ようこそ地球さん (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.74
  • (228)
  • (236)
  • (411)
  • (20)
  • (2)
本棚登録 : 2852
レビュー : 167
  • Amazon.co.jp ・本 (448ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101098029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 寝る前に睡眠導入として読んでます。

  • この本に載っているのは、昭和36年よりも前にかかれたものだということだがとても信じられない。平成の今読んでも何の違和感もない。星新一というひとは人並み外れた先見の明があったかたなのだろう。

  • やっぱりすごい! 随分前に書かれた話ですが、PCや携帯がこれほど浸透した今だからこそ、作中の世界観が近づいているような気がしました。彼が書いた話が現実になる日がくるかもしれません。

  • 宇宙や近未来的な香りがするショートショート集
    ひとつひとつがちがった輝きをもった話で星新一の作品集の中ではベスト3に入る。
    中学生の時、夏休みの宿題の読書感想文で、「復讐」を選んでの感想を書いたが、今思えば、きっと先生はどんな作品かわからなかっただろうなぁ!

  • ❝愛の鍵❞が好きです。実は星新一さんの作品は苦手なのですが、このお話だけは、別格で好きなんです。

  • ショートショートの枠の中に、風刺の効いたブラックな世界が広がる。
    今読んでも、ぞっとするほど怖い。
    セキストラ、空への門、愛の鍵、処刑、殉教などが特に凄みを感じた。

  • これはちょっと

  • 発行が昭和47年であり、少し古いため、当時の未来やテクノロジーに対するイメージが色濃く反映されており、少しこそばゆい感じがした。しかし、根底にある「人間とは」「生きるとは」といったテーマは常に心にくるものがあった。中でも「処刑」は特にオススメ!!

  • 【あらすじ】
    文明の亀裂をこじあけて宇宙時代をのぞいてみたら、人工冬眠の流行で地上は静まりかえり、自殺は信仰にまで昇華し、宇宙植民地では大暴動が惹起している――人類の未来に待ちぶせる悲喜劇を、皮肉げに笑い、人間の弱さに目を潤ませながら、奇想天外、卓抜なアイデアをとりまぜて描いたショートショート42編を収録。現代メカニズムの清涼剤とも言うべき大人のための寓話集です。

    【感想】

  • 『星新一 1001話をつくった人』を読んだのがきっかけに、久しぶりに星新一のショートショートを読んだ。
    本書は同時に電子書籍でも読んだ。というより、寝る前に一話ずつ、いや一話を読みきらずに寝てしまったことが多かったが、電子書籍で読んだ方が多かった。そして、ショートショートは電子書籍との相性が良いことを発見した。SFの無機質な世界だからか、紙の残量を気にしなくて済むことが理由なのか分からないが、電子書籍の方が読みやすかった。
    これから寝る前に星新一のショートショートを読むことが習慣になるかもしれない。
    『ようこそ地球さん』に収められた話では、水が出る球の「処刑」と、死者と話せる「殉教」が良かった。

全167件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

星 新一(ほし しんいち)
1926年9月6日 - 1997年12月30日
東京生まれの小説家、SF作家。作品の多さ、質の高さから「ショートショートの神様」と呼ばれており、多くの教科書で収録もされてきた。森鴎外は母方の大伯父にあたる。
主な著作に『ボッコちゃん』、『盗賊会社』、『宇宙のあいさつ』、『気まぐれロボット』などがある。伝記としては最相葉月 『星新一 一〇〇一話をつくった人』が優れている。

ようこそ地球さん (新潮文庫)のその他の作品

星新一の作品

ようこそ地球さん (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする