こんなふうに死にたい (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.32
  • (4)
  • (7)
  • (19)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101064123

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 様々な霊体験を真っ向から否定することを改める気持ちになる。きっと体験できる人は、頻繁に出くわすのに、体験した記憶のない人は、今後も体験できる術を知らないからである。死を考えることは生を考えることにつながる。納得できる生き方をしたいものである。2019.12.11

  • 佐藤愛子を読む必要があり、読了。『冥途のお客』や『私の遺言』系の霊的体験を書いた本。アトランダムに読んでいたけれど、『こんなふうに死にたい』が1987年刊で『冥途のお客』(2004年)や『私の遺言』(2002年刊)よりずっと前。著者の霊的体験について、いろいろなエピソードが描かれている。精神力に感服する。
    それでふと思い出したのが、父君の佐藤紅緑の『ああ玉杯に花うけて』を中学時代に読んだこと。いさましくて、気持ちが高揚して夢中で読み終えた。筋は全然覚えていないけれど。その系譜がここに…と思うと、彼女の意気軒昂なところは血筋かと。
    次は『晩鐘』を読みたい。

  • 佐藤愛子さんは、幾つかの著作本に心霊体験について書かれており、美輪明宏氏や江原啓之氏とも繋がりがあることを知って興味を持ち、まずはこの本を読んでみた。豪胆な性格で人以上に心霊やあの世は信じていなかったのに、北海道に別荘を建ててから毎日のように心霊体験をするようになり、美輪さん達との出会いや、父親や親友の川上宗薫の死を目前にして認めざるを得なくなる経緯が分かる。そんな世界があるにしても、自分らしく生きるに変わりないことは共感する。あとがきは河合隼雄氏と美輪明宏氏だが、美輪さんの文章は読み応えがある。

  • 心霊現象に遭遇した著者の解決への軌跡と、随所に出てくる美輪さんのたのもしさ。美輪さんは、本書だけ読むと非常に高い霊能者だがはたしてどうなのか?
    後書きは悔しいが素晴らしかった。よくも悪くも美輪づくしだった。

著者プロフィール

佐藤愛子

1923年大阪生まれ。甲南高等女学校卒業。69年『戦いすんで日が暮れて』で第61回直木賞、79年『幸福の絵』で第18回女流文学賞、2000年『血脈』の完成により第48回菊池寛賞、15年『晩鐘』で第25回紫式部文学賞を受賞。17年旭日小綬章を受章。エッセイの名手としても知られ、近著に『九十歳。何がめでたい』『冥界からの電話』など。

「2019年 『気がつけば、終着駅』 で使われていた紹介文から引用しています。」

こんなふうに死にたい (新潮文庫)のその他の作品

佐藤愛子の作品

ツイートする