ぶらんこ乗り (新潮文庫)

  • 新潮社
3.82
  • (902)
  • (782)
  • (1073)
  • (114)
  • (39)
本棚登録 : 6151
レビュー : 885
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101069210

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 声は出せないけど
    ぶらんこが上手で
    動物と話ができて
    つくりばなしが得意な
    一人の男の子と、

    そしてその子の
    つくりばなしに救われた
    姉の物語。



    金城一紀の「映画篇」や
    ティム・バートン監督の「ビッグ・フィッシュ」
    に触れた時に感じた
    「物語の力」を
    これでもかと思い知らされた小説です。



    姉が喜ぶ顔が見たいがために
    ノートに書き綴った
    4歳の弟が考えたおはなしの数々。

    哲学的で考えさせられる話ばかりだけど、
    自分の胸には
    痛いほど響いてきました。




    命がけで手を繋ぐことで絆が深まる
    ぶらんこ乗りの夫婦を描いた
    「手をにぎろう!」


    そして声を失った弟の
    切実な思いが込められた
    歌を捨てた郵便配達員の話
    「うたうゆうびんはいたつ」
    には
    まんまと泣かされましたよ…(>_<)


    やがて弟は初めてのサーカスでぶらんこに魅せられ、
    この世のいろんなものと
    しっかり手を繋ぐために、
    誰よりも上手い
    ぶらんこ乗りになっていく。



    犬の伝言板として再生した
    「指の音」という変な名前の犬と
    声を無くした弟との
    向かい合う空中ぶらんこのような絆がまた
    なんともあったまるこな気分をくれるし、

    指の音の腹に書かれた
    最後の伝言はもう
    反則でしょ〜(泣)



    なぜ人は物語を必要とするのか?


    物語とは
    想像力の翼で空を翔る
    魔法の絨毯のようなもので、

    人間はその「物語」によって
    他者の苦しみや痛みを自分のものとして味わい、
    人を憂う心を身に付けていく。


    人間と他の獣を隔てるものは
    物語を必要とするかしないか、
    その一点に尽きるんだと思う。



    ラスト「冬の動物園」で鮮やかに見せてくれる
    希望の錬金術には
    誰もが泣き笑いになること必至。
    (いしいしんじやるじゃんって思った瞬間でした)


    シュールでへんてこだけど、
    いつまでも記憶に残る
    愛しい小説です。


    あなたに重なる物語も
    必ずここにありますよ。

  • わたしこれ大好きだ!
    いい本に出会えたなぁ!!
    ストーリーも、姉弟も、家族も、指の音(犬)も、すべてがいとおしい。
    いくら本人(本犬?)が喜んでも、犬の腹に文字かいちゃいかんだろ!と思ったけれども、それを差し引いてもすごくよかった。

    弟のつくるひらがなだらけのお話には、はっとさせられるものがあった。
    この絶妙な文章や視点は、まさに、“幼いけれどたくさんの言葉と感情を吸収した男の子”が作ったものに思える。
    「手をつなごう!」なんて、しびれるじゃないか!たまらない。

    そして両親から届いた、1通目の手紙の真相。
    小さいからだでノートにむかい、一生懸命言葉を選ぶその姿を想像すると泣けてくる。

    あぁすごく良かった。
    小中学生に読んでほしいな~と思ったけれど、この歳になって読むから文字だけじゃない部分を読むことができ、心に染みたのだろうか?

  • 動物がいっぱい出てきて不思議でゆるっと可愛くてユーモラスなのに、やんわり不穏な空気がずっと漂ってるお話。悲しいことは悲しくて、残酷なことは残酷で、全然シビア。それでも、出て来る登場人物と文章のタッチが優しくて愛しかった。あったかい余韻が残る終わり方。すごく好き。

  • 意外とハードなできごとが多い。
    最初はちょっとイヤな気分になるところも…
    でも、ひとつひとつの表現が可愛らしくて好きだった。
    ひらがな混じりの文が、句読点の使いかたが、丁寧に感じられて全体的にやさしい雰囲気だった。

    さよならの理解の仕方、納得の仕方がいい。
    自分なりの考えを見つけることは大切。自身の1番の救いになると思う。

    本気のさよならはいなくなったひとをちょうどいいところへぶらさげる

    弟の孤独は、ひとりになったことで癒されたのかな

  • 1ページめから、もうぐっときてしまいました。こんなふうに感じさせてくれる作家さんなかなかいないです。いしいしんじさんがますます大好きになりました!

    一回読むだけじゃ足りないです。何度も何度も味わいたい素敵なお話。

  • たまらない。
    この雰囲気。

    賢くて
    動物と話ができて
    ブランコ乗りと指を鳴らすのが、誰より得意な男の子。

    そんな弟を持った、一人の女の子の物語。


    どうしよう。
    上手く言葉にできません。

    ぶらんこ、サーカス、夜の散歩
    絵はがき、夜ふかし、犬の掲示板

    この言葉が気になった人には
    とにかく、読んでみて欲しい。

  • 久々に読んで、やっぱりこの人は天才だ!と思った。

    すごく優しいのに、すごく冷静で客観的。

    明らかにフィクションの、「ものがたり」なのに、
    非常に現実的に、ものごとを描き出す。

    月と地球がほどよい引力で引きつけ合っているように、
    人と人とも、それぞれがそれぞれの引力で引き合う。

    --------------
    「わたしたちはずっと手をにぎってることはできませんのね」
    「ぶらんこのりだからな」
    だんなさんはからだをしならせながらいった。
    「ずっとゆれているのがうんめいさ。けどどうだい、すこしだけでもこうして」
    と手をにぎり、またはなれながら、
    「おたがいにいのちがけで手をつなげるのは、ほかでもない、すてきなこととおもうんだよ」
    ひとばんじゅう、ぶらんこはくりかえしくりかえしいききした。あrしがやんで、どうぶつたちがしずかにねむったあとも、ふたりのぶらんこのりはまっくらやみのなかでなんども手をにぎりあっていた。
    -------------(146頁)

    人間が人と関わりながらいきていくということの、
    それだけで生まれる哀しさ、喜び。

    ときに残酷な面も示しながら、つよくやさしく生きていくことを教えてくれる小説。

  • 家族(飼い犬も含めて)の愛情に満ちた、美しいお話でした。
    引力っていい言葉だ。ちょうどいい距離で、お互い支え合っているような感じがする。
    いしいさんて、こんなおはなし書く人だったんだ。ちょっと不思議だけど、すごく惹きつけられます。

  • 誕生日プレゼントに貰った本で
    なんて日本語ってすごいんだろうって思った。

    ひらがなの魅力についてこんなに衝撃をうけるとは!

    優しい雰囲気
    危なげな空気感
    じわりじわりと感覚で自分に落ちていく感じ。

    ああ、なんだか不思議。
    『ぼく』の気持ちがリアルに見えるみたい。
    風景もまるで本当に見えているかのよう。

    読んでいるけれど感じているという
    不思議な感覚に陥った一冊。
    トリップしたのだ、きっと。

  • 自己で声をうしない、動物たちのことばを理解することができるようになった弟と、彼ののこしたノートに記されているいくつもの物語をたどる姉をえがいた作品です。

    著者はしばしば「物語作家」ということばで紹介されていますが、本書でも物語の美しさにひたる歓びを読者にあたえてくれますが、それだけではなく、いろいろな読み方に開かれている小説です。

    本書では、死んでしまった弟ののこしたノートを姉が受け取ることからはじまります。そこに記されている物語は、弟が動物の語る声に耳を傾け、聞き取ったものとされています。そして本書の終わりのほうでは、飛行機の事故に遭いもはやこの世にはいなくはずの両親からの手紙が届けられます。これらのことから明瞭にうかがえるように、本作はメタ物語的なモティーフを含み込んでいる小説だといえるでしょう。

    いうまでもなく、ミステリにおいてこうしたメタフィクショナルなモティーフは自覚的に追及されてきました。しかし、それらの試みは袋小路に入り込んでしまっているように思えます。佐藤友哉までもが民俗学的な想像力に「物語」を開放する可能性を求めたのは、個人的にはこうした主題からの明らかな後退であるように思えます。

    これに対して本作は、「他者」や「異界」からの呼びかけを聞き取ることに物語の「起源」を求めようとしてはいないということができるでしょう。たしかにそれらの物語は、動物や死者、エクリチュールなどのかたちで姉のもとに届けられているのですが、「他者」や「異界」へと遡行するわれわれの試みは、それらの物語が相互に嵌入しあうような作品世界のなかに巻き込まれていくことになります。

著者プロフィール

いしいしんじ
1966年、大阪生まれ。京都大学文学部卒業。94年『アムステルダムの犬』でデビュー。
2003年『麦ふみクーツェ』で坪田譲治文学賞、12年『ある一日』で織田作之助賞、
16年『悪声』で河合隼雄物語賞を受賞。
そのほか『ぶらんこ乗り』『ポーの話』『四とそれ以上の国』『海と山のピアノ』など著書多数。
趣味はレコード、蓄音機、歌舞伎、茶道、落語。

「2019年 『マリアさま』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いしいしんじの作品

ツイートする