新編 宮沢賢治詩集 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.90
  • (164)
  • (110)
  • (189)
  • (10)
  • (1)
本棚登録 : 1619
レビュー : 89
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101092072

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『永訣の朝』は、思い出すだけで泣ける。
    今日天国へ逝ってしまう妹へ。

    宮沢賢治はいつだってピュアにしてくれる。

  • 童話のイメージしかなかったけれどんも
    実は詩集もある
    ものすごく、読むとものすごい重圧を感じた
    春と修羅 修羅の部分の詩が とくに
    妹に対する思い そして 自然に対する思い
    そして、そこから現れてくる わたし
    詩には宮沢賢治という人 そのものがあらわれている
    それは 何も飾らない言葉
    だから これだけの おもいことばが 描かれるのだろう 

  • 彼は詩を心象スケッチと呼んだ。自分の心の風物をそのままスケッチする。

    普段読まない分野で、僕にとっては非常に難解だったので、思い切って考えずにリズムよく淡々と読んでいた。

    彼の宙宇的視野がよく伝わり、また胸に響くスケッチブックだった。

  • 心象スケツチ。
    なんだかわからないけれど、粒子がきらきら、きらきらしている。

  • 目の前に情景が浮かぶような、綺麗な言葉の選び方。遠出をする時は絶対これを持っていくようにしています。

  • きれい。あとはちと長い。
    詩じゃなくて心象スケッチだからあたりまえなのかなー。

    一応目は通したつもりだけどあまりの厚さにすべてしっかり読めている自信がない。

  • 宮澤賢治の詩集を読む間はまったくの無防備になってしまう。



    実験的に、娘に読んでみる。わたくしといふ現象は・・・
    おそるべし宮沢賢治、なんと静かに聞いているではないか。
    こっちも読んでいて気持ちがいい。

  • 永訣の朝、は何度読んでも泣いてしまいます‥…

  • いつも旅行に持っていきます。
    大好きな詩集です。

    ひかりわななくあけぞらに
    清麗サファイアのさまなして
    きみにたぐへるかの惑星の
    いま融け行くぞかなしけれ

    雪をかぶれるびやくしんや
    百の海岬いま明けて
    あをうなばらは万葉の
    古きしらべにひかれるを

    夜はあやしき積雲の
    なかより生れてかの星ぞ
    さながらきみのことばもて
    われをこととひ燃えけるを

    よきロダイトのさまなして
    ひかりわな丶くかのそらに
    溶け行くとしてひるがへる
    きみが星こそかなしけれ

  • 時々読むと心が洗われます。

全89件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

宮沢賢治(みやざわ けんじ)
1896年岩手県花巻市に生まれる。中学生の頃から短歌制作を開始し、盛岡高等農林学校卒業後、童話を書き始める。1921年に稗貫学校(のち花巻農林学校)の教師となり、詩集『春と修羅』、童話集『注文の多い料理店』を刊行。26年農学校を退職して、みずから農民となり、33年に37歳で病死。主な作品に、童話「風の又三郎」「銀河鉄道の夜」、詩「永訣の朝」「雨ニモマケズ」などがある。

「2019年 『セロひきのゴーシュ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新編 宮沢賢治詩集 (新潮文庫)のその他の作品

宮沢賢治の作品

ツイートする