新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.91
  • (1302)
  • (740)
  • (1366)
  • (95)
  • (26)
本棚登録 : 9831
レビュー : 921
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101092058

作品紹介・あらすじ

貧しく孤独な少年ジョバンニが、親友カムパネルラと銀河鉄道に乗って美しく悲しい夜空の旅をする、永遠の未完成の傑作である表題作や、「よだかの星」「オツベルと象」「セロ弾きのゴーシュ」など、イーハトーヴォの切なく多彩な世界に、「北守将軍と三人兄弟の医者」「饑餓陣営」「ビジテリアン大祭」を加えた14編を収録。賢治童話の豊饒な味わいをあますところなく披露する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この本は、家の本棚に積読していましたが、先日、山田正紀さんの『カムパネルラ』という、この本の表題作をモチーフにしたSF作品を読んで、本作も是非よまなければと、いまさらながらですが読みました。
    表題作以外の作品も入っていますが、自分の為の記録として表題作のみレビューをします。

    この作品は、学校ではいじめに遭い、父は帰って来ず、母が病に臥せっているジョバンニ少年がただ一人の親友であるカムパネルラと共に”銀河鉄道”に乗り、銀河を旅する物語です。
    一見、美しい天の川を二人の少年が汽車に乗って旅する、壮大なロマンの物語だと読めますが、最後まで読むと、カムパネルラは、現実世界で、既に川に溺れた級友を助けるために、自らも溺れて死にかけていて、死への旅であったことが最後まで読むとわかりました。

    何か別の本で、カムパネルラのモデルが賢治の妹のトシで、ジョバンニが賢治だと読んだことがあります。


    以下ジョバンニと、カムパネルラの最後の方のシーンを抜粋。
    「カムパネルラ、また僕たち二人きりになったねえ、どこまでもどこまでも一緒に行こう。僕はもうあのさそりのようにほんとうにみんなの幸のためならば僕のからだなんか、百ぺんやいてもかまわない」
    「うん。僕だってそうだ」カムパネルラの眼にはきれいな涙がうかんでいました。
    「けれどもほんとうのさいわいは一体何だろう」ジョバンニは云いました。
    「僕わからない」カムパネルラがぼんやり云いました。
    「僕たちしっかりやろうねえ」ジョバンニが胸いっぱい新しい力が湧くようにふうと息をしながら云いました。


    天沢退二郎さんの「収録作品について」によると、賢治は第一稿からほぼ十年かけて第四次稿にいたるまで三度の大幅な改稿を試み第三次稿まではジョバンニの入眠はブルカニロ博士による一種の催眠実験であり、博士自ら「黒い大きな帽子をかぶった青白い顔の痩せた大人」の姿で、車内に出現し、ジョバンニにものの見方・考え方や進むべき道を教えさとすことになっていたそうです。

  • 夏の間に
    どうしても読んでおきたかった一冊。


    ひなげしを食べようと
    あの手この手を使って騙そうとする悪魔と
    本当の美しさを
    ひなげしに説くひのきのやりとりが面白い
    「ひのきとひなげし」、

    花巻駅を舞台とした
    なんともロマンチックな恋物語
    「シグナルとシグナレス」、

    歌うように軽快な文章で語られる
    可哀想な象の話
    「オツベルと象」、

    人間社会を鋭く風刺した
    「猫の事務所」、

    楽団の中で一番下手だったセロ弾きの青年が
    子猫やカッコウや子狸や野ねずみ親子の力で
    仲間たちの信頼を得ていく
    「セロ弾きのゴーシュ」、

    そして孤独な少年が
    死者たちと巡る銀河への旅を通して
    生きる意味に気付いていく不朽の名作
    「銀河鉄道の夜」などを収めた
    珠玉の童話集です。


    特に「銀河鉄道の夜」を再読して、
    これほど痛切で
    美しい物語だったのかと
    この歳になって改めて感動しました。



    賢治が持つ宗教観の色濃い
    儚く深遠なストーリーと、

    水素よりも透明な銀河の水、
    サファイアやトパーズの河原、
    りんごと薔薇の匂いがする風など
    ロマンチックこの上ない比喩と
    ファンタジックな世界観。


    誰かのために命を賭けて死することが
    人間にとって本当の幸いだという
    賢治のメッセージ。


    賢治の伝えたかった思いを理解した上で
    あえて言葉を変えるなら、
    自分は誰かのために
    生きていきたい。

    自分を救ってくれた愛する人のために、
    自分を必要とする
    誰かの声に応えるために
    今を生きていたい。


    夢から覚め
    現実を生きていく決意をした
    ジョバンニのように。

    被災地の夜に読んだ
    賢治の「雨ニモマケズ」のように。


    悲しみを糧にして
    強く気高く。

    • 九月猫さん
      円軌道の外さん、こんばんは♪

      いつもたくさんの花丸をありがとうございます!
      ワタシの本棚の「世界地図の下書き」にコメントもありがとう...
      円軌道の外さん、こんばんは♪

      いつもたくさんの花丸をありがとうございます!
      ワタシの本棚の「世界地図の下書き」にコメントもありがとうございます。
      そちらにもお返事させていただきました。

      宮沢賢治、大好きです。
      詩も物語も、自然の中や身の回りのものを「在る」ままに
      見つめている感じがとても好きです。
      賢治の眼差しは、どこにも満遍なく注がれている陽のように、
      過不足なくあたたかく包み込んでくれる気がします。
      いつ読んでも、何度読んでも、大好きです。
      円軌道の外さんのレビューを読んで、また読みたくなってきて、
      「銀河鉄道の夜」だけぱらりと読みました。
      素敵なレビューをありがとうございます(*´∇`*)
      2013/08/24
    • 円軌道の外さん

      ゆりさん、沢山のコメント
      ホンマありがとーっ(泣)(≧∇≦)


      宮沢賢治は
      自分も大人になってから
      読んだのは
      この一...

      ゆりさん、沢山のコメント
      ホンマありがとーっ(泣)(≧∇≦)


      宮沢賢治は
      自分も大人になってから
      読んだのは
      この一冊だけです(笑)

      昔の作家が書いた童話が
      今の大人にも通用する理由は、

      今のように娯楽がない分、
      昔の本を読む人たちは(子供たちは)
      今の大人と比べて
      ずっと成熟していたんやと思うんですよね。

      考え方も
      生き方も。


      だから普通に
      哲学的な話を
      昔の子供たちは読んでたし、
      受け入れられてたんやと思うんです。


      今は本を作るにも
      規制が厳しいし、
      童話でさえ
      作者は自由に描けないから、

      どうしても子供に(もしくは親に)媚びた内容で
      分かりやすさに終始してまうんじゃないかな。


      てか、この作品の舞台やるなら
      俺も観てみたいなぁ~(≧∇≦)



      2013/12/01
    • 円軌道の外さん

      九月猫さん、お久しぶりです!

      素敵なコメント頂いていたのに
      返事が遅くなって
      ホンマすいません(汗)(≧∇≦)


      そう...

      九月猫さん、お久しぶりです!

      素敵なコメント頂いていたのに
      返事が遅くなって
      ホンマすいません(汗)(≧∇≦)


      そうなんですよね。
      宮沢賢治の眼差しは
      どんな生き物も区別することなく、
      暖かく注がれてるのを
      読むたびにスゴく感じるし、
      (宇宙的とも言えるし神の視点とも言えますよね)

      どの話も
      どこか詩的で
      ロマンチックですよね。


      特に「銀河鉄道の夜」は
      悲しさの中に
      一筋の希望が込められていて
      何度となく読みたくなるし、
      読む度に新たな発見がある
      永遠に語り継がれるべき名作だと思います(^_^)v


      2013/12/01
  •   双子の星
    ポウセ童子とチュンセ童子が結果的には悪くても、良い行いをし、報われる。
      よだかの星
    みにくい鳥として生まれたよだかが、しのうと決心した時、自分が食べていた虫がどれだけ辛いかを知り、星となる。
      カイロ団長
    アマガエルがあることをきっかけにとのさまがえるの手下となり、すごい量の仕事をさせられる。だが、王様が次々に色々な法律を持って放送で流した。その法律により、アマガエルととのさまがえるは、仲良くなった。
      黄色のトマト
    蜂雀が小さい時に話してくれた物語(ペルペルとネリの物語)
      ひのきとひなげし
    悪魔がひなげしを食べようとあの手この手と考える。
      シグナルとシグナレス
    シグナルとシグナレスの、恋物語。
      猫の事務所
    猫の事務所で、かま猫というたぬきのような猫は、いじめられて、黒猫という理事長だけ自分のこと親切にしてくれていました。しかし、かま猫は熱で休んでしまいました。
    その時、他の猫が黒猫に嘘をつき、かま猫のことを悪く言いました。すると、翌日から黒猫や事務所のみんなからいじめられました。するとそれをみた獅子は、解散させました。
      北守将軍と三人兄弟の医者
    ある時、北守将軍が帰ってきた。だが、北守将軍は病気で、馬も病気で、体から全身植物が生えていた。その時、三人兄弟である医者に頼んだのである。そして北守将軍は王に5人の将軍を選べと言われた。将軍は、4人の将軍と3人兄弟の医者を選んだ。
      銀河鉄道の夜
    ジョバンニがカムパネルラと一緒に本当の幸せとは何かを求め、長い長い旅に出る。
      セロ弾きゴーシュ
    ゴーシュはセロをふくのが上手ではなかった。だが毎晩来る動物に嫌々起こりながら続けてやりセロをふくのが上手になった。
      飢餓陣営
    砲弾ににやられ、お腹が空いていた軍団の一員は、隊長
    の服についている勲章を食べようとする。食べてしまった一員は自殺しようとするが体調がとめ、ある体操を思いつく。
      ビジデリアン大祭
    ビジデリアンとは、動物質のものを食べない団体で、ビジデリアン大祭で、ビジデリアン信者と異教徒の沢山の議論をする。
      

  •  facebookでの「千年読書会」というコミュニティにお誘いいただいて、久々に再読。といっても、細かいところはほぼ忘れていましたが、、(汗

     星々の光に照らされて夜空を駆け抜ける、一両の鉄道列車。行き先は“次なる世界”、そして乗客は不帰の人々、になるのでしょうか。

     この辺り、須弥山の思想なんかも感じさせてくれて、ある意味、古来から続く日本の“死生観”が発露されてもいるのかな、と。石炭袋の設定も“黄泉比良坂”の大穴ともリンクしてそうですし、横文字の名前が多いにもかかわらず、不思議と西洋のイメージは残りませんでした。

     なお、私の中での映像イメージは『銀河鉄道999』にだいぶ影響をもらっています。

     どちらも、どこかに“行きて戻りし”物語であることは共通ですが、あちらは“永遠の命”を求めて、こちらは“次の世界”への橋渡しとして。“旅”の果てに求めるものは“幻影”なのか“夢”なのか。999での“時の輪のどこかでまた会える”なんてフレーズを思い出してみたりも。ん、共通しているのは“幸せ”とは何なのか、との点でしょうか。

     この根底には仏教で言う輪廻転生も感じさせられましたが、、これらの“連環”から醒めた時に向き合う“現実”とは、さて。結局のところ、未完のまま取り残されているのですが、この先の物語を夢想してみるのも楽しそうです。

     ジョバンニとカンパネルラは、またどこかの“駅”ですれ違うコトがあったのか、はたまた、時空を越えた“神隠し”からの回帰なんていうコトもあったのか、とも。現世と幽世の境は意外と、近くて薄いのかもしれません、なんて。

     戦前から変わらずに長く読み継がれているのは、その表現の美しさ、儚さもあると思いますが、日本人の死生観という“民族意識の根底”を揺さぶる要素が籠められているのもあるのかな、ともなんとなく。そういった意味では、考えながら読むのではなく、感じながら読む物語なのかも、知れません。

     子どもに読み聞かせようと思ったら、どのような結末で伝えればいいのか、いろいろと模索してみたいところです。

  • 「銀河鉄道」の文字だけで心が躍る。

    最後は現実に引き戻される。容赦ない。
    なんとなく救われた気分もあった。

  • 孤独な少年ジョバンニが友人カムパネルラと銀河鉄道を旅する、言わずと知れた宮沢賢治の代表作のひとつ『銀河鉄道の夜』を表題とした宮沢賢治童話集。
    銀河鉄道からの美しい情景。この世ではない別の世界で、ジョバンニは不思議な出会いを数多くする。童話ならではの柔らかさをまとう夜の狭間で繰り広げられる、残る者と去る者の考え方。犠牲とは、幸福とは、命とは―何気ないやり取りの中にはさまざまなテーマが含まれている。読むたびに「生」に対し静かに、そして真摯に向き合いたくなる。
    決して手放しのハッピーエンドとはいえないけれど、不思議と温かい余韻が残る作品ばかり。表紙絵のように、宮沢賢治の作品には深い青色がよく似合う。

  • 銀河鉄道を含む、宮沢賢治さんの短編が綴られています。
    完成されることなく、空白として残されている部分が数多くあります。
    しかし、この空白に「宮沢さんは何と書こうとしたのだろう」と想像を巡らせます。

    全体的に読んでみて、まるで西洋の作品を感じていました。
    日本人作家にもこんなメルヘンなお話が書けるのか、と感服しました。

  • 美しく、悲しい物語。
    銀河鉄道の情景描写は繊細で、子どもの豊かな感性を通して言葉になっているように感じる。
    子どもたちの単純な会話の中で、「本当の幸せ」を読者に問いかける。
    そして、他人の幸せのために自分の体を使うということを体現した親友の描写は主人公にとって、また読者にとっても衝撃的であり、人生の目的や生き方を顧みらずにはいられないと思った。

    • まみさん
      文才すごいなぁ。素敵な感想を読んで私も読もうと思いました!
      文才すごいなぁ。素敵な感想を読んで私も読もうと思いました!
      2020/03/11
  • これだけの文章を読んでいると、40代にならないうちに亡くなってしまったのも不思議と納得してしまう。
    文章が透明で純粋すぎるもの。
    透明すぎて悲しいもの。
    きっと現世でいきているのはつらかっただろう、と思わせてしまうくらいに。達観と希望と絶望と、一つ一つの話で、さまざまなものが垣間見えてしまう。


    才能があっても健康で長生きしてる人ももちろん存在するけど、大半の人は才能や力と引き換えに、別のものをあらかじめ差し出しているように思う。それが例えば寿命であったり、人柄であったり周囲の環境であったり。
    どこかで精算が行われてしまうんじゃないかなあ。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「どこかで精算が行われてしまう」
      確かに、、、
      夭折した創作者の作品には、命と引き換えにしなければ表すコトが出来なかったかも知れない、凄さ重...
      「どこかで精算が行われてしまう」
      確かに、、、
      夭折した創作者の作品には、命と引き換えにしなければ表すコトが出来なかったかも知れない、凄さ重さ潔さがありますね。。。
      2013/03/28
  • 表題の「銀河鉄道の夜」を筆頭に、収録されている作品を読んでいると、非常に美しく、幻想的な世界が頭に浮かんでくる。宮沢賢治自身の言葉を借りるとすれば、非常に「すきとおった」世界である。
    彼の思想や境遇等を知っていればより作品の理解がしやすくなるとは思うが、それが無くとも十分楽しめると思う。

全921件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

宮沢賢治(みやざわ・けんじ、1896~1933)
岩手県花巻市出身の詩人、童話作家。幼少より鉱物採集や山歩きを好み、盛岡高等農林学校(現在の岩手大学農学部)卒業後は、教員として岩手県立花巻農学校で地学や農学を教えた。その後も近在の農家に肥料相談や稲作指導を行ったり、東北砕石工場で技師として働いたりしていたが、37歳の若さで病没。仕事のかたわら、生涯を通じて数多くの詩や童話、短歌などの文学作品を残した。

「2020年 『宮沢賢治の地学読本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

宮沢賢治の作品

新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

新編 銀河鉄道の夜 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする