トリツカレ男 (新潮文庫)

  • 新潮社
3.98
  • (861)
  • (829)
  • (721)
  • (68)
  • (20)
本棚登録 : 6267
感想 : 906
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101069234

作品紹介・あらすじ

ジュゼッペのあだ名は「トリツカレ男」。何かに夢中になると、寝ても覚めてもそればかり。オペラ、三段跳び、サングラス集め、潮干狩り、刺繍、ハツカネズミetc.そんな彼が、寒い国からやってきた風船売りに恋をした。無口な少女の名は「ペチカ」。悲しみに凍りついた彼女の心を、ジュゼッペは、もてる技のすべてを使ってあたためようとするのだが…。まぶしくピュアなラブストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • マリモさんのレビューを読んで。

    ステキなラブストーリーでした。
    お話の初めは、ジュゼッペが何かに夢中になる様が面白おかしく書き綴られていて、街のみんなと一緒に読者も、ジュゼッペのことを半ば呆れて見ているのではないかと思います。
    ペチカに恋をしてから、今まで夢中になってきた数々のこと、オペラ、三段跳び、サングラス集めetc.がなぜか役に立って、『え?“ベストキッド“の車にワックスがけしてただけでいつの間にか空手が強くなっちゃうやつ?』(←伝わってますか?)的な感じでますますププッと面白くなってきます。
    でも、後半はもう切なくて切なくて、ジュゼッペの友だちのハツカネズミと同じく、『ジュゼッペ!違う!そんなの間違ってる!』と叫びたくなってしまいました。
    でもそれは間違っているんじゃなく、私にはジュゼッペのようなそんな真っ直ぐな愛し方ができないだけなんでしょうね。
    相手が笑顔になってくれることだけを考えて、どこまでも自分を犠牲にする。そんなジュゼッペの姿に胸が引きちぎられそうになります。
    なんだかおとぎ話のようなお話で、昔ハマってよく観ていた野島伸司のドラマの世界観に似ているなぁと思いながら読みました。
    とてもとても切ないラブストーリーでした。
    マリモさん、素晴らしい本に出逢わせていただきありがとうございます!

  • ほわーっと、優しい作品でした。
    忘れかけていた何かを思いださせてくれるような、
    そして、優しく温かい読後感をもらえました。

    海外の童話を読んだ…、というような感じのする不思議な世界観があります。
    登場人物は、
    ジョゼッペ(とりつかれ男というあだ名で、親しまれている男)。
    その相棒のハツカネズミ(言葉がわかる)
    ペチカ(ジョゼッペが、恋に落ちる風船売りの女の子)
    タタン(ペチカの婚約者)
    その他(秘密の兄弟を含みます…、誰でしょう?!)

    語りかけてくるような面白い文体、柔らかさや、力強さもあるような文体が、楽しいです。読みはじめは、読みにくいと思えたのですが、だんだん慣れて来ます。短いお話なので、二回読んでみると、一回目の読みはじめのところも、スッと入ってくる感じがします。
    表紙と、挿し画も、不思議で、印象的ですよ、ねえ。

    「100万匹のねこ」という絵本を、思い出しました。
    ワンダ、ガアグ 作、絵で、アメリカの作家さんです。
    私の子供が幼い頃、さんざん読み聞かせた本です。
    この本の内容も、ちょっと、とっても不思議な…、
    感じのする内容や、言葉のリズム感が、面白いと人気でした。
    表紙や挿し絵が、彩色のない白と黒のコントラストで
    インパクトある、木版画のもので、雰囲気が似ている気がしました。
    「トリツカレ男」の装画と挿し画は、早川純子さん。やっぱり版画で、版画家さんのかたです。
    この雰囲気がとっても似ているなと思えたところが、私にとって読むきっかけとしてはじめに、
    私が、トリツカレてしまった―ところです(笑)

    あと、「花束みたいな恋をした」の映画や、ノベライズ本の作中に、登場した小説家さんは何人もいるのですがその中の1人が、いしいしんじさんでして。
    それで、ちょっと気になっても、いました―

    とっても薄い文庫本で、スキマ時間でも読めてしまいます。そして、旅のお供にも最適です―。
    実は、9月18日から20日に、3年ぶり位の家族旅行に、連れていきました。コロナ禍で、、久しぶりでした。やっと行けました〰️。台風は、気になったのですが、天気も大丈夫で、凄く幸運でした(^ー^)

    そこで、富山県美術館にも、行ったのです~。
    富山美術館開館5周年記念、西洋絵画400年の旅
    ということで素晴らしかったです。
    私は西洋絵画、全然詳しくはないし、
    わからないのですが、とてもとても良かったです~

    • チーニャ、ピーナッツが好きさん
      それから、yy さんの本のレビューから、私にはちょっと難しい内容の本の世界をそれで、覗かせてもらえている感じがしていて、とても幸せに感じてい...
      それから、yy さんの本のレビューから、私にはちょっと難しい内容の本の世界をそれで、覗かせてもらえている感じがしていて、とても幸せに感じています。ありがとうございます。
      これからもどうぞよろしくお願いします。
      2022/09/30
    • yyさん
      ちーちゃん

      コメントのお返事、たくさん ありがとうございます。
      嬉しい♪☆彡
      やっぱり、ちーちゃんって優しい!
      ちーちゃん

      コメントのお返事、たくさん ありがとうございます。
      嬉しい♪☆彡
      やっぱり、ちーちゃんって優しい!
      2022/09/30
    • チーニャ、ピーナッツが好きさん
      また、ありがとうございます(^^)
      途切れ途切れの読みにくいコメントで、すみません。
      ちーちゃんていわれるのも、じんわりきました~ありがとう...
      また、ありがとうございます(^^)
      途切れ途切れの読みにくいコメントで、すみません。
      ちーちゃんていわれるのも、じんわりきました~ありがとうございます〰️!!
      2022/09/30
  • 一万円選書の紹介本です。
    トリツカレ男のジュゼッペ。夢中になると寝ても覚めても、仕事中も夢中。やるときは、とことんやる。度を越してしまうジュゼッペだけど、周りの皆はそんな彼が大好きで受け入れている。
    最初から最後まで、わくわくしぱなっしです。
    子供にも大人にもおすすめの一冊です

  • いやぁ〜もう
    大好きな小説です。

    コレ何回読んだかなぁ〜♪

    みんなから
    「トリツカレ男」ってあだなで呼ばれているジュゼッペ。

    次々となにかにとりつかれて
    その道を極めていく困った性分。

    オペラに三段跳びに
    探偵に昆虫採集に
    外国語にカメラ集めに潮干狩りに
    ハツカネズミの飼育、
    心の赴くままに
    ただ好きなことを
    本気でやり抜くだけ。

    そんな彼が風船売りの少女ペチカに
    恋をした。

    果たして
    悲しみに凍てついた彼女の心を
    トリツカレ男はあたためることができるのか…

    という
    ウルトラミラクル
    ラブストーリー。


    童話的で無国籍情緒溢れる物語の中に
    教えられたことが沢山あります。

    トリツカレ男となり
    その都度得てきた能力をフルに活用して、
    ペチカのために
    西に東に奔走するジュゼッペ。

    彼を動かす原動力となるのは、
    好きな人をただ救いたいという気持ちだけ。


    結局人の心を揺り動かすのは
    打算や計算じゃなく、
    愚直で不器用なまでの生き方や
    『好き』だからこその行動力なんだろうな。

    しかし、こんなカッコいい男がいたら、ペチカでなくとも
    メロメロになっちゃいますよね(笑)


    焼きたてのパンを割ったときの
    綿菓子みたいな湯気が好きだと言う
    風船売りのペチカ嬢の
    キャラがまたいいんですよ(笑)

    他にも
    ジュゼッペの親友で
    人間の言葉が分かるハツカネズミや、
    マフィアのボスで
    昆虫の標本マニアの
    ツイスト親分、
    ジュゼッペが働く
    優しいレストランの主人、
    ぜんそくの病を持つペチカのママなど、
    魅力的で温かい登場人物たちが
    物語に色を添えます。


    人を好きになるということは
    誰かの心に種を蒔くこと。

    その種はやがて芽吹き、
    実をつける。

    新たな種は、
    今度は別の人の心に蒔かれて
    想いは繋がっていく。

    たとえ想いが叶わなくても、
    今は花は咲かなくても、
    たった一人の理解者に出会えたなら、
    その気持ちを伝えなくちゃ。

    今自分ができる
    全力を尽くさなくちゃ。

    『一期一会』とは、
    そういうことなんだろうな(^_^)


    カッコいい男をお探しのアナタ、
    今現在恋している人、
    夢を追いかけている人、
    必読ですよ(笑)

  • 何かに夢中になるとそのことばかりにとりつかれてしまう「トリツカレ男」、ジュゼッペ。オペラ、三段跳び、探偵ごっこ。あらゆるものにとりつかれるジュゼッペが突然とりつかれたのは公園で風船を売る異国の少女、ペチカだった。
    相棒のハツカネズミの奮闘により、ペチカとの仲を深めていくジュゼッペだが、ペチカはジュゼッペの知らない大きな哀しみを抱えていたのだった。

    やわらかい言葉で紡がれたとても優しい物語だが、根底に流れる孤独や喪失の哀しみが奥行きを与えている。泥水を攪拌した後の透き通った上澄みのような印象を与える物語だ。

    ジュゼッペの家族については一切語られないが、人と同じように生きられない彼は、これまでの人生の中で孤独を感じることが多かったのではないかと想像できる。ジュゼッペの相棒であるハツカネズミも家族に捨てられた身だ。そんな二人(一人と一匹)が、異国の地で必死に生きるペチカの心の哀しみに気づき、力になろうと奮闘するのは、同じ哀しみを経験している者ならではの優しさである。

    一見子供向けのおとぎ話のようだが、根底に流れる哀しみとそれを経た優しさは、さまざまな経験を重ねた大人であればなおいっそう深く感じることができるのではないだろうか。そして皆が幸せになる物語のラストは、優しい者たちに対する著者からの贈り物ではないかと思う。

  • トリツカレ男,ジュゼッペ。
    風船売りペチカに恋をした。
    相棒のハツカネズミの言葉"何かに本気で取り憑かれる事はムダじゃない。"は本当だと感じた。純粋な彼の行動に胸が熱くなる。

  • 神尾茉利さんの『刺繍小説』に紹介されていた一冊。トリツカレ男なんて、ちょっと変わったタイトルだけど、主人公のジュゼッペと親友とも言えるハツカネズミの軽妙でささやかな毎日に、ほんの数行で惹かれてしまった。

    私達の毎日で、トリツカレちゃうほど夢中になる何かを、一体いくつ持てるだろう。ジュゼッペみたいに感情の起伏が激しい日常じゃ、長いお休みをもらえない私達は、暮らしにくいだろう。でもジュゼッペを見てると、全然馬鹿げては見えないし、むしろ多才なのに、なんとなく報われない彼が愛おしくなる。

    この頑張りは、なんのためだろう。そう思っていたら、彼は出会ってしまうんだ。たった一人の大好きな人、可愛い少女、ペチカと。ペチカはとっても可愛い。健気な女の子。ジュゼッペといるのが楽しくて仕方ない。ゆっくり心を近くする二人。だけど…。

    報われなくても、自分がきゅうっと苦しくても、愛してる人のためなら、何だって出来る時がある。そう、なんだって。彼女が笑ってくれたなら…。まるでバレエの『ペトルーシュカ』みたいに、ジュゼッペは壊れてしまうのかなって、泣きそうになりながら読んだけど…。そこから先は、ないしょ。悪いやつが一人も出てこない、この恋物語を読んでほしい。

    眠れないからってラジオ聴きながら、心はこの小さな本に傾けて、ものの30分で読んでしまった。明日まで、もうちょっと。嫌にならずに眠って、朝日と一緒に起きてみようって、幸せな気持ちになったから。

    レビューだけ見てつまらなそうなんて、どうか言わないで。目玉焼きを二人分こさえる間にも、トリツカレてすいすい、きっと読んじゃうだろうから。

  • この本は、「1万円選書」で有名な北海道の小さな書店の店主、岩田徹さんのお勧め本だったので、読んでみました。
    薄い童話のような本で、すぐに読み終わりましたが
    、とても深く、心暖まる内容でした。
    ぜひぜひ読んでみて下さい。

  • 著者独特の空気感。
    日本人作家なのに、どこか海外文学を読んでいるような感覚。
    人の強く思う心は、周りに影響を与え、回り回って、返ってきてくれる。
    最終章で、分かっていたけど、嬉しくて顔が自然と綻ぶ。
    ピュアなラブストーリー。爽やかな読了感。

  • 再読了。

    以前読んだのはいつだったっけ…


    前回読んだときもトリツカレ男、
    ジュゼッペの世界に
    引き込まれながら読んだものの
    今回は感じる度合いが比じゃなかった。

    相手のために自分を犠牲にする、
    そう思われるジュゼッペ。
    でもそれは違う。
    相手のためとかじゃない。
    「ただただ相手を想っている」愛、それだけ。
    そんなジュゼッペの気持ちもよーくわかる。

    無口な少女のペチカに恋をして、
    夢中になるジュゼッペ。
    いつも寄り添い、いろんな話をしていくうちに
    彼女の笑顔の奥にあるかげりや不安に気づき、
    なんとかしようと今度は全力で守りにいく。

    あれからいろんな経験をして、
    辛さ、苦しさ、悔しさ、
    寂しさ、そして愛おしさを細胞1つ1つでめいいっぱい感じてきた今だからこそ、深く入ってきたのだと思う。
    何かに夢中になりそれだけになるジュゼッペの
    まっすぐすぎる思いに一言で言うなら
    やられてしまった。

    ジュゼッペがつぶやく声は
    か細いかもしれないけど、
    誠実さと愛に溢れているその言葉たちは
    細胞レベルまでじんわり、でも深く確かに沁み渡った。

    ジュゼッペが可愛すぎる。
    ペチカもまた可愛いすぎる。

    あたしもそのタイプだけど、本も映画も
    恋愛ものはあまり好まないという人には
    特におすすめしたい。

    そして、大切だけど寂しかった恋をした人にも
    読んでほしい。



全906件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1966年大阪市生まれ。京都大学文学部卒。94年『アムステルダムの犬』でデビュー。2000年、初の長編小説『ぶらんこ乗り』を発表。03年『麦ふみクーツェ』で第18回坪田譲治文学賞、12年『ある一日』で第29回織田作之助賞、16年『悪声』で第4回河合隼雄物語賞を受賞。著書に『トリツカレ男』『プラネタリウムのふたご』『ポーの話』『みずうみ』『よはひ』『海と山のピアノ』『港、モンテビデオ』『きんじよ』『みさきっちょ』『マリアさま』『ピット・イン』『げんじものがたり』など多数。お酒好き。魚好き。蓄音機好き。現在、京都在住。

「2022年 『書こうとしない「かく」教室』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いしいしんじの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×