後は個々の「絆」の確かさを理想として期待していたに違いない。
    異色作であるというが、三島ワールドのエッセンスと三島の思考が十二分に詰め込まれた出色な文学作品であったと思う。

  • 面白かったです。
    ある日、自分は地球人ではなく異星人である、という意識を持った家族のお話。
    それぞれ星が違うので、考え方も違うのが興味深いです。
    そして、家族とは別の場所で異星人という意識を持った3人との考えの違いが面白かったです。
    「美しい星」を目指すも、重一郎は人類を救おうとし、3人は人類を滅ぼそうとする。3人が重一郎にキツい言葉を浴びせるシーンは辛かったです。
    黒木が一雄ではなく3人を選んだことで、人類は滅亡に向かうのかなと少し思いました。
    先に映画を観たのですが、原作の方が深みがあって、映画はエンターテイメントだったんだなと思いました。佐々木蔵之介さんの異様さがよかったけど。
    ラストは、映画と違って、家族みんなが地球を離れるのですね。
    三島由紀夫は、人に好意と絶望を抱いていたのかなと思ったりしました。

  • 久しぶりの三島作品。珍しいSFチックな小説。空飛ぶ円盤を目撃したことをきっかけに、自分たちは宇宙から来たものだと確信した家族。そこから、人間の傲慢、強欲、軽薄、核戦争の危機を引き起こす愚かさを嘆きつつ、人類救済のために密かに活動を始める。これに対応し、無視するもの、賛同するもの、対立するものが現れ、様々な衝突や出会いを繰り広げる。三島のその後を知っているので、登場人物の言動は全て三島の言いたかったこと、自分も自覚しているけど否定したかったことではないかと思える。こういうことを含めて「美しい星」なのか、「美しかった星」なのか考えてしまう。

  • 初、三島由紀夫。これは素晴らしい。なんとも、面白く突き刺さる。とても深い人間物語。

  • 「美しい星」

    2017年5月26日公開
    キャスト:リリー・フランキー(主演)、亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子
    監督:吉田 大八
    http://gaga.ne.jp/hoshi/

  • 宇宙人としての意識に目覚めた父。
    最初はその言い分を笑って聞いていた家族も
    じきに「霊感」に打たれて父に従う。
    彼ら四人家族は
    各々別の惑星から地球に飛来した霊魂を宿し、
    今では肉体も精神も「それ」に支配されている――

    という設定から、

    ・フォリアドゥならぬ四人狂気?
     folie à quatre(四人狂い)、
     folie en famille(家族狂い)と呼ばれる感応精神病。
     一人の妄想がもう一人に感染し、
     複数人で同じ妄想を共有することが特徴。

    ――かと思ったが、そうではなかった。
    至って真面目に
    人類を核戦争による滅亡から救うべく奮闘する父親と、
    俗物なりに夫を信じて寄り添う妻、
    それぞれ悩みを抱えながら
    父を支えようとする息子と娘の姿が描かれる。

    終盤の、父 vs 一家を敵視する仙台の三人組による
    人類の存亡を巡る激論の場の雰囲気は、
    埴谷雄高『死霊』を彷彿させる迫力だけれども、
    四人家族の言動は終始、特に父と娘が真剣な分だけ、
    どうしても滑稽に映ってしまう。

    とはいえ、第七章、
    作者自身の歌舞伎の演目「鰯売恋曳網」に
    言及する箇所の
    自虐的セルフ突っ込みは素敵(笑)。

    ところで、第一章(p.15)
    下記の「宇宙人」を「吸血鬼」に置き換えても
    話が通じるな……と、
    萩尾望都『ポーの一族』を思い浮かべて
    ニヤニヤしてしまった。

    -----
     宇宙人としての矜りを持つことは結構だが、
     少しでも傲慢になれば、
     それだけ裸になることであり、
     世間から見破られる危険も多い。
     自分たちの優越性は絶対に隠さねばならぬ。
     世間は少しでも抜きん出た人間からは、
     その原因を嗅ぎ出そうと夢中になるからだ。
    -----

    • mkt99さん
      深川夏眠さん、こんにちわ!(^o^)/

      そうなんですよね。
      真面目であれば真面目であるほど可笑しみがあるんですよね。

      人類の方...
      深川夏眠さん、こんにちわ!(^o^)/

      そうなんですよね。
      真面目であれば真面目であるほど可笑しみがあるんですよね。

      人類の方が狂気に満ちていると言いたかったんでしょうかね・・・。

      「宇宙人」を「吸血鬼」に置き換えても・・・。
      なるほど!いろいろと置き換えて楽しめそうですね!(笑)
      2016/07/31
    • 深川夏眠さん
      おおっ、ありがとうございます!

      この本はいろいろな方が三島の異色作!
      と言っておられるので
      興味津々で買ったものの、
      一年近くも...
      おおっ、ありがとうございます!

      この本はいろいろな方が三島の異色作!
      と言っておられるので
      興味津々で買ったものの、
      一年近くも寝かせてしまいました(笑)。

      東西冷戦下という時代背景があって、
      いつ、一瞬にして「世界」が終わっても
      不思議ではない、それを食い止めたい……
      という真剣な気持ちは
      伝わって来るのですが、
      異様に真面目過ぎて270°くらい(?)
      回転した奇怪な面白さを感じました。

      仙台チーム(笑)の脳内イメージが
      どうしても楳図かずお絵の「悪い大人たち」
      になってしまって困りました(;・∀・)ゞ

      ラストに、あの一家にとっての「救い」が
      訪れたので、読後感は悪くなかったです。
      2016/08/01
  • 純文学の作家がSF書くと変な小説になりますね。大江健三郎の『ピンチランナー調書』とか。それがいい味だしてる、そんな気がします。

    最近になって映画化されたので、そちらもおすすめ。平沢進さんの挿入歌『金星』が素晴らしい。
    https://gaga.ne.jp/hoshi/

  • 三島はミステリーやらSFやら通俗的なものは・・・という残念感を再認識した。昔、これだけ買わず終いにした理由を再発見しただけだった。

  • 本屋の平積みでこの本に目が止まったとき、正直「何事だろう」と思ったのでした。
    うっかりしていたのですが、2016年に映画化されていたのですね。それで再び見注目されたのでしょうね。

    SF空飛ぶ円盤小説ものといい、著者が純文学の三島由紀夫氏いい、書かれた年代が1962年(昭和37年)といい、当時話題になっていいのです。

    1962年ころと言えばSFは別世界の文学で、むしろ漫画的な軽いジャンルでしたよ。解説の奥野健男さんの文章にも雑誌に連載中「大丈夫か?」とはらはらしながら読んでいらしたとか。

    でも大丈夫、あれよあれよという間に引き込まれて、設定時代を忘れてしい現代にも通じる暗喩・比喩がありました。特に人間に化けているとされる宇宙人たちの派閥争いの議論は圧巻です。(解説の奥野さんはドストエフスキーのカラマーゾフの兄弟における「大審問官」の章のようだと)

    宇宙戦争は何も武器を取って戦うだけではありませんのね。しかも三島流唯美主義のきらびやかな文章。「人間に化けている」大杉家家族の生活をなんと巧みに描写してあることか。

    それにわたしには昭和37年という年代に注目してしまいます。
    そうでした、当時はソビエトとアメリカが核実験競争をしていて終末的な不安もありました。冷戦時代と呼び、ケネディ大統領暗殺もこの後すぐ、三島由紀夫氏に至ってはこれから10年たたないうちに衝撃的な死を選びました。

    「美しい星」になってほしい地球はこの小説が書かれてすぐ、月に到達したアメリカの宇宙ロケット乗組員の「地球は青かった」が今にして思えば皮肉なものです。

    翻って現代、世界戦争の危機は去っていません。中国が月の裏に到達したとか、北朝鮮が宇宙開発のため(うそ)大陸間弾道弾ロケットを飛ばすやら核実験やら、アメリカもロシアも何やってるのだか・・・。ますます複雑になりました。少しも安穏な世界になってません。

  • 三島由紀夫のSF小説。(!)これまで読んだ三島由紀夫の小説で一番好きです。
    あるときUFOを見たことで、それぞれ地球ではない星から来たことに気づき、使命感に目覚める家族の話。

    この小説には、苦しみながら生きる人類を全員安楽死させ、美しい星にしようと目論む異星人も登場するのだが、障害者施設を襲った、相模原の事件を思い出す…。
    そして相模原の犯人も「UFOを見た」と言っているそう。
    奇妙な符合だ。三島由紀夫は時代を見越していたのだろうか。

    地球を滅ぼそうとする勢力と地球を守ろうとする勢力とのやりとりが非常に哲学的で文学的で、考えさせられた。

    彼らは本当に他の星から来たのか、そういう妄想にとりつかれただけなのか、
    まあ後者なんだろうけれど、
    そこらへんが最後まで明かされず、余白が残されている点がとてもよかった。

    信じたいものが、真実でいいのだ。

  • 家族全員が自分のことを宇宙人だと妄想しているように読んだ。そういう意味で、すこしぎょっとする設定の話だったが、人間の心の仄暗さや、現代社会の複雑さに対応する人間の振る舞いや有り様、また家族の在り方など、人のこころの機微を丁寧に奥深く描いていて、流石だなと思う。

  • 三島由紀夫が宇宙人に興味を持っていたなんて知らなかった。美を愛する金星人の考え方が、三島に一番近いのだろうか。なんだかこれって血液型占いみたいだ。「おおらかなあなたは木星人タイプ☆」みたいな。火星人の父、木星人の母、水星人の兄、金星人の妹、白鳥座の悪者たち(?)、みんなそれぞれ個性豊かだけど、宇宙人だという説得力は皆無なので、読み終わっても本当に宇宙人なのかそう思い込んでいるだけなのかわからなかった。暁子が処女懐胎を信じ込むところとか滑稽すぎて、かえって人間のあほらしさを表しているように見えた。現実から目を背けているだけなんじゃないの、と。

  • ある家族が、UFOを目撃したことにより、自分達は地球人ではなく異星人だと自覚をするところから始まる話。
    三島が星新一や石原慎太郎らとUFOなどを研究していたことは知っていたので、三島ファンではあるがあらすじを読んで正直、大丈夫か…これはその会の会報誌に載せるだけにしておいた方が良かったのでは…と不安に思いながら読んだ。
    全くの杞憂だった…。
    何で?!
    何でこの始まりできっちり三島文学が仕上がってるの?!
    ああーやはりとんでもない文章力。
    敵対勢力が出てからが俄然面白い。
    クライマックスの論争は、反対のことを述べているけれど、どちらの考えも三島の中にあったのだろう。
    登場人物も、人のいやらしさまでそれぞれきっちり書き込んでいて、さすが。

  • 文庫本の巻末に付された解説のとおり、主人公の大杉重一郎と羽黒助教授一派との議論の応酬は、カラマーゾフの兄弟の大審問官の問いを想起させる、この作品の山場の一つなのは間違いない。

    だが私はこの激論のなかに、三島が昭和45年11月25日自衛隊市ヶ谷駐屯地で自衛隊員を前にバルコニーで行った演説や檄文の要素が多分に含まれていると感じ、戦慄した。
    自衛隊員に決起を促し、ひいては日本の再生を説いた三島の行動は、大杉が世界を救おうとしたのと同様に日本と日本人を救おうという発想によったのではないか。
    そして、その想いが聞き入れられないと判ったときの焦燥や諦念ののち、大杉が、蝋燭が燃え尽きる直前のような自分の生命の最後の時点で、改めて円盤が発する光を生命を賭して自分の目で確認しようとしたのと同様に、三島も、自衛隊員からの怒声を背に、総監室で自分の腹に刃を突き立てることで「瞼の裏に赫奕として昇る日輪」を自分の目で認めたのだろうか?

    家柄と天賦の才に恵まれ神童と目された一方で、三島は同年代の多くが兵役に行き自分もその番が回ってきたものの、体格で劣るため不合格となり兵隊を経験せず、そのため戦争によって世界が破滅し、自分を含めてすべてものが消滅することを夢見ていたと、別の何かで読んだ。

    つまり、三島自身が自分は一般の人間とは違う“何か”であるという視点で自分を見るような状況だったと言っても過言ではないだろうし(それが宇宙人であるかないかはさておき)、そこからさらに進み、自分にとって世界や人類が「救うに足るもの」かということについて継続的な思考が形成されたと考えても、あながち飛躍し過ぎではないと私は考える。

    『世界や人類が「自動的に」消滅しないのであれば、誰かがその存在意義を吟味して、「継続」か「終了」かの審判を決定づけてあげるべきではないのか?
    さもないと、世界や人類は間違ってばかりいて中途半端に破滅と存続を繰り返し、無為に生きながらえることになってしまう・・・』

    大杉重一郎の行動は、まさにそういう視点からのものであったし、三島についても、大杉の「宇宙人」というのを三島の場合「憂国烈士」と置き換えることで、大杉の描写も三島の人生と同様にがぜん現実味を帯びてくるはずで、この作品を寓話と読み飛ばすことができなくなるはずだ。

    小説世界と現実世界とを混同させるのはもちろん危険だが、もし、この作品が発表された当時、三島の真意どおりに精読できた者がいたとすれば、三島の人生の結末を予想できたのではないか、とすら考えてしまう。
    しかし実際には三島の真意を理解できた者は一人もいなかった。だから三島はああせざるをえなかった。
    逆説的だが、そういうことに違いない。
    (2014/4/21)

  • そのまま読んでも充分楽しめる小説ですが、
    変わった設定ということもあり、
    どうして三島由紀夫はこの小説を書いたのだろうと考えながら読む楽しさもありました。


    僕自身は「理想主義者の物語」と解釈しました。
    それぞれの理想主義者たちが、その理想ゆえ遭遇した類似の現実に異なる解釈を与え、罵倒しいがみ合う…
    実際、UFOとのコンタクトという設定が、そういった理想主義者たちの認知、解釈、思考、行動の対比を描くのにいい仕事してるんですよ。

    宇宙をテーマにしてるだけあり、随所に埋め込まれている星の描写も煌びやかで、表現の面においても、また面白い小説であると思います。

  • 三島由紀夫の本は、前に金閣寺か何かで挫折して以来まったく読む気になれなかったんですけど、この本はすらすらと頭に入ってきて、読みきることができました。

    天才だと思いました。
    いや、天才としか言いようがない。
    異彩を放ってますね、美しい星!
    本来小説ってこうあるべきなのかなとか、つい思ってしまいました。こうあるべきって具体的にどういうことって言われても、うまく説明できないんですけど。笑

    普通、ここまで客観視できないし俯瞰できない!
    発想から何から非凡すぎて、この小説はどれだけのものを内包してるのか…って考えたら、気が遠くなりました。
    もう読んでる間中、無数に枝分かれしてる様が浮かんでました。


    神的視点を持っていると思った。
    三島由紀夫自身が宇宙人なんじゃないの!と思わずにはいわれない。笑


    私が浅いからこんなにも感銘をうけるのか…どうなのか…

    正直、この小説で三島由紀夫が言いたかったこととか、微塵も理解できなかったと思います。
    でも、何か圧倒されるものがあった。
    というか、何も理解できなくても、単純に読んでいて面白い小説でした。
    ユーモアがあるし、三島由紀夫の作品の中でかなり読みやすい小説だと思います。

    いやー美しい星面白いです。
    ぜひまた読み直したい。

    この作品が、三島文学の中でとくに目立った作品ではないということにはびっくりしました。

    どうなってるんだろう。三島由紀夫の思考回路は!

    とにかく、かなり衝撃をうけました。

  • 三島作品にしては異色なSFっぽい内容なんですが、まるで最近の世の中を映してるかのような作品。衝撃で、読みながらなんか頭の中がぐるぐるした。こんなことを書けるなんてさすが天才、しかも書かれたのは昭和37年!今現在に読むのにふさわしい1冊です。

  • 初の三島由紀夫作でしたが、読みやすかった。

    純文学は難しいと思い込んでいた私に、三島由紀夫作品のハードルを下げてくれた一冊。

  • うーん。やっぱり三島文学は自分には合わないということが分かった一作。

    我慢して読み続けてみたものの、終盤の自称宇宙人同士の論争の箇所で本を置いてしまった。なんか非常にくどく感じてしまって、お腹いっぱい。

    何作か三島作品を読んできたが、やはり合わないと決定的に分かったという意味では良かった。

  • 三島由紀夫の(ある意味では)SF小説。読みにくさはあまり無い。
    やはり純文学というか、登場人物の劣等感や渇望感は非常にリアリティがある。SF的な世界観の中にも、現代に生きる我々と似たような息吹を感じることができる。
    宇宙人という設定だからこそ、人間臭さが強調されているように思えた。なんとも巧妙。

    物語は謎の感動を残してフィナーレを迎える。家族小説に弱い読者は、油断してるとホロリと来るかもしれない。

    9章での理念の押し問答は、やや難解で飛ばし読みしてしまった。
    でもそこに三島由紀夫のエッセンスが詰まっていたのかも?再読する時にはきちんと拾いたい。

  • 初の三島由紀夫作品です。中々に面白いといいますか、奇抜な内容だなと感じました。自分達が別の星から来たと信じている家族の物語です。当時の社会情勢も影響していたのでしょう、メッセージ性が込められた作品だと思います。

  • まだ読んでいる途中なので評価なし。
    ちょっと縁があって入手したけど、
    歳を取って心が弱くなったのか、こういう辛い話は読めなくなってきた。
    今のところ読み終える自信ない。
    (2019/01/14)

  • 痺れたーーー!!!
    SFは全然興味がなくて、三島由紀夫であっても買うだけ買って、読む気がしなかった作品でした。

    4人家族はみな、違う星から来た宇宙人で、それぞれに指名を持って家族として暮らしている。
    突飛すぎるでしょ!って内心思いながらも、読み進めていくと、突飛すぎる表現なのになぜかとてもしっくりくる「わかる!」という感覚に陥ってしまう。。。

    難しい言葉を使っているわけではないのにどうしてなんだろう?すごいなあ三島由紀夫。前に読んだ作品でも同じことを感じて、同じように感想を書いた気がするけど、私にはこんな言葉しかないです。とても面白かった。

  • 一家が自分達の事を宇宙人だと気づいて進んでいくストーリーが面白い!
    でも表現が巧みすぎて難しく感じたのでまた読み直したいと思った、、

  • 水爆実験が行われて、核開発競争が盛んだった時代の話。
    三島は果たしてどの立場だったのだろう。
    意外と人類の未来より家族の絆を重視していたかもしれない。

  • ずっと気になっていたけど、なかなか読む機会がなかった本でした。
    終始平沢さんの楽曲が頭の中で流れていました。
    映画化されて「金星」が使われていると知っていましたが、それ以外の曲もとても雰囲気に合いそうです。
    久しぶりの三島はやはり、重厚で重い文体が良いですね。
    ある日一家の父が地球以外の惑星からやってきたと気付くところから始まります。
    それがなんと家族全員に起こるのです。
    しかも別々の惑星出身!
    父親だけなら統合失調症なのかと思ったけど、まさか全員。
    家族の確執、軋轢を乗り越える惑星への憧れ。
    帰郷。
    読み応えたっぷりです。

  • 三島由紀夫による超現実小説。平気で宇宙が出てくる。
    SF的だがそれ以上に社会的で、しっかり得意分野に持ち込むあたりさすがだと思った。

  • 人類とは異なる者であることに目覚めたから
    人類の視点と理解とは一線を画して
    しょうもない、救いがたい存在と解釈し
    その結論として平和・救済/破壊・破滅を唯一の道と
    結論付けた者どもの激しい主張。
    周りを飾る宇宙人のまるで人間的な低俗な冗談とも思える
    滅ぼさねばならない理由や方法に対して
    二人の宇宙人の主張のこれまた冗談のような極端さ。

    破滅の方法が現実的に現れた世界で
    しょうもないことをその出現以来続けてきた
    人類に対する悲しみ、憐れみ、それゆえの可笑しさ。
    心底まじめな顔をしてまるで喜劇。それが滅亡へと
    それとしらず一心不乱に駆け抜けていく悲劇。

  • さすがに三島だな。

  • UFOを見ることによって、自分は宇宙人であるという意識が生まれていく一家。核兵器の脅威にさらされている人類をなんとか救出せねば、とあれこれ行動していくさまが書かれる。解説にもあったが、視点が宇宙人なので、大局的に人類を見ており、人類について壮大に論じられる。ただなんか笑っちゃうようなところもある。

全186件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

三島由紀夫(1925.1.14~1970.11.25) 小説家、劇作家。
東京生まれ。学習院時代から文才を注目され、1944年、東大入学と同時に『花ざかりの森』を刊行。47年、東大卒業後、大蔵省に勤務するも、翌年辞職。49年、『仮面の告白』で新進作家として地位を確立。『金閣寺』『鏡子の家』『近代能楽集』など、強固な美意識で彫たくされた作品を発表。海外での評価も高い。68年、楯の会結成。『豊饒の海』の最終回を書き上げ、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地東部方面総監室に立てこもり、割腹自決。

「2017年 『告白 三島由紀夫未公開インタビュー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三島由紀夫の作品

美しい星 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする