未来いそっぷ (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.65
  • (301)
  • (392)
  • (746)
  • (27)
  • (4)
本棚登録 : 4018
レビュー : 294
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101098265

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いい上役が好き。

  • 氏得意のショートショート。安定して面白い。
    前半は、短編は物足りないと思いながら読みすすめるが、後半は魅力的タイトルをみて次々とも読み進める。アイディアの宝庫ですね。古いテイストのSFですが、そこも味わい深い。

  • ショートショートは一つ一つ時間をかけて余韻にひたりたい

  • ―――『アリとキリギリス』『ウサギとカメ』など、誰でもごぞんじの寓話の世界。語りつがれてきた寓話も、星新一の手にかかると、ビックリ驚く大革命。時代が変れば話も変るとはいえ、古典的な物語をこんなふうに改作してしまっていいものかどうか、ちょっぴり気になりますが―。表題作など、愉しい笑いと痛烈な風刺で別世界へご案内するショート・ショート33編

    新規です
    さすがにショートショートという分野を開拓したといわれる作家ですね
    みんなが知ってる物語を、ちょっと視点を変えて
    ちょっとSFチックに、ちょっと皮肉を交えて
    語ってくれます

    一番気にいったのはシンデレラの話ですね
    『末永く幸せに』から膨らませすぎです笑”

  • ショート・ショート33編。
    "価値検査器"や"不在の日"など、風刺とオチが効いていて、星新一の王道って感じでおもしろい。
    ただ、見開き1頁くらいの超短編はムズかしい。。。

  • いろいろな種類のお話があってなかには面白いものもあった
    ブラックな内容もさりげなく、嫌味なく感じた

  • 発想力が素晴らしいの一言!
    そんな短編がたくさん読めて、とても楽しい一冊。
    特にパソコン・ロボット化に関する話が多く、機械化する世の中をとても意識している印象。
    サンタクロースの話が一番あったかくて良かった!

  • 星新一好きだなあ

  • 星さんならではのショートショート。

    何編か他の本にも収録されているのもあったけど、知ってる童話の星さんverは、読んでいて面白かった。

  • 小学生の時に。親の本棚をあさって色々な本を読んでいたときに、母親に「これどう?」と勧められたのがこの本で、それから星新一のとりこになり、読み始めたきっかけとなった記念すべき一冊です。
    小学生の頭では、イソップ物語を勝手に変えていいのかなといった単純な疑問と、予想もしていなかった結末の数々にビックリしどうしでした。
    ちなみに当時のお気に入りは「おカバさま」でした。
    エヌ氏という表現にも驚きでした。

全294件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

星 新一(ほし しんいち)
1926年9月6日 - 1997年12月30日
東京生まれの小説家、SF作家。作品の多さ、質の高さから「ショートショートの神様」と呼ばれており、多くの教科書で収録もされてきた。森鴎外は母方の大伯父にあたる。
主な著作に『ボッコちゃん』、『盗賊会社』、『宇宙のあいさつ』、『気まぐれロボット』などがある。伝記としては最相葉月 『星新一 一〇〇一話をつくった人』が優れている。

星新一の作品

ツイートする