悪魔のいる天国 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.68
  • (178)
  • (245)
  • (366)
  • (35)
  • (2)
本棚登録 : 2609
レビュー : 159
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101098067

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「ピーターパンの島」「肩の上の秘書」は、科学の発展の怖さを具体的に示していて面白かったが、他の短編はあまりメッセージ性を感じなかった。
    話としての面白さはあるものの、代表作と呼ぶにしては「マイ国家」より劣る。

  • よくよく考えたらきちんと読んだことがない星新一作品&ショートショート。面白いのも面白くないのもあって、割とネガティブ方向で読みづらかったけど。「悪魔のいる天国」というタイトル通りで、一つ一つは独立した話なのに、テーマとして一貫性があるのがすごいな。と。「ゆきとどいた生活」のオートマティックな生活に、最近のSF映画の基礎めいたいものが詰まっているような印象を。

  • 途中で挫折。途中で放り出すことってほとんどないんやけど、これはもういいやってなる。寝る前に1話ずつぐらい読めばいいのかも。シニカルで悪くはないのやけど、いかんせん飽きる。

  • 短編なので、読みやすい。

  • 設定が似てきてしまうのは否めないが、オチの付け方は圧巻

  • 36編からなるショートショート。
    全体的にぞわっとなる話が多かった。

  • ショートショート満載の短編集。宇宙ネタが多いのは、時代背景か。天邪鬼な自分としては、もう一捻り欲しいというのが本音。解説要らずの小説しか書かないと仰られたらしいけど。

著者プロフィール

星 新一(ほし しんいち)
1926年9月6日 - 1997年12月30日
東京生まれの小説家、SF作家。作品の多さ、質の高さから「ショートショートの神様」と呼ばれており、多くの教科書で収録もされてきた。森鴎外は母方の大伯父にあたる。
主な著作に『ボッコちゃん』、『盗賊会社』、『宇宙のあいさつ』、『気まぐれロボット』などがある。伝記としては最相葉月 『星新一 一〇〇一話をつくった人』が優れている。

悪魔のいる天国 (新潮文庫)のその他の作品

星新一の作品

ツイートする