雪屋のロッスさん (新潮文庫)

  • 新潮社
3.83
  • (64)
  • (94)
  • (74)
  • (12)
  • (3)
本棚登録 : 816
レビュー : 87
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101069302

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ◯◯の◯◯さん。
    様々な職業を持つ人々のお話。
    一話一話が非常に短いのでサクサクと読める。
    それぞれのお話の主人公の設定が、よく考えられておりとても魅力的。
    しかし、心温まり…はしなかった。
    私の理解力が足りないのかも知れないが、結末に共感もほっこりもできず。
    大体が「ふーん」という感想しか持てなかった。
    もうちょっと、ひねりがあったりパンチが効いている方が私は好きかな。

著者プロフィール

1966年生まれ。作家。著書に「アムステルダムの犬」(講談社)、「ぶらんこ乗り」(新潮社)、「トリツカレ男」(新潮社)、「悪
声」(文藝春秋)ほか。「麦ふみクーツェ」(新潮社)で坪田譲治文学賞受賞。京都府在住。

「2019年 『靴のおはなし2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

いしいしんじの作品

ツイートする