豊饒の海 第四巻 天人五衰 (てんにんごすい) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.84
  • (234)
  • (168)
  • (305)
  • (21)
  • (2)
本棚登録 : 1953
レビュー : 196
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101050249

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これほど濃密かつ壮大なのに、これほど不可解で虚しい作品ってそうそうないかもなあ…、とひどく侘しい気持ちで読み終えた三島由紀夫最後の大作「豊穣の海」。

    或る一人の魂が、二十年の周期で転生と破滅的な死を繰り返してゆく。
    それに呼応するように、一人の男「本多」が、明治中期から昭和後期までを生きた八十余年の彼の人生の中で、なんとかその「転生者」を破滅から救わんと、何度も手を差し伸べて悉く失敗に終わりながら、結局は彼の人生ごとどっぷり絡め取られていく…そんな狂気じみた様子が、仏教思想を根底に置きながら、「春の雪」、「奔馬」、「暁の寺」、「天人五衰」という四部構成で描かれる壮大なお話です。

    本多の人生を生涯翻弄し続ける、ある人物の転生した姿は、同じものが一つもなく、多様です。

    大正初期、宮家の妃となることが決まった伯爵令嬢・聡子との道ならぬ恋に身を焦がして破滅する、傲慢で美貌の公爵家の嗣子・清顕(きよあき)【春の雪】。
    昭和初期、国の行く末を憂い、政府の要人暗殺に闘志を燃やして凄烈な死を遂げる勲(いさを)【奔馬】。
    昭和中期、享楽と肉欲に身を染めて最期は呆気ない死を迎えるタイ王族の姫・月光姫(ジン・ジャン)【暁の寺】。
    そして、昭和後期、本多が自身の人生の終焉を見越して、傲慢にも運命が変えられるか試みた最後の転生者は…【天人五衰】。

    何度転生を繰り返しても、どの人生の最期も、無意味かつ虚しいもので、それがかえって、輪廻の業の深さのようなものを、「傍観者(記憶者)」である本多や、読者の心の上にひどく重苦しい色彩を持って痛感させていきます。

    また、この四部作の凄いところは、単なる転生ファンタジーにとどまらないところです。
    転生者の種々の人生を眺めるお話という側面は確かにあるけど、それ以上に、本多という一人の男の姿を通じて、一人の人間の一生における変質をつぶさに眺めるお話ともなっているのです。

    第一の生・清顕の親友であった本多。
    彼は、常に情熱の赴くままに破滅を招く清顕の魂とは対照的に、理知を持って己が人生を成功に導きながらも、年齢を重ねるにつれて、歪んだ悪徳や悪意をその身に蓄積させ、やがてそれらを、隠し持っていた傲慢さとともに、じわじわと表出させながら、順風満帆であった人生を、自身の手で破滅に近づけていきます。

    友の魂をなんとか救おうとする善意の姿、世間一般からみた社会的地位のある紳士的な姿とは別の醜い一面が確かに存在し、それが時とともにとどめようもなく肥大化してゆくのです。
    それは、ある意味では、情熱と破滅を繰り返す清顕の魂に対する憧れや、友の魂を救えないことに対する贖罪の気持ちの、歪んだ表出だったのかもしれません。

    本多は、人生の終焉を目前にして、親友・清顕と彼自身の二つの人生を絡め取るに至ったある場所に宿願叶って六十年ぶりの来訪を果たしますが、そこでは、まるで、彼の人生を全否定するかのような残酷ともいえる結末が待ち受けています。

    これには、読み終わった私の心が病みそうになりました。

    この作品は、とにもかくにも、三島由紀夫の情熱とある種の病的ぶりがたっぷりと詰め込まれており、この最終原稿入稿直後に、例の乗り込み割腹自殺をしたとされる曰く付きの大作です。
    壮大な長編で、見事な出来ですが、なかなかに重苦しい展開をしているので、心が元気な状態で、かつ、まとまった時間が持てる方のみにお勧めしたい作品ですね。

  • 三島由紀夫「天人五衰 ~豊饒の海(第四巻)」

    タイトルのとおり、すでに本多は老いている。
    「東京海上や、東京電力や、東京瓦斯や、関西電力の、『品格のある堅実な』株の持主であることが、紳士の資格であった時代」は終わり、「昭和三十五年からの十年間、・・・花形銘柄は日ましに下品になり、日ましにどこの馬の骨かわからぬものになりつつあった」(P127)。つまり、本多は頑迷になっていたのだった。

    毒蛇にかまれてジン・ジャンが死んだあと、本多が新たな生まれ変わりだと信じた青年、安永透は、自分を選ばれた運命の持ち主と信じている。本多はこんどこそ早死にから救おうと彼を養子にとるのだが、透は次第に傍若無人になっていく。

    豊饒の海、とはいわゆる月面の海のひとつのことだという。もちろんほんとうはただの砂漠でしかない。すべてを失った本多が月修寺(月の寺・・・)を60年のときを経てふたたび訪れるシーンでの、「この庭には何もない。記憶もなければ何もないところへ、自分は来てしまったと本多は思った」(P303)という一文は、人生の果てにたどりついたのがまさに豊饒の海であったことを示している。

    これを書き終えたその日、三島は自ら命を絶った。
    本多の独白。
    「自分には青春の絶頂というべきものがなかったから、止めるべき時がなかった。絶頂で止めるべきだった。しかし絶頂が見分けられなかった。・・・絶頂を見究める目は認識の目だけでは足りない。それには宿命の援けが要る。しかし俺には、能うかぎり希薄な宿命しか与えられていなかったことを、俺自身よく知っている」(P131)。

    読後しばしぼーぜん(結末は知っていたのに)。
    三島由紀夫、享年45歳、私もついに年上になってしまった・・・。

  • 『豊饒の海』全4巻の完結であると同時に三島の「白鳥の歌」ともなった作品。昭和45年11月25日「豊饒の海」完と記されているが、その日はまさしく三島が自衛隊の市ヶ谷駐屯地に乗り込み、割腹自殺を遂げた日だ。小説の末尾で本多が月修時の内玄関にたどり着いた時、60年前を回想しつつ「すべては須臾の間だった」と呆然とするシーンがあるが、その日の三島もそんな想いだったのだろうか。小説のエンディングは予想通りであるとはいえ、我々読者をも深く納得させるものだ。本文には出てこないが「色即是空、空即是色」といった観念だろうか。

  • 再読です。
    若い頃はものすごい美青年が転生するってだけで読み切ったのですが(笑)、今となって読むとまさに暁の寺、天人五衰の本田と同じ年代となって、物語の様相は全く変わりました。
    はっきり言って最終巻はかなり面白く読めました。
    天人が衰えて聖なる力を失い死んでゆく様相は大変恐ろしく醜悪で、ついうっかり夢枕爆の「腐りゆく天使」のイメージと重ねてしまいましたが、所詮凡人はハナから天人ではありません。
    なので年老いて醜悪な本田にかなり共感してしまいます。レスビアンの慶子との友情も微笑ましく羨ましいとさえ思ってしまいました。
    自分は選ばれた天人だと証明しようとして、失敗した透の朽ち果てて行くような生き様も、むしろ良いと感じます。

    豊饒の海を読みながらずっと考えていたのは、なぜ清顕が転生するのかと言う事でした。何のために、どんな資格があって???
    清顕はものすごい美青年ではありますが、特に心根が美しいとか純粋と言うわけではなく、むしろ愚かな若者の印象が強かった。聡子との恋も意図的に手遅れにしてしまってから初めて燃え上がり、相手も自分も滅ぼし尽くす道を行く印象。

    その反面奔馬の勲は、若いが故に忠義において誠実で純粋で、わかりやすいです。周りの分別ある大人たちに寄ってたかって止められ、無罪放免にされてゆく過程はあまりに残酷で無残でした。

    ジンジャンに至ってはどう言う人物なのかほとんど書かれていません。勲が信念など持たない、感情と肉体のみで生きる女性になりたいと願ったからなのでしょうか?

    そして最終巻の最後、本田が全ては夢か幻だったのか?と唖然とするくだりは、圧倒的な美しさと印象で突き刺さります。
    まさにこの場面のために三島はこの4部作を書いたのではと……

    人生は夢のまた夢。清顕は子供時代から理性と知識のみで生きようとした本田の追い続けた憧れであり、愛なのかと。

    なにはともあれ久しぶりに純文学を読み、色々考えさせられて、とても楽しい読書となりました。

  • 第四巻の途中まで、物語はどんどん広がりを見せていながら、急に物事の終焉に向かって収斂されていく。それは主人公の老いに沿ったものだが、最終的には夢うつつの話になるという終わり方は、人生そのものが現実なのか夢なのか考えさせられるような物語。人は最期、たぶんそうやって人生を振り返るのかもしれない。

  • 豊饒の海シリーズの最終巻。
    三巻を除いて、全体に通じる父と子の相克。

    時計仕掛けのオレンジみたいな主人公・透。夭折を見届けたいと思って、逆にしっぺ返しをくらう老残の本多。そして、反逆児を追い詰める慶子。ジン・ジャンとの因縁を考えるに、彼女が透を追いこむシーンは息を呑む。

    よく考えたら、三巻以外は、すべて青年が主人公で女に絶望して裏切られて死ぬ。三島は女嫌いだったのか。

    透と本多が同じ心的構造をもっているとされているが、透はやはり清顕と同じ魂ではないかと思う。秀才であるが、優雅さがないだけで。

    子がおらず、身寄りがないが財産だけはある本多の末期は、現代日本における高齢者問題を先取りしているかのよう。失明し、精神病の妻と暮らす透も、やがてその子によって同じ運命を辿りそうな気配。

  • 天人五衰。高校生のうちにどうしても読みたかった豊饒の海を読了。最終巻が一番早く読み終わった。華族から昭和初期、戦争、戦後…長いようで短いような濃い時間だった。透君と本多さん二人の視点から描かれていた。海だけを見ていた透君が他人を傷つけ、狂女を囲い…最初に登場した時の爽やかな印象とはかけ離れて行くのは面白い。まさか真面目な本多さんの老境がこのようになるとは。聡子さんの言葉に驚き。一冊の中で何回も予想できないような事件が起こった。
    巻を重ねるごとに物語に厚み、奥行きが増すのは圧巻。何回も読み返したい。

  • 夢の崩壊。
    運命的な人間と世俗的な人間の違いはどうにも言葉で説明できないけれど、卑しい者が生き延びて美しい者にも終わりがあるこの世に、聡子の静かな目線が目を覚まそうとする。

  • ジン・ジャンの転生と思われる少年、安永透を養子にした本多繁邦。しかし転生の連鎖はついに絶たれてしまう。

  • 『この世には幸福の特権がないように、不幸の特権もないの。悲劇もなければ、天才もいません。
    あなたの確信と夢の根拠は全部不合理なんです』

    76歳になった本多は転生の神秘にとりつかれ
    ジン・ジャンの生まれ変わりを賭け、安永透を養子に迎える。彼は美しい容姿と並外れた知能を持っていたが…

    最初からテンポよく非常に面白いと思って読んでいたが、
    透の冷酷さが過激化してくるにつれて不快な気持ちになった。清顕や勲の冷静さ冷酷さとは違い、
    自分は選ばれた者と信じ、
    自分以外の全てを愛することのない透。
    本多は信じていた運命から
    大きなしっぺがえしをくらうことになってしまった。

    三島由紀夫の当初の『天人五衰』の構想メモとは
    まったくかけ離れた結末になった。
    この本を三島由紀夫の遺書として読むならば、
    本多の老いの苦悩、
    透の自尊と絶望、
    『あなたは最初から偽物だったのよ』と言い放つ慶子の言葉…
    全てが彼自身の彼に向けた言葉にも思えてくる。

    考えさせられるシリーズだった。
    いまもまだ考えている。

    いつかまとめることができたらまたレビューを書き直そう、
    とか思っているくらいです。

  • 2012年の読み納めとして、夏頃からのろのろ読み進めていた「豊饒の海」を最後まで読み終えた(文庫版で登録したが、実際には新潮社の三島全集13・14巻にて読了)。いつもなら第一巻のみ登録してレビューを書くところだが、この作品についてはレビューを書くなら最終巻にしておかないと…それくらい、第一部の読後感と第四部まで読み終えての印象とに大きな差がある作品。
    タイトル通り春先の雪のような清さと儚さが美しい第一部「春の雪」、盛夏のような生命の炎の熱さを感じる第二部「奔馬」、実りの秋のような熟れた肉体を持つ“転生の清顕”、その官能の陰に忍び寄る腐敗をも感じる第三部「暁の寺」、そしてこれら若さを散らしていく美しい命たちを見守り続けた男が老いという人生の冬を迎える第四部「天人五衰」。織り込まれた四季のモチーフのほか、明治末から昭和の戦後までをカバーする物語の時代背景が、移り変わる日本の姿と共に「全ては須臾の間」という何とも言えない無常感を与える。
    ドラマチックな転生のモチーフが前面に立つのは第二部まで。第三部・第四部はむしろ、若さの盛りで命を散らし再び青春を輝かせるために“転生”してくる存在に固執する男――若さを謳歌することなく通り過ぎた男・本多の、息詰まるような執着(憧れと欲望がないまぜになったような)が前に押し出されている。ドラマチックな若い生の傍観者であり続けた本多、彼がその執着の対象である“転生の清顕”と見込んだ少年を手元に置くと、少年は課せられているはずの運命を免れ、本多は解脱にたどり着くことなく、月修院門跡の一言に茫然自失して物語の終わりを迎えることとなる。
    転生の天人であるはずの透は、本多によって救われたのか、汚されたのか。それともそもそも、天人ではなかったのか。清顕というまばゆい存在を体当たりで「愛した」聡子が積み重ねた生の果ての老いと、そのまばゆさを「覗く」エクスタシーに囚われた本多が駆け続けた生の果ての老い、その隔たり。三島にとっての“美しさ”や“卑しさ”、世の無常と純粋な思いが持つ永遠性――この長編小説のラストに置かれた「刹那に生滅する」阿頼耶識が本多を無の世界へ突き落す結末、門跡が聡子として愛した対象と本多の執着の対象に何の重なりも見出されないラストが何を意味するのか、そこにはこの「天人五衰」最終稿を入稿したその日に自決事件を起こした三島自身の思いというものも深くかかわっている気がしてならない。
    それにしても、全編に渡って美しい日本語が堪能できる作品であった。全四巻。

  • 大河ー 大河やったわーー


    不穏な四巻でした。
    見ものだったのは慶子が透に語りかけるシーンでした。
    最後の場面は言わずもがな。

    この小説は、読者の心の欠乏か何かを埋める話ではありませんでした。
    小説を読み終わったあとも考えることを課せられた感じがします。
    すごく読み応えがありました。

    あと、読み終わる前から思ってたのは、
    これを読終え、次に何を読めばいいのか見当もつかないということです。

    それくらい究極的なものを見せられてしまい、
    あとは何で心を沸き立たせていいのかわかりません。

  • 今まで「豊饒の海」には物語が完結してないがために満点をつけなかったが、最終巻ともなれば満点にするしかない! 「暁の寺」で輪廻転生の謎は極致に来たが、この「天人五衰」にはすべてを覆す凄絶さがある。結末をどのように受け止めたら良いのかという複雑な思いで胸が動悸を打つ。また、この作品の原稿を書き上げた日に命を絶った三島の死に対する価値観が反映されているようにも読め、感慨深い…。

  • 豊穣の海最終巻。妻も亡くし老残の主人公、本多は十六歳の少年、安永透に出会う。少年の左の脇腹にはこれまでの転生の証である三つの黒子があった。さっそく本田は少年を養子にして教育を始めていく…という内容。ラストがあまりにも衝撃的すぎる。

  • ここまで書いてなお自死を選んだのは何故か、そこの凄みはこのシリーズを読んだだけでは全くわからなかった。

  • 豊饒の海(1)の感想ご参照

  • 4年かけて「豊饒の海」全4巻を読了。輪廻転生をテーマに描かれた作品だが、主題そのものよりも三島による登場人物達の心情表現の色鮮やかさがすごい。正直全てを理解できた訳ではないが、私自身は自分の気持ちですらあれだけの言葉、熱量で語ることはできないと思う。
    また、天人五衰においては、風景描写も光っていた。繰り返される海、波の描写は紙の上に動いている海が見えた。
    読書の秋にぴったりの読み応えのある文学作品。

  • 三島由紀夫の描く「世界解釈」の輪廻転生の物語の最終巻。
    恋に生きた清顕、信念に生きた勲、女を欲した月光姫とこれまで「見られる」受け身側であったのに対し、
    本作で生まれ変わりとされる透は「見る」側として描かれていました。
    作中に、自分は猫だと思い込んでいる鼠が猫に食べられそうになった時に『いや、私は猫だ。猫は猫を喰うことはできない』と言ったのち、それを証明する為に鼠は自殺をするものの結局は喰えたものじゃない見棄てられ
    「猫は自分を食べない」=「自分は猫」
    の方程式が消失する話がありますが、
    第3巻までで美しいものは死ぬべきということが幾度も主張されたのち
    「20歳で死ぬ」=「自分は美しい天才である」
    の方程式が、透の自殺の失敗によって彼が信じてきた神秘性を瞬時に失う描写は彼が清顕からの輪廻転生の「偽物」であると強く主張していると感じました。
    考察のような感想になりますが、透という名前自体が
    不透明ではない美=透、しかしそれを「見る側」である透自身が偽物であるという揶揄なのではと思いました。
    仏教用語に於ける「天人の五衰」の死の直前の5つの兆しを終盤の透が悉く体現しており、5つ目の不楽本座については月修寺へ向かう参道でタクシーを降り運転手に断るという行動から、本多の長寿の末の死を想起させられました。
    聡子は忘却を前提に清顕と恋をしており、本多は「見られる側」の美しさに嫉妬しながら「見る側」として生き永らえ其々の人生を送った60年がとても切なく感じました。
    最期に本多が御門跡(聡子)と会えたこと、清顕の夢日記が透に焼かれたことで、60年の輪廻転生から解脱しようやく清顕の心が浄化されていれば良いなと思える最終巻でした。

  • とうとう終わってしまいました。子供の頃の夏休み、汗を書いて登った学校の裏山の山頂広場、風の音と蝉の声だけの静かな空間に、ひとりで置いていかれたような気持ちです。結局、最後は振り出しに戻って何もなくなってしまった、そんな感じもします。難しくて理解できないところも多々あったものの、日本語の美しさや日本人、神道、仏教に改めて気付かされた最高の読書体験になりました。だけどまだまだ消化不良です。

  • なんか、透が酷すぎて。清顕や勲の清廉潔白な純粋過ぎる感じ比べると、あまりに酷すぎて。そして本多が額を割られて怯えてとか、辛過ぎるよ。。慶子がクリスマスに透呼び出して、ビシバシやったのは心地良かったけど、それを知った本多が絶交してしまうなんて…。あとようやく会えたなに、聡子が、清顕の名を聞いて、誰それ?反応なのは、あまりにも辛いよ、それは無いよ、本多が報われなすぎだよ。一気に読んでしまったけど、じっくりじっくり読めば、もっと深いところを理解出来るのかな。いまは、あー辛いなあという感想。

全196件中 1 - 20件を表示

著者プロフィール

三島由紀夫(1925.1.14~1970.11.25) 小説家、劇作家。
東京生まれ。学習院時代から文才を注目され、1944年、東大入学と同時に『花ざかりの森』を刊行。47年、東大卒業後、大蔵省に勤務するも、翌年辞職。49年、『仮面の告白』で新進作家として地位を確立。『金閣寺』『鏡子の家』『近代能楽集』など、強固な美意識で彫たくされた作品を発表。海外での評価も高い。68年、楯の会結成。『豊饒の海』の最終回を書き上げ、陸上自衛隊市ヶ谷駐屯地東部方面総監室に立てこもり、割腹自決。

「2017年 『告白 三島由紀夫未公開インタビュー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三島由紀夫の作品

豊饒の海 第四巻 天人五衰 (てんにんごすい) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする