ボンボンと悪夢 (新潮文庫)

  • 934人登録
  • 3.68評価
    • (76)
    • (64)
    • (161)
    • (5)
    • (1)
  • 36レビュー
著者 : 星新一
  • 新潮社 (1974年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101098050

ボンボンと悪夢 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「素晴らしい食事」「賢明な女性たち」「顔のうえの軌道」「上流階級」が好きでした。

    毒だなぁ。

  • 初期の星氏のショートショート集はホント外れなし!これもお勧めです。

  • 1001より。1位「報酬」2位「椅子」3位「賢明な女性たち」

  • よかったよ。よかったけど、やっぱりか〜という事態に陥った。そうなんです。

    飽きた。

  • 久々の星さんはやっぱり面白い!
    ショートショートで読みやすいし、
    ちょっと軽く読みたい時にも最適。

  • 軽い気晴らしにはいいよ、星新一。

    「組織」の中に、個人の良心よりも組織の論理が当然優先される、というような記述があり、ちょっとしたカルチャーショック。
    当時(単行本は昭和37年7月刊)はそれが当然の感覚だったんだろうね。

  • タイトルが印象的でした。

  • 昭和のノスタルジーな感じが残るSF小説の短編集。オチが読めちゃったりして残念ですが、ユーモラスな書き方で人間に対する皮肉が込められているのが、おもしろい。

  • ことごとく想像を裏切る結末に読み進める手が止まらない。

  • 上流階級の話が印象的。

全36件中 1 - 10件を表示

ボンボンと悪夢 (新潮文庫)のその他の作品

ボンボンと悪夢 Kindle版 ボンボンと悪夢 星新一
ボンボンと悪夢の詳細を見る 単行本 ボンボンと悪夢 星新一

星新一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ボンボンと悪夢 (新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする