キッドナップ・ツアー (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.29
  • (104)
  • (261)
  • (628)
  • (97)
  • (23)
本棚登録 : 2388
レビュー : 321
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101058214

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人畜無害。

  • 小さい頃よく読んだ本に似ている。小学生の少女や少年がいろんな形でひょんなことことから冒険に出る話。夜の闇にある異世界やほんのちょっとだけ遠い近所。そんな感じのするお話。現実の小5女子が父親に対してこんなに素直だとは思えないけど、そういう子なのかな?公衆の面前で大声出すとか、小5であり得ないでしょ、そんなところがすごく童話っていうか、児童向け小説っぽい。あとゆうこちゃんみたいに話のわかるオトナが周囲にいるところ。彼女が登場しないと文字通りお話にならないんだけど、なんで都合よく「わかるオトナ」がいるのかなぁって思ってしまう。同棲っていう超大人事をこんな子供っぽい子供に話すかなぁ…?この時だけは、小5扱いなって感じなんだけど。内緒って言いながらバレたいとか?
    でも、少年少女向け小説と同じで親子のキズナみたいなことを押しつけて来ないで、アッサリ夏休みが終わったみたいに終わるのはすごくいい、感動のフィナーレみたいのだったらガッカリだから。そこはハル目線で終わってくれてスッキリしました。

  • ドラマからの原作。今の季節にぴったりの設定で、その点でも物語に入りやすいかも。

    ドラマでも原作でも「要求」なるものが一体何だったのかは不明なままですが、でもそれは別にどうでもいいのでしょう。本筋は別にあるので。

    にしてもハルが小学5年生の設定・・・むしろ1年生とか2年生くらいの方がしっくりきそうな無邪気さ。

    さて、夏休みの間にもう一回、ドラマを観ますかね(^-^)

  •  角田さんの作品は太陽と毒ぐもが始めですが、そのあともいくつかは読んだと思います。どの作品にもやさしさが隠れていて、読み終えてあったかな気持ちになります。
     この作品も、ムスメが小さかった頃のことを懐かしみながら、楽しい小旅行を満喫することができました。お別れの時間が来るのがもっともっと後ならいいのにと思うようなよい作品でした。

  • 小説。
    父と娘の心温まらるような温まらないようなお話。
    私はこういう父親はどうにも評価できないけれども作中の娘はそれなりにしたってるしある意味良い雰囲気なのでは。それにしても毎日一緒に居る母にはダメだしが多いのに情けなくても一緒に非日常を過ごしてくれる父親は結構許せるって感覚が女の子って感じだなぁ。

    お父さんの「あんたがダメな大人になるのはあんたの責任だ」みたいなセリフは非常に共感しました。そうそう。いつまでも人の所為にするな。でも自分の娘だろうがそうでなかろうが人のことをアンタ呼ばわりする人のことは好きになれない。せめて名前を読んであげようよ、お父さん。

    多分だけどこの子は男の子が好きなんだろうな、なんてことをぼんやり思いました。同性よりも異性を意識するタイプ。非常に女の子らしい女の子のお話。
    私がこんな風に連れ出されたら多分最初のファミレスぐらいでギャン泣きだったろうなあ…なんて思いながら読みました。

  • 子供向けの本みたいだけどおっさんでも楽しめた(お父さん目線で)。娘が不甲斐ない父を思う気持ち(憐れみに近いもの)が伝わってきた。この親子がその後どうなるにしても、この冒険は生涯の思い出になるでしょう。

  • 別居中の父親にユウカイされた小5の夏休み

    だらしなくて、情けなくて、貧乏な、ダメなおとうさんとの
    ドタバタした数日を過ごすうち
    少女の心に柔らかなものが芽生えてゆく

    結局おとうさんと、おかあさんの「交渉」って
    なんだったのか、はっきりとは描かれていないのだけれど
    もう家族が一緒に暮らすことはないのだろうなぁと
    せつなくなります

    とても優しい気持ちにさせてくれる1冊

  • すべて一人称で記述されているが、
    どうして著者がこんなにも、
    繊細な少女の心の動きがわかるのか不思議。

    それが著者のすごさなのか・・・!

  • ひさびさにとても気に入った

    ハルの不器用さというか、なんで自分こんなことしちゃうんだろう、という点には非常に共感

    そして、あぁこんな感じと今どきの普通の不器用で思春期入り口の小5のハルが、どんどん変わっていき、どんどん自分を好きになってるのが本当に素敵だなぁと思い、最後は涙が出そうになった

    自分を好きになるって難しい
    お父さんすごいなあ

    ハルにとってかけがえのない夏休みになったと思う

    2015.09.16

  • 離れた父親に誘拐される話。

全321件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

角田光代(かくた みつよ)
1967年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
1990年、「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。受賞歴として、1996年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞を皮切りに、2005年『対岸の彼女』で第132回直木三十五賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、2011年『ツリーハウス』で第22回伊藤整文学賞、2012年『紙の月』で第25回柴田錬三郎賞、同年『かなたの子』で第40回泉鏡花文学賞、2014年『私のなかの彼女』で第2回河合隼雄物語賞をそれぞれ受賞している。
現在、小説現代長編新人賞、すばる文学賞、山本周五郎賞、川端康成文学賞、松本清張賞の選考委員を務める。
代表作に『キッドナップ・ツアー』、『対岸の彼女』、『八日目の蝉』、『紙の月』がある。メディア化作も数多い。西原理恵子の自宅で生まれた猫、「トト」との日記ブログ、「トトほほ日記」が人気。

キッドナップ・ツアー (新潮文庫)のその他の作品

キッドナップ・ツアー 単行本 キッドナップ・ツアー 角田光代
キッドナップ・ツアー Kindle版 キッドナップ・ツアー 角田光代

角田光代の作品

ツイートする