絵描きの植田さん (新潮文庫)

制作 : 植田 真 
  • 新潮社
3.61
  • (71)
  • (103)
  • (158)
  • (19)
  • (4)
本棚登録 : 796
レビュー : 90
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101069265

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回で二度目\(^o^)/。
    何度読んでも、登場する人たちの暖かな気持ちが伝わり、私にとって、読み終える頃に『素直に毎日過ごすことができたなら、こんな風に素敵な時間をすごすことができるのでは』と考えることができる作品です。

    • kharaさん
      いしいしんじさん。タイトルも素敵で気になっていました!
      レビューを拝見して、よみたーい(≧∇≦)ってなっちゃいました!探してみます!
      いしいしんじさん。タイトルも素敵で気になっていました!
      レビューを拝見して、よみたーい(≧∇≦)ってなっちゃいました!探してみます!
      2012/12/18
  • キレイな話が読みたかった。
    不純物の混じっていない
    美しい雪の地上をささやかな
    人生が交わる。
    心に傷を負った耳の聴こえない
    絵描きの植田さん、氷った湖を
    ママと渡って来た妖精の様な少女メリ
    2人を取り巻く人びとの話し。
    心静かに過ごせる一冊。
    挿絵もとてもステキ。
    画集が有れば欲しいな。

  • いしいしんじと村上春樹は人気のある作家であるが、私にとってはいつも「よっこらせ」と勢いをつけなければ読めない作家なのである。
    嫌いなのではない。苦手なのだ。

    けれど最近いしいしんじを素直に楽しめるようになってきたと思う。

    多くを語らない。
    ただ、温かく見守ることで、見守っている側の方が救われていくような。

    動物、植物、自然の中で生きること。
    メリは小学生にしてはびっくりするほどよく知っている。
    お父さんと図鑑で見たから。お父さんに教えてもらったから。
    メリはおとうさんについて何も言わないけれど、どんなにお父さんのことが好きなのかがそれでわかる。

    素直にあるがままを受け入れていくメリを見て、植田さんもあるがままを受け入れていく。

    この本には植田真の絵が収録されているが、それは文章の挿絵ではなくて、いしいしんじの文章と同じだけの重みをもったイラストとして、物語の終盤にまとめてページが割かれる。
    最初にパラパラと眺めただけではわからないイラストが、きちんと絵描きの植田さんの絵として差し出されるのは、物語を読んだ後で。

  • 「ぶらんこ乗り」の弟は声を失い、「麦ふみクーツェ」では視力を失ったボクサーやチェロ奏者、色彩をもたない娘が登場したけれど、絵描きの植田さんは聴力を失っている。何かを失い、欠落ひとたちのやさしい再生の物語がいしいしんじは上手いのだなあ。

  • 事故で聴覚と彼女を失くした植田とメリという少女の交流を描く。交流を通し次第に植田さんの傷ついた心を溶かしていく。雪山と凍った湖が舞台で植田さんの変化と雪解けに至る情景が互いにシンクロしてる描写が美しかった。

  • かつての事故によって聴覚を失い、一人都会から離れた高原の小屋で絵描きとして暮らしている植田さんのお話。

    自然の描写がとてもきれいだし、本の中の植田真さんの絵は繊細でかわいくて、とても癒されました。

    登場人物もみんなあったかい。特にメリが私はかわいくて好きです。

    短いお話なのですぐ読めます。時間がなくて疲れてるときとか読むといいかも。
    2008年11月17日

  • やさしく、ちょっとずつ、読み進めたい本。厚さは薄めで、ぎっしり文字が書いてあるような本じゃない。だからかもしれないけど、空白を楽しむことができる本。最後は驚きました。ひとつの区切りごとにほんとにいい意味で空白がある。本の中の植田さんと時間を共有している感じがする。そして挿絵がイメージぴったり。細かくかかれてないからこそ、いろんなことが見える気がする。耳がよくきこえなくても、伝えようっていう意思があるなら絶対に伝わるはず。

  • ほっこり。

  • 優しいものがたり。

  • 寒い季節の、あったかいお話し。

全90件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1966年生まれ。作家。著書に「アムステルダムの犬」(講談社)、「ぶらんこ乗り」(新潮社)、「トリツカレ男」(新潮社)、「悪
声」(文藝春秋)ほか。「麦ふみクーツェ」(新潮社)で坪田譲治文学賞受賞。京都府在住。

「2019年 『靴のおはなし2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いしいしんじの作品

絵描きの植田さん (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする