新編 宮沢賢治詩集 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.90
  • (164)
  • (110)
  • (189)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 1619
レビュー : 89
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101092072

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • たぶん読み終えることはないのだろう。

  • 「読書力」文庫百選
    2.この関係性は、ほれぼれする
    →似たもの親子の「渾身」の魂の伝承。

  • 独特な世界観、比喩、リズムが美しい詩集。 まだまだ理解出来ないところがあるので、これからもたくさん読み返すことになりそうです。

  • わたくしといふ現象は
    假定された有機交流電燈の
    ひとつの青い照明です

    初っ端からヤバすぎる。
    ブルーハーブがライブで歌っていた「告別」も最高。

  • 高校の時に出会って衝撃を受けたのが、「眼にて云ふ」でした。
    そのあと、伊坂幸太郎氏の「魔王」にて引用されているのを見て懐かしくなりました。
    宮沢賢治といえば「銀河鉄道の夜」、クラムボンでお馴染みの「やまなし」など名作の列挙に事欠きませんが、それでも一番印象に残っているのは「眼にて云ふ」でした。
    あんなにさわやかに死に際を描写できるのだ、と感心しました。

  • 私という現象は 有機交流電灯の 一つの青い照明です。
    賢治が言ったこと、みんな覚えておこう!さすれば世の中は少しずつ楽しくなる。そんな青春パワーポップ的、ちょっとかっこいい言い回しの、結局お洒落な歌集。

  • よくわからないものも多いけれど、
    今の自分に響くものも沢山ある。
    現在は
    「小岩井農場」の「パート九」がすごくお気に入り。
    「すきとほつてゆれてゐるのは さつきの剽悍な四本のさくら」
    からはじまるもの。

    あと、
    「高原」
     海だべかと おら おもたれば 
    「永訣の朝」
     (あめゆじゆとてちてけんじや)
    この二つは、小、中学校の頃?教科書で読んで忘れていたものが
    ちらほらと出てきて、
    なんだか懐かしくなった。
    それと同時に、
    幼い頃は、
    読んでも本当に意味することは分からなかった
    深く共感できなかったであろう詩も
    この年になって読むと
    当時よりずっと、身に迫るものがある。

    それって、すごく楽しくて、嬉しくて、幸せなこと。
    生きる喜びって、こういうところにも見出せる。

    私たちの心は、
    変わらないように見えて、
    その実大きく変わっていたことに。

  • 私が持っているのは「草野心平編」ですが、該当するものが検索ででてこなかったのでこちらで。

  • 宮沢賢治さんはとても有名で、小学生の時、中学生の時、高校生の時よく読んだと思います。なんかまた読んでみたくなり、この詩集を買いました。とても懐かしく感じ読みやすいので是非読んでみてください。

  • いままで生きてきて諳んじられた詩はひとつだけ。

    「雨ニモマケズ」ただひとつです。こどものころ
    必死になって覚えた記憶があります。なぜ、そんな
    ことをしたのか忘れてしまいましたが。

    「雨ニモマケズ」ことあるごとに読んできましたが、
    読むたびに印象が違うのです。こころに響いてくる
    イメージが違うのです。読むたびに、あたらしい詩に
    出会ったような新鮮な気持ちになるのです。だから、
    これから先も、ことあるごとに読んでいこうと
    おもいます。

    わたしが持っているこの詩集にはたくさんの付箋が貼って
    あります。数え上げたらきりがないくらい好きな詩集です。

全89件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

宮沢賢治(みやざわ けんじ)
1896年岩手県花巻市に生まれる。中学生の頃から短歌制作を開始し、盛岡高等農林学校卒業後、童話を書き始める。1921年に稗貫学校(のち花巻農林学校)の教師となり、詩集『春と修羅』、童話集『注文の多い料理店』を刊行。26年農学校を退職して、みずから農民となり、33年に37歳で病死。主な作品に、童話「風の又三郎」「銀河鉄道の夜」、詩「永訣の朝」「雨ニモマケズ」などがある。

「2019年 『セロひきのゴーシュ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新編 宮沢賢治詩集 (新潮文庫)のその他の作品

宮沢賢治の作品

ツイートする