ぼく東綺譚 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.41
  • (28)
  • (49)
  • (113)
  • (12)
  • (4)
本棚登録 : 562
レビュー : 67
  • Amazon.co.jp ・本 (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101069067

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 関東大震災の記憶が残る昭和初期の東京。作者に比した小説家の主人公がふとしたことから玉の井の私娼街で出会った娼婦の家へ入り浸り、ある夏を過ごした様子を作者自身の経験と重なり合わせた物語。さらに本小説の中で、小説「失踪」を書いている主人公という三重構造になっていて、それぞれの絡み具合が絶妙なところ。
    少しインテリが悪(?)をしているという描きぶりですが(笑)、昭和初期の東京の風情と風俗を五感で感じられるような描写に大いに興味がそそられました。馴染みになった男女の機微も見せ所ですが、現代人の自分には少し会話についていけない部分がところどころあり(笑)、物語の進展に乏しいと感じてしまうのは時代の感覚がズレてしまったせいだろうか。しかし、男女の和んだ風情が心地よく、情感溢れるたたずまいが良かったです。そして、客と馴染み娼婦の間柄が、ひとたび妻にすると別な女に化けるという達観した結婚観で主人公が女と別れるという流れはとても面白かった。(笑)後日談をわざと描かず、詩をもって飾るというラストも秀逸。
    作者自身によるエッセイ風のあとがきも当時の東京風景と荷風自身の思い出話が盛んで、当時の世相も絡んで興味深い。

  • 「わたくし」が初めてお雪の家に上がり込んだときの会話が素晴らしい。長いこと遊んできただけあって、いっさい無駄玉を撃たない。リアル世界でもこんなだったらいろいろすっきりしたものだろう。

    結局「わたくし」はお雪から離れようとするのだけれど、すっぱり切りがたい逡巡する心の描写がせつなかった。男がずるいのは確かだけれど、あの年で一直線の恋なんてできないのもよくわかる。あんまりわかりたくないけど。

    結末の唐突さもよかった。人と切れるときはいつだって突然だ。説明なんかない。

  • 隅田川の東岸、玉の井の私娼街を舞台に、去りゆく明治の時代への詠嘆をこめた随想的小説。抑制され落ち着いた筆致は単なる懐古主義にとどまらず、現代を生きる我々にも大きな共感を誘う。

  • 友人の薦めから一気に読み切った。隅田川東岸の私娼窟玉の井(東武伊勢崎線東向島駅付近)を舞台に、小説家・大江匡と娼婦・お雪の交際を描く。

    江戸情緒残る盛場の風情が季節の推移と共に描かれる模様は秀逸。この街には「ぬけられます」「安全通路」等と書かれた路地が多数存在、筆者はラビラント(迷宮)と呼ぶ。

    「こんな処は君見たような資産家の来るところじゃない。早く帰りたまえ」という巡査とのやりとりや、「この辺の夜店を見歩いている人達の風俗に倣って、出がけには服装を変ることにしていた」あたりは筆者の奇人ぶりが垣間見えておかしい。

  • 昭和の風俗を描きつつ、江戸の名残りを漂わせた随筆風の小説です。
    娼婦のお雪となじみ、出会いと別離を描き、滅び荒んでいく東京の風俗への愛着を、風刺も含めて描いていきます。
    樋口一葉を意識して書かれているとか、いないとか。
    昭和の風俗、良き時代がそこにはあります。

  • (リリース:まゆこさん)

  • 風情溢れる文。盛り上がりにはかけるのでやや眠たくなった。東京の昔の街並みが描かれている。

  • 古く良き時代の東京の移ろいが描かれいる。
    半藤一利さんらの『世界史としての日本史』に著者がしばしば登場して、その風刺に興味を持ち読んでみました。
    昔のひとの教養には感服しますね。

  • 昭和初期の東京の下町の様子が目の前に浮かぶようだ。 

  • ふしぎな味わいだった。濹東といういわゆる青線地帯(私娼街)を舞台に、私娼のお雪と作家の淡い恋に似た感情の行き違いが淡々とした筆致で綴られている。昭和初期とは思えぬ乾いた風情のある風景描写を読むにつけ、つくづくと日本は戦前と戦後でハッキリ二分された国になったのだなあとしんみりした。私の母方の曽祖父は地主のひとり息子の遊び人で芸者だった曽祖母を落籍して妻としたのだが私には面識のない今は亡き二人に、過ぎ去りし時代の面影を聞かせてもらいたくなった。曽祖父は冬場も素足に下駄で細身の着流しだったそうな。

全67件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

一八七九(明治一二)年東京生まれ。高商付属外国語学校清語科中退。一九〇三年より〇八年まで外遊。帰国して『あめりか物語』『ふらんす物語』(発禁)を発表。一〇年、慶應義塾大学教授となり『三田文学』を創刊。五二年、文化勲章受章。五九(昭和三四)年没。主な作品に『腕くらべ』『つゆのあとさき』のほか、一九一七年から没年までの日記『断腸亭日乗』がある。

「2018年 『麻布襍記 附・自選荷風百句』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ぼく東綺譚 (新潮文庫)のその他の作品

永井荷風の作品

ぼく東綺譚 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする