宣告(上) (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.74
  • (15)
  • (12)
  • (24)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 185
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (494ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101067148

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 透明感があるのはなぜだろう。
    ゆっくりと、時には早く時を刻む死刑囚の監獄。実際の時間の経過は早いのか遅いのか分からない空間での、囚人達の状況、気持ちが自然に描写されている。
    人間をあらゆる自由と文明から隔離し、ただ死だけを待つ、、そのために人間の本質がよく見えるからか、この小説には透明感すら感じる。読んでいくうちに感覚が研ぎ澄まされる。なぜか落ち着いてくる。あらゆる感情が波のように現れては消えていく。生とは何か。死とは何か。暗い場所なのに光が見える。絶望なのに希望を感じる。対極なものを見せつけられるともっとそれを比較することができる。悪あっての善。まるで聖書を読んでいるかのような、安息を感じる。

  • 挫折

  • 大学生1年生早速授業をサボって読んでいたっけ、懐かしい思い出です。
    その頃に読んでいたので、汗のジトっとした印象があります。(当時の読んでいた記憶)

    安藤という若い青年の生い立ちから事件を起こすまでが書かれるのえ、てっきりその人が主人公かと思っていた。
    群像劇…とまでは言わないが、主人公(に近い)楠本他家雄とその周りの人々のエピソードが並行して進んでいく。

    上巻では、終わり1/4くらいが、楠本の回顧録という形で綴られていく。
    色んな人の思い(込み/記憶のすり替え)等があるので、何が正しいのかはわからないが、強弱ありながらも話は進んでいく。

  • 拘置所医務技官であった著書が実体験をもとに
    書かれたもので、
    死刑囚の心の微妙な描写が
    言葉でうまく表現されている。

  • 上中下読了。かなりのボリュームでしたが、読ませる力を持った本でした。
    刑務所の中に方々を描いているのですが、ラストは涙が止まらなかった。
    死刑とは人を2度殺めること…という主人公の言葉が印象的でした。
    死刑が決まってからその日を迎えるまで、想像を絶する心理状態なのだと思います。

  • 初めて読んだ加賀乙彦で、かつ一番好きな本。

    実際にあったアプレゲールと言われる世代のバーメッカ殺人事件を元にした小説。

    戦後、正しいと思っていた事が全て覆る、価値観の変わり方は多分私には想像できない。

    慶応を出てなに不自由ないと思われた主人公がこのような犯罪を犯したのはその価値観の変遷についていけない、繊細な部分があったのかな?とも思う。もちろん大多数は順応していったわけだし罪は罪なのですが。

    加賀乙彦という人は陸軍幼年学校在学中に敗戦を迎えた人だ。

    だからこそ、精神科医になったのかな。 ここまで書きかけ。

  • 数珠つなぎ的な話から書いておくと、この小説は中島義道『哲学の教科書』(http://booklog.jp/users/pn11/archives/1/4061594818)で知った。この本は色々参考文献が載っていて、あとは神谷美恵子とかも載っていたはずだけどよく覚えてない。

    最初の100ページくらいは2009年ごろに読んでいたのだけど、そのあと長らく放置していた。雰囲気しか覚えてなかったので、また最初から読んでみた。死刑囚の登場人物が最初から何人もいて、少しずつ彼らがなぜ死刑判決を受けたのかが明らかになってくるものの、主人公が何者かはほとんど明かされず、ようやく上巻の最後のほうで主人公の回想が始まるのでとっつきにくかったのかも。ほとんどが刑務所内での描写で暗く重苦しい感じな分、上巻から中巻にかけての主人公の回想は読みやすかった。

    主人公と言ったけど、死刑囚の主人公の他に途中から精神科医(作者の分身?)の視点での部分もあり、この二人が主人公らしい。

    「おせんころがし殺人事件」の犯人が登場して主人公と同じ刑務所に収容されている。その他にも実際の事件を題材にしてるのかも知れない。ちなみに、主人公は東大(作中ではT大)出身者で戦後初の死刑判決の被告ということになっているけど、調べてみたら東大出身で戦後初の死刑はオウム事件の被告らしいので、どうも違うらしい。

    現在中巻を読み進め中。今度は順調に下巻まで行くと思う。

  • 重苦しい…あと中下巻あるなんてと思う一方、興味深い。。死刑確定囚達の心理。筆者は犯罪心理学と精神医学の権威、刑務所の勤務医経験もあるそう。死刑囚達にはかなりはっきりモデルがいるらしい。全三巻読み終えないと何とも言えない。生々しい精神描写ないし身体の描写で読むにたえない所と、何とか読める所がある。興味深いのは確か。

  • 断念 中・下後2巻。だいたい800ページ。それだけを読もうと思わせるもんがなかった。むしろ上巻450Pをよく読んだと思う。非常に、エンターテイメント性がない、だらだらしている。それを淡々とした筆致と呼ぶのかもしれないが、きつい。きつすぎる。

  • 「モリのアサガオ」が良かったら、
    コレは外さない小説だと思います。
    キリスト教が軸になっている話で、重くて面白いです。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

加賀 乙彦(かが おとひこ)
1929年、東京都生まれ。東京大学医学部卒業後、精神科医として勤務のかたわら、小説の執筆を始める。『フランドルの冬』で芸術選奨文部大臣新人賞、『帰らざる夏』で谷崎潤一郎賞、『宣告』で日本文学大賞、『湿原』で大佛次郎賞、自伝的小説『永遠の都』で芸術選奨文部大臣賞、自伝的大河小説『雲の都』で毎日出版文化賞特別賞を受賞している。その他の著書に、『錨のない船』『不幸な国の幸福論』など多数ある。
近年は、殉教者を描く歴史小説『ザビエルとその弟子』、ペトロ岐部の生涯を描いた『殉教者』などを発表。

宣告(上) (新潮文庫)のその他の作品

宣告 (上) (新潮文庫) 文庫 宣告 (上) (新潮文庫) 加賀乙彦

加賀乙彦の作品

宣告(上) (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする