小川未明童話集 (新潮文庫)

著者 :
  • 新潮社
3.70
  • (277)
  • (232)
  • (514)
  • (26)
  • (9)
本棚登録 : 2403
レビュー : 309
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101100012

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 何度も読み返したくなる一冊。

  • 「人間はこの世で一番やさしいものだ」という言葉を信じた人魚によって人間界に産み落とされた娘を描く「赤い蝋燭と人形」など、どこかシニカルな25編の童話

    童話だけどまったく「のほほ~ん」とした感じではなく、鋭い。
    でもだからこそおもしろかった。
    もう一回読みたいなぁ…

  • 「ほんのまくらフェア」

  • 『赤い蝋燭と人魚』で知られる、小川未明の短編集。素朴な言葉からふつふつとわき上がる人間の優しさ、美しさ、愚かさを味わいたい一冊。ジャンルは児童文学だが、大人のための童話としてもおすすめ。

  • 「赤い蝋燭と人魚」はなんだか哀しくて印象深い。

  • おすすめ

  •  小学校のとき宿題で読んだ。「金の輪」のはなしが記憶になっている。
     ほんとは難しいのにそんな気がする。
     読んでよかったと思います。

  • 不思議な感じでしたが、楽しく読めました。昔の文体っていいよね。

  •  内容としては児童文学というカテゴリに入る。しかし、これを読むべきは四季の移りかわりを知り、それを振りかえる必要に駆られている青年たちだ。
     この短編集に掲載されている作品群のもっとも大きな特徴は、人を慈しむ心にあふれている点で、とくにそれが子供に対して向けられるものが多く、結末の如何を抜きにしても読みすすめるごとにやすらかな気持ちを得られることだろうと思う。
     それは自身の過去に向けた郷愁であったり、慈しみそのものへの憧憬であったりするだろうが、それをもっとも強く実感できるのは過去にも未来にも時間をもっている青年でしかない。
     情報の流行り廃りが激しく、文章ひとつとっても効率的なこの時代を見てきた青年にとって、この作品にみられるような詩情あふれる文章をのみ込むのは面倒に思えるかもしれないが、そこをすこし我慢して手にとってもらいたい。そうすればきっと、自分が背負っている荷物の重さ、あるいは軽さをあらためて知ることができるだろう。

  • 「赤い蝋燭と人魚」が印象的。大学の講義で扱って、舞台になった新潟の海を見に行ったなぁ。未明はこの海に人魚の影を見たのかと思ったら、感慨深かった。

全309件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

小川未明(オガワ ミメイ)
1882年新潟県高田(現上越市)に生まれる。坪内逍遥や島村抱月から指導を受け、ラフカディオ・ハーンの講義に感銘を受ける。卒業後、早稲田文学社に勤務しながら、多くの作品を発表する。1925年に早大童話会を立ち上げ、翌年、東京日日新聞に「今後を童話作家に」と題する所感を発表し、童話専念を宣言する。1946年に創設された日本児童文学者協会の初代会長を務め、1961年没。童話の代表作としては「月夜と眼鏡」のほか、「金の輪」「赤い蝋燭と人魚」「野薔薇」などがあげられる。

「2019年 『月夜とめがね』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小川未明童話集 (新潮文庫)のその他の作品

小川未明の作品

ツイートする