愛と死 (新潮文庫)

  • 新潮社
3.71
  • (116)
  • (118)
  • (187)
  • (22)
  • (5)
本棚登録 : 1034
レビュー : 133
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101057033

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 夏子の死後に村岡が一人思うこと、

    死んだものは生きている者にも大なる力を持ちうるものだ。生きているものは死んだ者に対してあまりに無力なのを残念に思う。



    「元気にします。元気にします」と自分は心の内で言ったが、同時に
     「あなたが居ないのに元気になれというのは無理です」と言った。
     「そんなことをおっしゃるものではありません」
     そんな声が聞こえそうな気がした。

    が印象深い。
    正直、というか、
    気持ちにうそがない感じで。

    設定は「友情」と似ているけれど、
    こちらもしびれるせりふが多くてしみます。
    涙がでる。

  • こんなに素晴らしい作品を学校教育でなかなか取り上げられず、埋もれているのが悲しい。
    深い信仰心や、西洋文化に劣らない日本文化の美しさ、誰かを心から愛するということ、人は虚しく死ぬということ。武者小路実篤が様々な経験から得た深く広い考えが詰まった小説です。

    特に、生ける者は死せる者に対してあまりに無力であるというのはグッときました。死んでしまってから、その慰めや哀れに思う気持ちすら届かない。そのやりきれない、昇華しきれない思いを、彼なりの考えで解明しようとしています。つまり、死神によって尊い人は殺されてしまうが、その時、人間以上の神になるのだと。だから、生きている人間が慰めるにはあまりに高く、清浄すぎるのだと。その信仰心が残された自分にとって慰めの解釈となる。

    大切な人を亡くしてしまった時、様々な後悔や悲しみに暮れることがある。そんな時に、この本は私たちを慰めてくれます。

  • 近現代文学でここまで面白いと思ったのは久しぶり。
    村岡の夏子に恋する姿も可愛いけど、夏子が村岡宛に書く手紙の恋する乙女具合といったら!!嬉し過ぎて手紙をくわえてでんぐり返ししちゃうとかいちいち可愛くて仕方がありません。
    とにかく武者小路実篤の書く人物はとにかく無邪気で一途で可愛い!

    前半から中盤にかけての愛に溢れる表現から一変して、ラストは夏子の死に野々村と村岡がふたりで泣くシーンはとっても切ない。死を見つめることで生を感じる、素晴らしい作品でした。

  • 純愛を体現したかのような作品。手紙のやり取りの場面は、読んでいるこっちまで恥ずかしくなるくらいのバカップルぶり。それが続いてただけに、あの電報の無機質な片仮名文が衝撃的だった。思わず手が止まった。救われないな……

    結局村岡さんはそれから結婚したのだろうか。いや、してないだろうな……

  • 正直つられて涙ぐむような盛り上がり方はしない。
    ただ夏子が死んだことよりもその後の寂しさだったり虚しさの方が強い。
    短いし読みやすい作品。

  • 友人の妹に恋をし、めでたく結ばれるが、彼女は主人公が西洋に行っている間にスペインかぜで命を落としてしまう…という話。

    実際自分の身にそんなことがあったら、それはもちろん悲しいだろう。
    だけど…「だから何?」といいたくなってしまいました。

    悲しみにひたって亡くなった彼女を賛美して、結局悲しみを経験した自分に酔っているだけのような作品に思えてしまいました。

    さねあつ、ごめん!
    日本文学は難しいです…。

  • 小説家の村岡と、恋人の夏子の深い愛の物語です。とても美しい小説でした。言葉の表現も、そこから感じる登場人物たちの想いも、本当に美しい。儚く切ない物語だけれど、同時に、強さと優しさを痛いほど噛み締められるストーリーでした。現代を生きる私にとっては馴染みのない時代背景ですが、離れていても、お互いを想い合い、支え合う村岡と夏子の姿には涙を禁じ得ません。2人が交わす幾つもの手紙の文面がとても印象的でした。人生は、いつ「宙返り」するか解らないものなんです。

  • 読んでいてかなり恥ずかしいですけど、
    こういう文章を書けるのは才能だなあ、と思います。
    非常にありがちでシンプルな話ですが、
    そういうストーリーをきちっと書けて読ませることのできる作者は素晴らしいと思います。

  • 払拭できないラブコメ感。
    何がいいのか分かりませんでした。
    「友情」のほうがまだ好きかな

  • 小説家村岡が洋行を終えて無事に帰国の途についたとき、許嫁夏子の急死の報が届く。

全133件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

武者小路実篤(むしゃのこうじ さねあつ)
1885年5月12日 - 1976年4月9日
東京府東京市麹町区(現・千代田区)生まれの小説家・詩人・劇作家・画家。ある時から「むしゃこうじ」と当人が自称しているが、一般的に「むしゃのこうじ」読みされている。学習院初等科~高等学科に在学し、東京帝国大学哲学科社会学に入学したが、入学初年で中退。創作活動をはじめ、1910年に志賀直哉、有島武郎、有島生馬らと文学雑誌『白樺』を創刊。これにちなみ、彼らは「白樺派」と呼称される。
1918年宮崎県児湯郡木城村に「新しき村」を建設。その後も多くの創作活動に勤しんだ。1951年、文化勲章を受章。1976年4月9日、尿毒症で逝去。
代表作に、『お目出たき人』『わしも知らない』『幸福者』『友情』『人間万歳』『愛と死』『真理先生』など。

愛と死 (新潮文庫)のその他の作品

愛と死 (講談社文庫) 文庫 愛と死 (講談社文庫) 武者小路実篤
愛と死 [新潮CD] 単行本 愛と死 [新潮CD] 武者小路実篤

武者小路実篤の作品

愛と死 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする