東京夜話 (新潮文庫)

  • 新潮社
3.51
  • (117)
  • (151)
  • (291)
  • (46)
  • (11)
本棚登録 : 1400
レビュー : 173
  • Amazon.co.jp ・本 (342ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101069258

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東京の地名ごとの短編集。池袋の擬人化は面白かった笑

  • 東京のいろんな街を舞台にした短編集。

    実際に起こったことのようなお話もあり、未来に起こりそうなお話もあり、全くのファンタジーもあり、どれもそれぞれの街を作者らしく解釈したお話になっていて、非常に面白かったです。
    もちろん、それらの地名を知らない人にも面白いお話になっています。

    銀座「クラブ化する日本」の特殊な描かれ方には、思わず笑ってしまいました。

  • 東京がもっと好きになった。

  • 現実的な話でもどこか幻想的に幻想的な話でもどこか現実的なゆらゆらしてるけど軸のあるお話ばかりでした。

  • ひねくれたユーモアのある表現、おかしな言い方ですが気に入りました。

  • 発想が凡庸。

  • 田町のアパートの一室にひっそりとあった闇のバー。酒と詩情溢れる「うつぼかずらの夜」。新宿で世にも可憐なダッチワイフを助ける「天使はジェット気流に乗って」。大海で出会った二匹が築地で思いを遂げる純愛物語「クロマグロとシロザケ」など、東京の街を舞台とする全18篇。『ぶらんこ乗り』の前史時代、原石の魅力が煌く幻のデビュー短篇集。


    いしいワールドにどっぷり浸かってしまう作品だった。
    不思議な不思議な、なんとも形容しがたい短編ばっかり。
    ところどころシュールなこと書くのに、確かに童話作家。
    一筋縄じゃいかない感じです(笑)

  • ぶらんこ乗りではまって
    期待してたのに裏切られた、という気持ちだけ覚えています、、
    ほんわか要素に期待しすぎたのかな?
    もう一度読んでみます。

  • ふしぎな東京。

  • 東京の街角の裏側で起こる不思議なドラマを切り取った連作短編集。各編に作者特有のひねくれたユーモアがよく表れていて、そのひねくれっぷりと、純粋に感動的な物語とのコントラストがとてもたのしい。

全173件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

いしいしんじ
1966年、大阪生まれ。京都大学文学部卒業。94年『アムステルダムの犬』でデビュー。
2003年『麦ふみクーツェ』で坪田譲治文学賞、12年『ある一日』で織田作之助賞、
16年『悪声』で河合隼雄物語賞を受賞。
そのほか『ぶらんこ乗り』『ポーの話』『四とそれ以上の国』『海と山のピアノ』など著書多数。
趣味はレコード、蓄音機、歌舞伎、茶道、落語。

「2019年 『マリアさま』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いしいしんじの作品

ツイートする