豊饒の海 第二巻 奔馬 (ほんば) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.82
  • (268)
  • (245)
  • (385)
  • (20)
  • (3)
本棚登録 : 2306
レビュー : 235
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101050225

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「春の雪」の松枝清顕とは異なり、飯沼勲はまさに奔馬のような勢いを持つ青年。彼が持つ右翼思想の美学、それが高められた結末は三島の最期と切り離せない関係にあるのではないか。
    輪廻転生についてはこの巻でどんどん謎を帯び、深みが増していく。

  • 爆発的なおもしろさで物語が進行中。

    夭折した清顕が生まれ変わったのは、右翼の大物の一人息子で「大義のために死す」ことを夢見る青年、飯沼勲。昭和前期の不穏な世相の中、「悪いのは政府と財閥」だ、と昭和維新(要するにテロ)実行に命を燃やしている。

    清顕の親友である本多は、裁判官としてエリート街道を驀進しているのだが、ある事件をきっかけに「清顕の輪廻転生」を確信し、合理性に基づく世界観が根本から揺らいでしまう。稚拙な計画が露見して勲が逮捕されたとき、本多は職を辞してまで弁護を買って出るのだった。

    ここからの法廷活劇が最高なのだ。
    「検事は予審終結決定の、単なる殺人予備罪という公訴事実に不満なのである。何とか事件を大きく、できれば、内乱予備罪にまで持って行きたい。そうすることによってのみこの種事件の禍根が絶たれると信じている。が、そう信じることによって、ともすると論理の足取が乱れてくる。大計画から小計画への縮小変更の立証にばかり骨折って、殺人予備のほうの構成要件の充足に手抜かりがある。『この間隙を狙って、できれば一押しに、殺人予備さえ否定してしまおう』と本多は思っていた」(P382)。

    尋問の合間に唐突にはさまれる笑い。本多にしかわからない、背筋に戦慄が走るような転生の新証拠。クライマックスは、勲がひそかに思いを寄せている年上の女性、槇子の証言・・・。

    「勲は『決して憎くて殺すのではない』と言っていた。それは純粋な観念の犯罪だった。しかし勲が憎しみを知らなかったということは、とりもなおさず、彼が誰をも愛したことがないということを意味していた」(P407)

    第1巻は恋愛小説かと思ったら社会派小説でもあった。第2巻は社会派小説ながらつまるところ恋愛小説だとさえ感じる。そして同じように、大人社会の隠ぺいと青年の純粋のぶつかり合いが悲劇へと突き進む・・・

    どうでもいいが、法曹人が戦前から自分のことを「当職」と称していたのがちょっと新鮮(笑)。

  • 春の雪のような、夢の話が漂う印象はなくて勲の話。
    熱いくらいの思想を清顕も勲も持っていたけれど、
    私がなぜだか気持ち穏やかになれるのは、二人とも純粋だからだろう。

    三島さんの文体は、ぼうっと情景が浮上する感じがするから不思議だ。

  • つまらない。途中で挫折。

  • 控訴院の判事になった本多繁邦の前に『春の雪』に出てきた松枝清顕の生まれ変わりである飯沼勲が現れる。純粋な若者は腐敗した政治を正そうと蹶起を計画していくという物語。意外と面白くいっきに読んでしまった。印象的だったのが、本多が飯沼勲と出会う場面と飯沼勲が生まれ変わりであることを確信する場面。

  • 豊饒の海(1)の感想ご参照

  • 勇なき忠義- おにぎりの話。何もしないことは、勇なき忠義。罪と知りつつ進むのが、勇気ある忠義

    純粋とは。

  • 村松剛氏の解説がたいへん参考になる。
    清顕の生まれ変わりの勲。剣道三段であるが、純粋さ、美意識の点ではまさに清顕そのもの。
    神風連史話が掲載されている。
    純粋を貫く勲と、現実を生きている大人達。

  • 「春の雪」に続く輪廻転生を主題とした長篇の第2巻。
    本作では主に右翼テロリストの少年の生き様を描いていました。
    本作も三島由紀夫らしい美しい文章が散りばめられていますが、個人的な印象として「春の雪」は豪華絢爛な桜色や雪の純白や侯爵邸の木々の新緑など艶やかな美を感じ、
    「奔馬」では火焔や血の真紅、純粋で真っ直ぐな心の青など血生臭く青い青春の美を感じました。
    それは清顕と生まれ変わりである勲との対象的な美しさを反映していると思いました。
    個人的に神話も好み宇気比なども理解できたので、神風連史話などが挟まれていることも面白かったです。
    三島由紀夫もこの後事件を起こしますが、とりわけ勲に対しては本人の思想を強く投影し、純粋な青い心で戦いたいという気持ちが強かったのではないかと感じました。
    各巻に於いて、それぞれ個性の違う人間の美しい一瞬を切り取って描かれており、三島由紀夫の文才には感服するばかりです。

  • 滝の所での三つのほくろを見たところで、うわぁーと衝撃受けた。でも、「神風連史話」が私には難解過ぎて、入り込むことができなくなって、へこんだ。
    なんとか乗り越えて読み進めていき、最後の裁判の場面でまた物凄く引き込まれた。
    もう早く続き読みたくてたまらないよー!

全235件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

三島由紀夫(1925.1.14~1970.11.25) 小説家、劇作家。
東京生まれ。学習院時代から文才を注目され、1944年、東大入学と同時に『花ざかりの森』を刊行。47年、東大卒業後、大蔵省に勤務するも、翌年辞職。49年、『仮面の告白』で新進作家として地位を確立。『金閣寺』『鏡子の家』『近代能楽集』など、強固な美意識で彫たくされた作品を発表。海外での評価も高い。68年、楯の会結成。『豊饒の海』の最終回を書き上げ、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地東部方面総監室に立てこもり、割腹自決。

「2017年 『告白 三島由紀夫未公開インタビュー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

豊饒の海 第二巻 奔馬 (ほんば) (新潮文庫)のその他の作品

奔馬(英文版) - Runaway Horses 単行本(ソフトカバー) 奔馬(英文版) - Runaway Horses 三島由紀夫
奔馬 (豊饒の海)の詳細を見る 単行本 奔馬 (豊饒の海) 三島由紀夫

三島由紀夫の作品

豊饒の海 第二巻 奔馬 (ほんば) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする