予定日はジミー・ペイジ (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.91
  • (112)
  • (140)
  • (106)
  • (13)
  • (4)
本棚登録 : 999
レビュー : 159
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101058276

作品紹介・あらすじ

流れ星を見つけたとき、あ、できたかもと思った。初めての妊娠。でも、「私、うれしくないかもしれない」。お腹の生命も大事だけど、生活って簡単に変えられないよ。ひとり驚喜する夫さんちゃんを尻目に、頼りなくも愛おしい妊婦マキの奮闘が始まる。目指すは、天才ロック・ギタリストの誕生日と同じ出産予定日!笑えて、泣けるマタニティ小説。著者描き下ろしイラスト多数収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 『下を見おろして、陰毛も床も見えないというのは、本当に不思議な感じである。視線の下にはばーんと腹がある。妊娠線を指でなぞる。赤ん坊がおなかを蹴った』

    女が読むと言うマタニティ小説を男の私も試してみようと思って読むのである…と土佐日記の逆パターンじゃありませんが、全編が主人公の日記だけで構成されたこの作品は、”笑えて、泣けるマタニティ小説”ということで、ブクログのレビューを見ても圧倒的に女性の読者が多いようです。最初、新聞に”掌編小説”として掲載されたものの『小説ではなく随筆だと勘違い』され、『きれいなカードや花がぞくぞくと届いた』という角田さん。『終わりの部分だけがあって、その終わりに至る経緯を遡って小説を書く』ことを勧められて書いたという成り立ちで誕生したこの作品は、異常にリアルなマタニティ小説です。間違いなく女性に共感を呼ぶであろうそんな作品を、では、男の私が読んでみたらどのようなレビューが出来上がるのか?なかなか面白そうな読書だと思いチャレンジいたしました。本日のレビューはそんな視点でお読みいただけましたら幸いです、って自分にプレッシャーをかけてどうするんだ、という気もしますが…では、いってみましょう。

    『4月×日 性交した。夫はすぐに眠ったが私は眠れず、起きて服を着て、ベランダにいって煙草を吸った』という日記の書き出しで始まる冒頭。その時『すっと一筋、こぼれ落ちるみたいに星が流れた』という瞬間を目にした『私』。『あ、流れ星、と思うのと、子どもができたかも、と思うのと、ほぼ同時だった』という予感が走ったのは『どちらにしても、願いごとをし忘れた』という4月のある日のことでした。そして『6月10日(木) 子どもができた』という予感的中の展開。『産婦人科で、おめでたですね、と白髪の医者に言われたとき、私がまず思い出したのは、夜空をひっかくようなあの流れ星だった』という『私』。思いがけず『めでたいですかね』とつぶやくと『めでたいですよ』と重々しく返す医者。産婦人科を出た私は『駅に向かって歩きながら、「めでたいですよ」』とちいさくつぶやいてみます。でも『ぱっとはなやかな気分になぜだかなれない』という『私』は『八時過ぎに帰ってきた夫に、なんと切り出していいやら』わからなくなってしまいます。夫とベッドに入り消灯。『なんにも言わないってのも変すぎると唐突に』思った『私』は『赤ん坊できました』と『暗闇にそっと言葉を』放ちます。『がばりと起きあが』る夫。そして『やったあ』と叫ぶ『一点の曇りもなく喜んでいる』夫は、『でかした。男かな、女かな、名前なんにする』と深夜まで騒ぐのでした。『6月11日(金) かたっぱしから友だちに電話をかけ、メールを書く』という『私』に友だちは『おめでとう!』『どうして今さら?』などさまざまな反応を返します。そして『予定日はいつなの?』と聞かれた『私』は『予定日か。そうだ、予定日というものがある。予定日は重要だ』と思い、本屋に行って『有名人の誕生日を一覧にした本』を買いました。『白髪の医者が言っていた予定日のページを』さっそく開くとその日に生まれた人の一覧があります。『ふむふむ、ジミー・ペイジ。いいじゃないか。』と『だんだんうれしくなってくる。おなかに入っているのがジミー・ペイジであるような気がして』きた『私』。『おなかのなかの名もなき赤ん坊よ、天才ミュージシャンになって私に贅沢させてくれ』とおなかに向かって語る『私』。そんな時、夫から『どう?』という電話を受けた『私』は『赤ん坊の予定日はジミー・ペイジの誕生日だよ』と伝えます。それに対して『あっ、そう、ふうん。おれはマーク・ボランといっしょだけどね』と『とんちんかんな答えが返って』きました。そんな予定日へ向けた『私』のマタニティ生活が描かれていきます。

    妊娠したことがわかってから、出産へと至る日々を全て日記だけで描いていくという意欲的な構成のこの作品。せっかくですので、月毎に日記の数を数えてみました。(はい、こういう時はいつもマメなんです。私)
    4月: 1日分
    6月: 6日分
    7月: 10日分
    8月: 8日分
    9月: 10日分
    10月: 5日分
    11月: 7日分
    12月: 11日分
    1月: 4日分
    計62日分
    という圧倒的な数の日記ですが、日によってページ数はまちまちです。1行だけの日もあれば数ページにわたる日もあります。でも、現実の日記だってそんなものだと思います。書くことが山のようにある日もある一方で、ほとんど書くことがない日もあるでしょう。このあたりのバラツキ感は逆にとてもリアルに感じました。また、日記である限り、書かれている情報は断片であり『私』にとって既知の情報が記されることはありません。でも、角田さんは読者が置いてけぼりにならないように、実に自然に日記の中に物語の背景を織り込んでいきます。そうなると、読者はいつしかこれが自分のこと、もしくは自分の妻のことのようにも感じてきます。『私』のキャラ設定が突飛さのない中庸な人物という点も感情移入を自然に誘います。そう、主人公と一緒にソワソワする感覚を味わう読書、そしてなんだか自分に家族ができるようにさえ感じてくる幸せな気持ちに包まれてくる不思議な読書、これは全く予想外の感覚でした。

    そして、印象的な書名の人物である『ジミー・ペイジ』。この名前を聞いて何を思い抱くかは、読者の年齢、そして好きな音楽のジャンルによっても変わってくると思います。ブクログのレビューを見ると、全く知らないという人からよく知っているという人まで、これは当然にまちまちです。そんな私ですが、洋楽も大好きということもあって、”伝説のギタリスト”、”レッド・ツェッペリン”、”天国への階段”、う〜ん、心ときめくこの名前!という印象ですが、一方でリアルにその活躍を知っているわけでもありません。あくまで知識上の人物です。でも、そんなことは我が子の誕生という一大イベントと比べるとあまりにどうでも良いことです。出産予定日に生まれた有名人の一人がたまたま『ジミー・ペイジ』なだけのことであって誰だっていい、それは読書を進めるにあたって、また、出産を経験されたお母さん方にとっても同じ認識だと思います。有名で偉大な人物には間違いないけれども、万人が知っているわけでもない、遠い異国の害なき人物、ジミー・ペイジ。角田さんがこの作品に敢えてこの人物の名前を登場させたのはとても絶妙な選択だと思いました。

    そして、一番の目玉とも言えるのが妊娠してから出産に至るまでの『私』の気持ちの変化の描写です。これこそがこの作品を読んでいく醍醐味でしょう。この描写の巧みさがお母さん方に指示される所以だと思います。妊娠の事実を伝えた直後の夫のはしゃぎよう、それに比べて『子どもができてうれしくないの?母親になることが楽しみではないの?夫のように、やったあとシンプルに万歳することはできないの?』と自問する妊娠初期の『私』。自分のお腹の中に新たな命が存在することをどう捉えて良いかわからなくて、素直に喜べないことを悩み続けます。超音波の画像を見せられても『私のなかにもうひとつべつの心臓やら爪やらそんなものがあるなんて、やっぱりにわかには信じがたい』と感じます。そして、こんな質問を医者にしてしまいます。『先生、この人は、おなかのなかで笑ったり、泣いたりするんですか、私の見る夢を、赤ん坊も見ていますか?』。ここで自分の中にいる赤ちゃんを『この人は』と言ってしまうところがこの時期の『私』の戸惑いをよく表しています。この場面にこんな表現を持ってくるなんて、素直にすごいなぁと思いました。そして、悩む『私』は、母親に『おかあさんになるのって楽しい?』と質問します。『別に楽しくなんかないわよ、でもまあ、いいもんよ、子どもってのは』と答える母親。『どういいのかなんて訊かなくったって、あと一年もしないうちにわかるわよ』と付け加えます。自分がその立場になったら自然に分かることという自信に裏打ちされたふわっとしたこの言葉。でも現在進行形の人にはなかなか理解できないことでもあります。だからこそ悩む『私』。そして、母親学級、妊婦の仲間たちとの出会い、そんな色々な経験を積む中で次第に『私』の感情にも変化の兆しが訪れます。それは、じわじわとゆっくり訪れるものではなく『なぜだろう、なんなんだろう』と『急に自分がしあわせだと感じた』という瞬間のことでした。『止まっていた噴水が勢いよく水を噴きだしはじめるように、しあわせだという気分が心のどこか知らない部分から、次々とあふれ出してきた』という感覚。この箇所に展開する文章から滲み出る優しさ、愛おしさは、もう特筆ものだと思いました。そして『このとき私は、赤ん坊をこれから生み出すということが、ちっともこわくなかった』という気づきの瞬間が訪れます。『赤ん坊ができなければ一生知らない世界である』とまで冷静に思えるようになった『私』への到達。この一連の心の動きの描写には、男の私にも強く響いてくるものがありました。

    私には、この作品の主人公が経験した妊娠・出産というイベント、そして妊娠中の『ひとりではない感』を味わうことはできません。しかし、角田さんが『言うまでもなく私たちがここにいるのは、だれかがどのようにしてか、私たちを産み落としたからである』と語るように、そんな私もかつて自分の母親の中で『ひとりではない感』をともにしました。かつて私がこの世に生をうけたように、今この瞬間にも世界のあちこちで新しい命が誕生しています。『そこにはきっと、いくつものストーリーがあり、いくつもの悩みとわらいが、いくつもの迷いと決定が、詰まっていたのだろう』と語る角田さん。すべての母親が歩んだ道、そしてその先に続く新しい命。

    マタニティ小説というのはゴールがはっきりしています。ある意味結末がわかった物語です。でも、命の誕生へと向かう日々、母親が母親になっていくそんな日々の中で、悩み苦しみながら一人の母親となるべく成長していく『私』の生き様は、そんな結末の一点を超える感動を与えてくれました。ブクログの数多のお母さん方を感動させる物語を実経験なく書いてしまう角田さん。心揺さぶられる物語には、男だから、女だからといったことなど関係ない。あるのは人の中に潜在する普遍的な感情が刺激されて沸き起こる感動のみ!そんな風に感じた絶品でした。いいなあ、この作品。

  • 妊婦さんの十月十日の物語。
    きれいごとではなく、角田さんらしく軽妙に毒づいていて、気持ちいい。
    夫だけでなく、義父母、実家の母、そしてこれから生まれてくる子供を通して、家族になれた偶然を、遠まわしに教えてくれる。
    こんな温かさ、いつまでも忘れちゃいけないなぁ。

  • 主人公が妊娠をしてから、子供を産む直前までのお話。

    わかるーと思う部分がいっぱい。
    赤ちゃんを授かったのはとても嬉しいことだけど、一昼夜でお母さんになんてなれるわけがない。
    毎日毎日を過ごしていく中で、少しずつ少しずつ実感と自覚をしていくものであり、その中では「こんなこと考えるなんて母親失格では...」と思うようなことも多々。

    この作品の主人公は、子供ができて嬉しくない、と旦那さんにばっさり告げる。
    ここで怒らずに、おろすなんて許さない、と泣く旦那さん。物語全体を通じ、この旦那さんの器の大きさと愛情深さにぐっときた。冷やし中華のくだりとかたまらない。 

    徐々にお腹な中の赤ちゃんを愛おしく思っていく中で、しげぴーと会っている時に主人公が覚醒する部分が好き。

    お腹の中の生き物は、私たちが幾度となく繰り返してきた、祈りのようなものでできている。

  • 『あとでどんなに後悔しても、どんなに泣きたくなっても、どんなに自己嫌悪にさいなまれても、私は最後まで父を嫌いでいよう。それが私とこの人の、代用のきかない関係というものではないか。』(p.168)

    再々読くらい。
    最初に読んだとき、こういう引き受け方もあるのか、こういうのでもいいのかとびっくりして、許してもらえたような気になった。何度読んでもこの部分に励まされる。

  • 面白かったー。
    赤ちゃんができてから生まれるまでの妊婦さんの話。エッセイのような。そうだよね、計画妊娠じゃなかったら、急にお腹に別の生き物が入ってるのはびっくりだしどうしてよいのか分からないかも。だから十月十日かけてお腹で赤ちゃん育てて、自分もお母さんになる準備をして、やっと出てくるころには会いたくてたまらなくなるんだね。とてもリアルな心情で描かれてると思う。たまにクスっと、そして最後はホロリと。出産後の育児奮闘も続編で見てみたい。

    ちょうどこないだ妊娠が分かった友達に教えてあげたい本。うん、旦那にも読ませたいかも。

  • 社会が望む、「理想の母親像」
    その1.無条件に子どもを愛している。
    その2.母性本能たっぷり。
    その3.時には厳しく叱りながらも、大抵は褒めて、上手に子どもを育てられる。
    その4.甘い歌声で子守唄を歌い、献身的に…

    …はーもう、ちゃんちゃらおかしいっす(笑)ってね。
    改めてそう思いました。
    いや、思えました、かな。

    **

    大抵の女性は、「その時」まで、「一人で」生きています。
    家族や旦那、恋人、友達はいるけど、でも
    何を食べて、いつ寝て、どんなものを買って生きていくかは
    その本人の選択の連続。
    その殆どが、「自分だけのため」のもの。

    でも「その瞬間」からは、世界が一変する。
    食べるものも睡眠時間も、着るものも買うものも
    お腹の中の「小さくて不安定なもの」を、何よりも一番に考えなければいけない…。

    ぽんっとスイッチが切り替わるみたいに
    母性本能が湧き出てくるものじゃないんですよね。
    機械じゃないんですから。
    母親である・ない以前に、その人は
    一人の人間で、一人の生き物なんですから。
    それこそ、何十年か前にはその「小さくて不安定なもの」、だったんですから。

    でも、本作の主人公「マキちゃん」はそこに甘んじない。

    「はい、今日から母親ですよ」と言われても、首を傾げる。
    あれ?なんだか嬉しくないかもしれない。
    母親らしく、ばんざい、ようこそ!って喜んであげられない。
    なんだかごめんね、お腹のひと。

    そう思いながらも、彼女はだんだんと「母」になっていく。
    悩んで、落ち込んで、怒って泣いて、考えて。
    あがったり、さがったりしながら、だんだんと「母親」になっていく。

    煙草を吸いたい、お酒だって飲みたい。
    可愛い服だって着たい。
    旦那と身軽に、好きなところに行きたい。

    その気持ちは変わらなくても、
    母親としての自覚が少しずつ、すこうしずつ育っていく。
    赤ちゃんと一緒に、大きくなっていく姿が
    くすぐったいような嬉しさを感じさせてくれた。

    でも、この作品の何よりの魅力は
    やっぱり旦那さんのさんちゃんにあると思う。
    彼の穏やかな人柄と、大きな器は本当に素敵。

    彼も別に、「完璧な父親像」ではないんです。
    泣き虫で、気弱で、のんびり楽天家。
    頼りがいがあるか、って言ったら全然ないし
    マタニティハイみたいに、ベビー用品を買い漁っちゃうような人。

    でも、本当は誰よりも強い。
    柳のようにしなやかで、
    不安定なマキちゃんが怒りや不安をぶつけても
    受け止めて、時には流して、マキちゃんのそばにそっといる。

    激しい喧嘩のシーンはないんだけど、
    きっとそれはさんちゃんが「喧嘩にしないでいてくれた」から。
    あぁ、いいなぁ。こんな旦那さん。
    素直にそう思いました。


    いつか、ほんの少しだけでいいから
    三人になったこの家族のお話が読んでみたいな。

  • 出産した時の追体験をした感じ。

  • 妊娠してないのにこんな小説が書けるのかぁ。それがプロかぁ。すごいなぁ。ちゃんと寄り添ってもらったもんな。
    いまここにいるだけでふたり。わたしはひとりじゃないんだ!という言い知れぬ幸福と、この未知なる状況への不安。ひとりじゃないのに誰ともこのいまを共有できないという紛うことなき「ふたりぼっち」感が、ひたすら妊婦文学なりエッセイなりを読むように仕向けているんだろうと、この小説読みながら強く思った。だって、何でもないとこで泣く。あーわたしこういうのに共感してほしかったんだーって気づく。言葉を見るまで気づけない。それくらい、静かに錯乱してるんだと思う。真剣なんだ。ほぁーすごい。これを、妊娠せずに書く角田光代すごいー!

  • 本で泣いたのは久しぶり。

    主人公のマキに共感と愛しさを感じる。

    旦那さんのさんちゃんの人間性やリアクションがいちいちツボ。

    あー読んで良かった。

  • 妊娠を特に望んでなかった妻。
    妊娠を知って、ものすごく喜んだ夫。
    そんな夫をみて、予定日には、どんな有名人が生まれたのかを調べると
    ジミー・ペイジがいた。

    ちょっと楽しみになってきたかも。。

    母親教室、
    プレママ教室。
    合わなかったり、合ったり。

    日々、大きくなるお腹。
    日記を夫と交換しあい、
    そこに、作った料理なんかも、載ってる。
    それが、なんとも角田光代さんらしく、
    見るだけで、目の前に料理が広がるような想像力が生まれるような料理、材料。

    ついに、予定日が近づく。。
    生まれた日は。。。。

    日に日に成長していく赤ちゃんとともに
    「お母さん」への感情。
    日常生活であって、日常ではない、そんな日々を綴った小説。
    なんか、ステキだった。
    特に、最後は、ちょっと感動。

全159件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

角田光代(かくた みつよ)
1967年、神奈川県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。
1990年、「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞し、小説家としてデビュー。受賞歴として、1996年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞を皮切りに、2005年『対岸の彼女』で第132回直木三十五賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、2011年『ツリーハウス』で第22回伊藤整文学賞、2012年『紙の月』で第25回柴田錬三郎賞、同年『かなたの子』で第40回泉鏡花文学賞、2014年『私のなかの彼女』で第2回河合隼雄物語賞をそれぞれ受賞している。
現在、小説現代長編新人賞、すばる文学賞、山本周五郎賞、川端康成文学賞、松本清張賞の選考委員を務める。
代表作に『キッドナップ・ツアー』、『対岸の彼女』、『八日目の蝉』、『紙の月』がある。メディア化作も数多い。西原理恵子の自宅で生まれた猫、「トト」との日記ブログ、「トトほほ日記」が人気。

角田光代の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

予定日はジミー・ペイジ (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×