「私(わたし)」のいる文章 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.25
  • (0)
  • (3)
  • (9)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (217ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101073125

作品紹介・あらすじ

客観的な新聞記事を書くことが嫌になり、27年もの記者生活に終止符を打った著者は、いざ主観的な「私」のいる文章を書こうとして戸惑ってしまった。「私」のいる文章を書くためには、「私」自身を知らねばならない。しかし「私」ほど曖昧なものはないのだ。何かを書きためには、表現の技術は二の次で、まず表現する中身が大事であると説く、文章経験豊かな先輩からの心やさしいメッセージ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 学生時代に読んだ。確か入試にも出たような。
    「私」がいる文章を書くには、「私」を知らないと書けないが、「私」ほど曖昧なものはなし。

    じゃ、私ってなんでしょうってことが、中身がないと書けないってことなんだと理解。

  • 国語の教科書(評論、説明文というジャンルになるのかな?)でよく見かけた森本哲郎さんの本。
    とっつきにくいかと思ったけれど、読みやすく、面白い。
    何冊か読んだ中でこれが一番勉強になった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

森本 哲郎(関西大学教授)

「2016年 『現代日本の政治 持続と変化』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森本哲郎の作品

ツイートする
×