棘まで美し (新潮文庫)

  • 新潮社
3.60
  • (10)
  • (12)
  • (29)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 114
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101057095

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 武者小路実篤らしい作品。
    先天的な才能は、持続的な努力に及ばないという理想論的なストーリー。
    今の自分の状態がこんなんなので、
    少しさめた目で読んでしまったけれど、
    届かないものに届く手段があるなら、
    自分の実力をいつも否定しつつも、
    最大限の努力は怠らないっていうことは大切だという認識はある。
    恋に関しても、仕事に対しても。
    それ信じなきゃ世の中やっていけないよ。ほんと。

  • 恋と愛と友情
    ヒロインの吉村さんの一途なツンデレ、竹谷の見守りながらの愛し方、山根との男の友情
    なんだかほっこりする読了感でした
    最終章の会話がとてもかわいくて何度も読んでしまいました

  • 時代を感じる文体。読み辛い訳では決してなくて、むしろ新鮮だった。 ハッピーエンドで良かったし、誰も悪者にならないのがいいと思う。

  • 画家である「私」のアトリエに集まる若い画家たち。「私」の家にやってきた吉村貞子。「私」の友人の息子・竹谷。隣人で金持ちの山根。竹谷の絵の評価。中の縮まる山根と吉村の関係。九州の郷里に帰った吉村を追い婚約した山根。突然の破談。吉村と竹谷の関係。

     2011年11月15日読了

  • 本嫌いな当時の自分としては、数少ない完読した本のひとつであった。

  • 友情・愛と死には劣るがやはり良い。

  • 090307(a 090512)
    100110(s 100121)

  • 絵を教えている主人公の画家の弟子には、紳士で金持ちで、画家としてすでに力量のある大野と、母子家庭で貧しく、気難しいが、天賦の才能がある竹谷がいた。遠い親戚の吉村貞子が一緒に絵を習うようになって、大野と竹谷は貞子を愛するようになる。

  • 恋のエネルギーを仕事のパワーに変え、磨き続けた絵の才能で、愛する女性を少しでも惹きつけようと努力を続ける主人公。生真面目で気持ちを伝えるのが苦手なA型タイプのそんな主人公に、同じA型の僕も大変心を打たれた。恋人への想いだけでなく、ライバルへの対抗心、母からの愛情、亡き父への想い…。全ての想いを絵にぶつける姿が美しい。高校3年生のときに読んだ思い出深い恋愛小説。

  • 読みやすい。
    先生の語りを通して、画壇の生徒の恋愛を描いている作品。一昔前の作品なのに、すんなりと世界に入っていける。ハッピーエンドでよかった。

全15件中 1 - 10件を表示

武者小路実篤の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
ツルゲーネフ
三島 由紀夫
ヘミングウェイ
武者小路 実篤
遠藤 周作
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする