絵描きの植田さん (新潮文庫)

制作 : 植田 真 
  • 新潮社
3.61
  • (71)
  • (103)
  • (158)
  • (19)
  • (4)
本棚登録 : 800
レビュー : 90
  • Amazon.co.jp ・本 (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101069265

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ほっこり。

  • メルヘン度が強い
    どちらかと言えばトリツカレ男風なお話。
    素敵な絵が小説の随所に
    散りばめられていて
    ほっと心が和む。
    私的にはいしいしんじさん独特の毒が
    もっと欲しかったように思う。

  • 耳の悪い絵描きの上田さんの話。
    寒い国での生活、そんなこんなで終わる。まあつまらなくはない程度かな

著者プロフィール

いしいしんじ
1966年、大阪生まれ。京都大学文学部卒業。94年『アムステルダムの犬』でデビュー。
2003年『麦ふみクーツェ』で坪田譲治文学賞、12年『ある一日』で織田作之助賞、
16年『悪声』で河合隼雄物語賞を受賞。
そのほか『ぶらんこ乗り』『ポーの話』『四とそれ以上の国』『海と山のピアノ』など著書多数。
趣味はレコード、蓄音機、歌舞伎、茶道、落語。

「2019年 『マリアさま』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いしいしんじの作品

ツイートする