幸福な家族 (新潮文庫)

  • 新潮社
3.36
  • (3)
  • (5)
  • (19)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 67
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101057088

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 家族構成や父娘、母息子の関係が我が家と似ているなと思って読み始めた。家族が夫に対して遠慮なく言いたいことを言える事、それに対して動じない夫の様子もよく似ている。息子や娘がお互いの相手を連れてきてバーベキューをしてみたり。
    案外うちも幸福な家族なのかもしれないなと嬉しくなった。

  • 口語体(?)で書かれているのが面白い。

    日本人にありがちな男女の心のすれ違いだなと思った。

    今読んでも普通に理解しやすいというか"あるある"というか、戦争という単語さえなければ現代の話に十分思える。

  • 終盤、自分の恋人を悪く言われて言い争う女衆がほんとに可愛い

  • はじめは、幸福すぎてつまらない、と内心皮肉りながら少しずつ読み進めていたのに、じわじわと引き込まれていった。どっかできっと不幸になるはずなんていう期待を持っていたのに、危機をうまく乗り越えられていき、本当に幸福な家族が描かれている。こういう場合、平凡だと思ったりするのに、読後のさわやかさと余韻は何なんだろう。
    解説で、今の若い人が読むとどう感じるのかと、あった。私がこの解説者にとっての若い人に分類されるかはさておき、この作品は世代を超えて受け入れられるのだろうと感じた。
    幸せになった。

  • 090404(a 090424)

  • ドイツ語の先生の佐田正之助は、野菜や果物の油絵に夢中。息子の正蔵の友人の川上は、正之助の絵に美点を見出す。娘の綾子は、父の絵のモデルに不幸な境遇にある千津子を推薦し、千津子は佐田家に通うようになる。

  • 絵を描くのが好きなお父さん。ちょっと影が薄いけどしっかりと家族を切り盛りするお母さん。ひたすら性格がまっすぐな長男。お父さんのことが好きな長女。

    そんな家族の話。
    ただそれだけ。

    それだけなのにとっても幸福。

  • 綾子もえ

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

武者小路実篤(むしゃのこうじ さねあつ)
1885年5月12日 - 1976年4月9日
東京府東京市麹町区(現・千代田区)生まれの小説家・詩人・劇作家・画家。ある時から「むしゃこうじ」と当人が自称しているが、一般的に「むしゃのこうじ」読みされている。学習院初等科~高等学科に在学し、東京帝国大学哲学科社会学に入学したが、入学初年で中退。創作活動をはじめ、1910年に志賀直哉、有島武郎、有島生馬らと文学雑誌『白樺』を創刊。これにちなみ、彼らは「白樺派」と呼称される。
1918年宮崎県児湯郡木城村に「新しき村」を建設。その後も多くの創作活動に勤しんだ。1951年、文化勲章を受章。1976年4月9日、尿毒症で逝去。
代表作に、『お目出たき人』『わしも知らない』『幸福者』『友情』『人間万歳』『愛と死』『真理先生』など。

幸福な家族 (新潮文庫)のその他の作品

幸福な家族(新潮文庫) Kindle版 幸福な家族(新潮文庫) 武者小路実篤

武者小路実篤の作品

ツイートする