桜島/日の果て (新潮文庫 う 3-1)

著者 :
  • 新潮社
3.89
  • (7)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101066011

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一気に読み終わり!
    帯につられて買ったのはいつだったか…。3年前か。
    ずっと読まずにおいておいて、ふと読みたくなり、一気に読了。

    戦争を題材にしながら、それに対する変な涙はどこにもなく、人間の心情を書いている……と私は思った。
    こういう小説好き。

  • ゼミの顧問の先生の好きな作家だったので、前々から読んでみたいと思っていた作家の本。
    僕はもともと戦争を扱った小説が好きなので、楽しんで読むことができた。しかし戦争とは関係のない「蜆」や「黄色い日日」といった作品も予想以上に面白く、同作家の他の作品も読みたくなった。

  • 戦後文学のなにふさわしい表題作二作もたいへんおもしろかった(『戦争文学』への賛辞には不謹慎かしらん)ですが、個人的に一番好きな話は「蜆」でした。立派なコートの語る、長く深い「にんげんとはじんせいとは何なのだ」を問う物語に対して、「知らんがな」程度の反応しか返さない、のんべえの主人公。あっけらかんとした読み心地のラストなのがまたいい。
    どの話も全編にわたって、泥と曇天がいかにも似合いそうな空気が立ち込めていますが、もしも映画化するならば、「嫌われ松子」の中島監督にやってほしい。とおもった。

  • 作者の梅崎春生は、1944年に海軍へ招集されて暗号特技兵というものを務めたそうだ。その時の体験を踏まえて描かれたのが、表題作の『桜島』である。戦争末期、米軍の上陸に備える桜島へ転勤になった暗号兵・村上。「死について考えることが、生への執着を逆にあおっていたに違いなかった」という。
    この作品を読んでいて、戦後まもなく書かれたような気がしないと感じていた。作品では「戦地」という死が目前に迫った場所ではあるが、なんとなく、現代でもいつでも死はそこにあるものだと考えれば、深く共感したり、考えさせられたりする。
    この作家がいたことを知らずにいたことがもったいない。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

一九一五(大正四)年福岡市生まれ。小説家。東京帝国大学国文科卒業前年の三九(昭和一四)年に処女作「風宴」を発表。大学の講義にはほとんど出席せず、卒業論文は十日ほどで一気に書き上げる。四二年陸軍に召集されて対馬重砲隊に赴くが病気のため即日帰郷。四四年には海軍に召集される。復員の直後に書き上げた『桜島』のほか『日の果て』など、戦争体験をもとに人間心理を追求し戦後派作家の代表的存在となる。『ボロ家の春秋』で直木賞、『砂時計』で新潮社文学賞、『狂い凧』で芸術選奨、『幻化』で毎日出版文化賞。一九六五年没。 一九六九年三重県生まれ。文筆家。「大学在学中からフリーライターの仕事を始めるも、なかなか生計が立てられず、アルバイトで食いつなぎ、現在にいたる」というプロフィールを長く使い続ける怠惰ぶり。著書に『活字と自活』『書生の処世』『日常学事始』(本の雑誌社)、『閑な読書人』(晶文社)、『本と怠け者』(ちくま文庫)など。

「2018年 『怠惰の美徳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桜島/日の果て (新潮文庫 う 3-1)のその他の作品

桜島 (青空文庫POD(ポケット版)) オンデマンド (ペーパーバック) 桜島 (青空文庫POD(ポケット版)) 梅崎春生
桜島 (青空文庫POD) オンデマンド (ペーパーバック) 桜島 (青空文庫POD) 梅崎春生
桜島 (青空文庫POD) オンデマンド (ペーパーバック) 桜島 (青空文庫POD) 梅崎春生

梅崎春生の作品

ツイートする