友情 (新潮文庫)

  • 新潮社
3.66
  • (325)
  • (432)
  • (654)
  • (68)
  • (15)
本棚登録 : 3649
感想 : 492
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101057019

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 武者小路実篤 恋愛と友情の王道青春小説。
    若き脚本家・野島(まださほどうれていない)と、作家・大宮(だいぶ評価されている)は、それぞれ尊敬し合う友人だった。野島は、美しい友人の妹・杉子に恋をする(熱烈系)。彼はその思いを大宮に幾度となく相談する。
    前半は、行間まで野島の恋心が溢れている。もはや妄想まで混じる。彼女の名前を砂浜に書き始めた時は、こちらまで切なくなる。
    大宮は野島との友情を大切にして、二人の仲をとりもとうと努める。海外留学をも早めて、杉子から離れる。杉子は大宮を好きになってしまったから。
    そして、後半は、杉子と結ばれる決心をした大宮の告白となる。野島に対しての謝罪と愛の経緯を小説として発表する。この大宮の人間性の高い告白に心打たれる。野島は凹む。
    さあ、初恋に苦しむ中学生おとこのこ達、読んで、友情と恋を大切に青春してください。

  • 新潮文庫の表紙の裏に作者の写真が掲載されているのだが、最初はこのように恋に苦悶する青年をこんなジジイ(失礼!)が描いているのかと思うと可笑しくてならなかったのだが(笑)、付録の年表をみると実篤36歳の時の作品なんですね。
    「失恋の達人」(ちょっと違うか)という著者の失恋物語。平易な文章なのでとても読みやすい。「神への救い」や「世界貢献」「個人主義」といった実篤の内面もよく出ている作品のようです。
    正直な話、いじいじと片思いに悶絶する様は個人的な話すぎてあまり心地よいものではないですが(笑)、いろいろと湧いてくる心理の流れがかなり網羅されていると思われ、これはよく練られた作品なのではないかと・・・。下篇で明かされる野島と大宮の葛藤の真相はとてもよくまとめられていました。その初々しくストレートすぎる心情の表れは、誰もが身に思いのある(と思われる)話であり、悲劇的な展開でしたが、微笑ましく読了することができました。つーか、野島さん、かなり思いこみの激しい人なんだね。(笑)
    最後の野島の発する一文は状況からとてもよく理解できる反面、物語の行方を考えると少し違和感が残った。

  • 恋愛を巡る友情の話。
    主人公のウジウジと悩むところが、今も昔も青春は変わらないなぁ…と思う。
    しかし、あの頃は時間の流れも緩やかで、人生についてじっくり悩む時間があったのね…とも感じた。

  • 何年も前に友人に薦められたままだったこの小説を手に取ったのは、今ならここらの時代の恋愛小説を読むだけのエネルギーが自分にはある、と判断してのことだったのだが、それを根こそぎ持っていかれた、と感じるほど、情熱と幸せと寂しさと、その他あらゆる感情に満ち満ちた作品だった。あらすじというほどのものもなく先も予見されているのだが、描かれる感情が、それが例え負の感情であろうとも、瑞々しく前向きに溌剌と表現されていて、それがあまりに真に迫ってくるので、読後はもう、疲れた!の一言。この時代の恋愛小説における、切実で、一途で、直情的な感情の発露は、現代の諦め混じりのスレた感覚しかない私にはいささか荷が重い、が、薦めてくれた友人には感謝しなければ、と思わされる一冊だった。

  • 武者小路実篤の代表的作品。割とすらすら読めたけれど衝撃を受けました。

    タイトルからすると純情を絵に描いたような友情物語のようだけれどそうではありません。『友情』のあいだに『恋愛』がからむと人間はどうなってしまうのか。あるお嬢さんのことが好きな主人公のために力を尽くす友人。だけどその友人もお嬢さんのことが好きだった・・・。

    『友情』をとるか『恋』いや『愛』をとるか・・・。ぎりぎりの選択。3人の心の揺れるさまが苦悩を感じさせる文章で綴られている。その結末とはいかに・・・きれいなだけじゃない。人間の深い部分をも描いた作品。

  • 野島の自分本位な恋情に、己の過去を見ては穴に入りたくなる。たしかにこの作品名には、「恋」でも「失恋」でもなく『友情』が相応しいんだろうけど、私はできた人間ではないので大宮も杉子も許せないし、野島も好きになれない。あと杉子、めっちゃ嫌いなタイプの女(?)
    なにはともあれ、言わずと知れた名作はやはり超良書でした。若気の至り的な恋にひと段落つけた若者は皆すべからく読み、恥ずかしさに悶え苦しむべし。

  • 野島が杉子の内面に恋してるわけではないことに杉子は気づいている。そら、上手くいくわけないけど...

  • 大宮はあらゆる才能を持ちながらも、非常に人格者でもあり素晴らしけできた人間だと思う。だが、結果としてその友達思いな心が、自分も野島も杉子も傷つけてしまうことになる。その判断が誤っていたのか、正しかったのか人それぞれ解釈は異なるだろうが、自身が同じ立場なら、やはり野島に対する思いを優先していたかも知れない。
    本書には、人生における様々な格言も散りばめられており、また、非常に読みやすい文体で書かれているため一読をお勧めする。

  • それはそうなるわ

  • 大宮くんが最初から最後まで好き。
    野島くんが苦手。
    でもわかる。
    恋する気持ち。
    友達に対しての嫉妬。
    青春を思い出す。

全492件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

武者小路実篤(むしゃのこうじ さねあつ)
1885年5月12日 - 1976年4月9日
東京府東京市麹町区(現・千代田区)生まれの小説家・詩人・劇作家・画家。ある時から「むしゃこうじ」と当人が自称しているが、一般的に「むしゃのこうじ」読みされている。学習院初等科~高等学科に在学し、東京帝国大学哲学科社会学に入学したが、入学初年で中退。創作活動をはじめ、1910年に志賀直哉、有島武郎、有島生馬らと文学雑誌『白樺』を創刊。これにちなみ、彼らは「白樺派」と呼称される。
1918年宮崎県児湯郡木城村に「新しき村」を建設。その後も多くの創作活動に勤しんだ。1951年、文化勲章を受章。1976年4月9日、尿毒症で逝去。
代表作に、『お目出たき人』『わしも知らない』『幸福者』『友情』『人間万歳』『愛と死』『真理先生』など。

武者小路実篤の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×