さがしもの (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.71
  • (311)
  • (506)
  • (506)
  • (69)
  • (24)
本棚登録 : 3929
レビュー : 520
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101058245

作品紹介・あらすじ

「その本を見つけてくれなけりゃ、死ぬに死ねないよ」、病床のおばあちゃんに頼まれた一冊を求め奔走した少女の日を描く「さがしもの」。初めて売った古本と思わぬ再会を果たす「旅する本」。持ち主不明の詩集に挟まれた別れの言葉「手紙」など九つの本の物語。無限に広がる書物の宇宙で偶然出会ったことばの魔法はあなたの人生も動かし始める。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新潮文庫の夏のフェアの冊子をペラペラと捲り、何か面白い本はないかと思っていた時に目に付いたこの本。人と本の様々な出会いについて書かれた短編集。
    自分は体験した事のないシチュエーションであれ、なんだか共感できるのは、本との出会いとその時の気持ちというのは普遍的なものだからではないか。ともあれ、この本の中の様々な人物が思ったように、私もこの本に出会えて良かったと思った一冊だった。
    特に後半の「引き出しの奥」「ミツザワ書店」「さがしもの」が良かった。じんわり涙ぐんでしまった。

  • 私のさがしものは、改題前の水色のカバーで飛んでいる本が表紙絵の単行本「この本が、世界に存在することに」なのだけど、なかなか見つからなくって…。Amazonで注文すればすぐ手に入るのだけど、自分の目で見つけたくって古本屋を巡っている。この「さがしもの」はブックオフであっさり見つけたので、即買い♪改題は個人的に残念なのだけど読むとすぐに「しあわせ」な気分になれる一冊♪


    角田さんの本は読むのに気合が必要で読む前に、本と一対一で「さぁ、読むよ!」と宣言しないと読めなくって、その気合がなくって最近遠ざかっている。(梨木さんや辻村さんも同じ)だけどこの本はいつでもサッと読みたい。旅行じゃなくっても、常にカバンの中に入れておきたいベスト10に入るかも♪読むたびに印象が変わるので「本は生きているんだな~」としみじみと思える。読み終えてホント幸せだな~と感じる。3度目だけど好きです♪

  • 本好きでよかったと思えるような、
    本のことがますます愛おしくなるような、
    また本を読みたくなるような、
    素敵な物語です。

  • 本好きにはたまらない、本にまつわるストーリー。
    しまった、もうこんな時間!明日早いんだった…
    と時間を忘れるほど読み進めてしまう本(笑)
    短編ひとつひとつが面白い。
    景色などの表現が綺麗でうっとりしちゃいます☆
    最初の物語から引き込まれました!
    物語に出てくる本を読みたくなった。
    そして昔ながらの古本屋に行きたくなった。

    • mitttsuさん
      レビューに「いいね」をありがとうございます。『さがしもの』、面白そうです‥読んでみます。
      レビューに「いいね」をありがとうございます。『さがしもの』、面白そうです‥読んでみます。
      2018/05/05
  • 本にまつわる短編集。
    おばあさんに頼まれた本をずっと探し回る話とか、同じ本に共感した彼との話とか、“そうなんだよね、同じ本に共感できるって、素敵なことなんだよね”って、改めて思い出した感じ。

    なんだか、また人生観を変えるくらい素敵な本に出会いたくなりました。

  • 前情報なく読み始め、「旅する本」を読み終わった時点ではエッセイだと思い込んでいた(笑)

    出てくるイニシャルもKだったので、角田さんはすごい経験をしたんだなと思って、あれ?と気づいた。

    「彼と私の本棚」では淡く痛く一生懸命だった昔の失恋を思い返し、心臓がドキドキ、チクチク、なぜかワクワクした。

    「引き出しの奥」では大学時代に戻って、もっとちゃんと考えて自分で選択しろ!と喝を入れてやりたい気持ちと、それができないもどかしさ、その分今からでも遅くないと信じたい思いで少しやる気が出る。

    本は手首をとって異国にも過去にも未来にも、もしかしたら地球の外にも、人間範囲の外にも連れて行ってくれる。
    開いただけでどこにでも連れて行ってくれるものなんて本しかない、その通りだ!

    ますます本を好きになった一冊でした。

  • 本にまつわる短編集。
    古本屋で、書店で、旅館で、自宅の本棚で・・・
    本から始まる物語とでもいうのでしょうか?
    自分が過ごした時間の中に、本があって、
    その本と一緒に思い出が紡がれるってステキですよねぇ。
    一番好きなのは「引き出しの奥」
    読み終わった瞬間に、あぁ~きっとこのシーンが
    書き込まれるんじゃないかなって想像してしまった。
    こういう何かの始まりの瞬間って好き
    あくまでも自分の解釈だけど(^◇^;)
    最後の作品?「あとがきエッセイ」もいいですよ。

  • 九つの本の物語。
    長く読書を趣味としていると、確かに人生観をも変える出会いというのが少なからずある。
    そもそも、読書を趣味としていなければ、今の自分の人生観は存在しなかっただろうとも思う。
    自分が古本屋に売った本を海外で見つけたことも、恋人に本を贈ったことも私はない。九つの物語の主人公と同じ経験はどれ一つしたことない。
    それなのに、どの短編にも愛読家ならどこか共感してしまうのだ。
    そして、読書好きで良かったと思った。
    角田さん、素敵な本をありがとう!

  • 本好きあるあるな一冊。収録されている短編の中で特に良かったもの…旅する本、手紙、不幸の種、ミツザワ書店、さがしもの。9本の内5本気に入れば、もう「大好きな」一冊と言っても良いと思う(^-^)
    さがしもののおばちゃんの台詞「できごとより考えのほうがこわい」には納得してしまった(案ずるより産むがやすしって事かな?)最後の後書きも本好きあるあるでした。今まで角田さんの本は合わないな~と苦手意識があっただけに、嬉しい。

  • この本に出会えて、今まで自分の読んできた本がますますいとおしいもののようにに思えてきた。
    本が世界中を旅するなんて知らなかった。
    それに、読書って傍からみると狭い場所にいるように思われがちだけれど、本当はすごく自由な行為なのだと思う。
    片岡義男の登場は驚いたし、うれしかった。私もあの赤い背表紙の文庫本、何冊も集めていた時期がある。
    「なんで片岡義男なのだろう」という表現、すごくよくわかる。

全520件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

角田光代(かくた みつよ)
1967年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
1990年、「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。受賞歴として、1996年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞を皮切りに、2005年『対岸の彼女』で第132回直木三十五賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、2011年『ツリーハウス』で第22回伊藤整文学賞、2012年『紙の月』で第25回柴田錬三郎賞、同年『かなたの子』で第40回泉鏡花文学賞、2014年『私のなかの彼女』で第2回河合隼雄物語賞をそれぞれ受賞している。
現在、小説現代長編新人賞、すばる文学賞、山本周五郎賞、川端康成文学賞、松本清張賞の選考委員を務める。
代表作に『キッドナップ・ツアー』、『対岸の彼女』、『八日目の蝉』、『紙の月』がある。メディア化作も数多い。西原理恵子の自宅で生まれた猫、「トト」との日記ブログ、「トトほほ日記」が人気。

さがしもの (新潮文庫)のその他の作品

さがしもの(新潮文庫) Kindle版 さがしもの(新潮文庫) 角田光代

角田光代の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
村上 春樹
吉本 ばなな
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

さがしもの (新潮文庫)に関連する談話室の質問

さがしもの (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする