永遠の都〈7〉異郷・雨の冥府 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
4.10
  • (4)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (437ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101067131

作品紹介・あらすじ

終戦の晩秋、悠太の母初江とふたりの弟が疎開先の金沢から、延焼せずに残ったわが家に帰ってきた。悠太は都立高校に進級、弟たちも六中に編入、彼らの新しい生活が始まった。昭和21年9月夏江の出産、翌22年5月晋助狂死、翌月利平病死、五郎は夏江に手紙を残し自殺。初江は娘の央子のパリ留学に晋助の夢を託した。永遠の都・東京に生きる一族の戦争と平和を描く自伝的長編小説の完結。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全7巻の長作をやっと読了。
    その長さや複雑さからから、軽い気持ちでお薦めできる作品ではありません。
    が、それらのとっつきづらさを乗り越えたなら、最後に必ず大きな感銘を受けるはず。この本を読むことは人の一生というものを腰を据えて考えること、とも言える気がします。
    哀しい晋助の末路、悠太と五郎の善人と悪人についての問答、利平の生涯の幕引き、そして最後の夏絵に宛てた五郎の手紙。この最終巻には特に引き込まれる場面が多くありました。

    もし菊絵が亡くなったときに利平がいとと別れていたら?
    もし初江が晋助と恋をしていなかったら?
    もし五郎が虐待されずに育っていたら?
    もしこの時代じゃなかったら?

    読後もたくさんのもしもの可能性を思い、思考の海に沈むことがしばしば。
    人の気持ちの移り変わり、数多の出来事を越えて全くユニークな、その人固有の人生が形作られることの貴重さに改めて想いを馳せました。

    他には大人が綴ったとは思えないリアルな悠太の回想や、戦火の描写の躍動感には特に感じ入りました。
    美しいこと、汚いこと。全てを濁さず流さずどこまでも突き詰めて文という形にした、筆者の細やかな視点と強い精神力に敬服します。

  • 02.6.9

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

加賀 乙彦(かが おとひこ)
1929年、東京都生まれ。東京大学医学部卒業後、精神科医として勤務のかたわら、小説の執筆を始める。『フランドルの冬』で芸術選奨文部大臣新人賞、『帰らざる夏』で谷崎潤一郎賞、『宣告』で日本文学大賞、『湿原』で大佛次郎賞、自伝的小説『永遠の都』で芸術選奨文部大臣賞、自伝的大河小説『雲の都』で毎日出版文化賞特別賞を受賞している。その他の著書に、『錨のない船』『不幸な国の幸福論』など多数ある。
近年は、殉教者を描く歴史小説『ザビエルとその弟子』、ペトロ岐部の生涯を描いた『殉教者』などを発表。

永遠の都〈7〉異郷・雨の冥府 (新潮文庫)のその他の作品

加賀乙彦の作品

ツイートする