典子の生きかた (新潮文庫 い 9-2)

著者 :
  • 新潮社
3.55
  • (2)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101088020

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • センター試験にも使われたことのあるお話。センター試験に抜粋された部分を読むだけでは、1リットルの涙や美丘のようなお話なのかと思ったが見事に裏切られた。正直ラストはもやもやするが、これが「典子の生きかた」なのかもしれないと考えさせられる作品。

  • 時代は変われど人は変わらず。自分自身に体当りできる女性がこの時代に居たのなら。

    初体験・恋人の死。人生を変えてしまうかも知れないのに
    その時点で全く語られないのは?

    あえて語らない事で、我を通す典子を描きたかったのでしょうか?
    後に回想描写を描く事で、深層心理を抉りたっかたのでしょうか?

    という疑問を抱く私は男でしかないのかなぁと。

全2件中 1 - 2件を表示

伊藤整の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
ドストエフスキー
梶井基次郎
谷崎潤一郎
安部公房
スタンダール
ドストエフスキー
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×